読んだ4!

マリアビートル (角川文庫)

  • 作者: 伊坂 幸太郎
  • 出版社: 角川書店
  • 発売日: 2013-09-25
  • メディア: 文庫
  • ASIN: 4041009774

この本を読んだユーザ

11件のデータ
tawtawnet
2017/01/28
4041009774 Audible。複数の事件が絡み合い、殺し屋が乗り合わせた密室暴走新幹線。特に前半は緊張の連続でハラハラすごく面白かった。後半はいくら飛び抜けて運が悪いとか理由があるとしても、できた展開すぎてギャグみたいに感じるところも。最後もアッサリ。
lapine_blanche
2016/11/26
「マリアビートル」
FHDriepi
2016/02/02
4041009774伊坂 幸太郎[マリアビートル (角川文庫)] 読了。登場人物全部殺し屋、みたいな感じ。王子が一番酷くて救いようがないな。かなりむかつく。こいつが檸檬と蜜柑にギャフンと潰されるところが読みたかったのに、ちょっと残念。七尾が情けなくて面白い。
kanikani_kani
2015/12/05
新幹線やしこれを読もう @yonda4 4041009774[マリアビートル (角川文庫)] https://t.co/2f9Xn7D3zl
kaori_tomi
2015/03/27
マリアビートル 伊坂幸太郎
daisuke0604
2014/05/28
4041009774 kindle
shiroyashio
2013/11/25
マリアビートル グラスホッパーに連なる殺し屋もの。動いている密室である新幹線の使い方が好き。終わりはやっぱり年の功だと感じた。王子の報いまで読みたかった。
biscotti903
2013/10/26
マリアビートル
maedaxxx
2013/10/21
マリアビートル (角川文庫) 伊坂 幸太郎 http://t.co/zvOpNdurww @AmazonJPさんから
kaori_tomi
2013/10/14
マリアビートル 伊坂幸太郎
takrsy
2013/10/12
4041009774[マリアビートル (角川文庫)] 伊坂幸太郎著。閉鎖遺された空間で織りなされる殺し屋達と王子という中学生の話。王子の人物像は現代のモンスター、ちりばめられた伏線が終盤につれて繋がっていく爽快感はさすが!殺し屋はプロに徹しないと死あるのみ。
11件のデータ

アマゾンでのレビュー

アマゾンの情報をもっと見る

購入する

ブログに貼り付ける

ブログに貼り付けるためのサービスを呼び出します

(ここに無いサービスで、先方が対応できる仕組みになっているものについてはお問い合わせください。検討します)