読んだ4!

デフレの正体 経済は「人口の波」で動く (角川oneテーマ21)

  • 作者: 藻谷 浩介
  • 出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2010-06-10
  • メディア: 新書
  • ASIN: 4047102334

この本を読んだユーザ

58件のデータ - 3ページ中1ページ
shima10
2018/05/06
デフレの正体 藻谷浩介2010/06¥724税別再読か再再読。印象が違う。提言については微々だはあるが取り入れられていると思う。恐ろしいのは6,7年前の予測が当たりまくっているところ。ぞっとしてくる。
shima10
2018/03/24
世界街角地政学 藻谷浩介毎日出版2018/2¥1100税別「デフレの正体」で目鱗ぽろぽろ。話題になった本だがお決まりのワイドショーコメンテータにはならず。そりゃそうだ。目から鱗落としたくない人々には向かないもの。手許に置いて再読したいが待つ人のいる図書館本故返却。
naokipingta
2016/07/10
9784047102330 デフレの正体 藻谷浩介
KJ_LINE
2014/03/22
デフレの正体−経済は「人口の波」で動く
motoko17
2013/05/30
デフレの正体 生産労働人口の絶対数の減少。それがキーワード。鵜呑みにしてはいけないと、初めて総務省のウェブサイトをうろついた。一読の価値あり。ぜひ考えてみてください。
suzuki_suzuki
2012/10/01
「デフレの正体 経済は「人口の波」で動く」を読んだ。団塊世代のおじさまより女性のほうが買いたいものは多い,がそのとおりとおもった。
wassa8611
2012/07/08
デフレの正体
kaze_kami
2012/04/15
@yonda4 デフレの正体 経済は「人口の波」で動く (角川oneテーマ21) 藻谷 浩介 http://t.co/noEaHJMB デフレ問題は人口の増減で説明できるという話なのだが、そんなもんなんだろうか。確からしく見えるのだけれど #dokusyo
suzaku_yu_ko
2012/04/13
デフレの正体 生産年齢人口の波が日本の経済の動きを左右するっていうことに納得。少子高齢化の日本…長生きしてもいいのかなぁと考えてしまう…(。-_-。)
bakuringco
2012/01/23
『デフレの正体-経済は人口の波で動く』読了。10年からのベストセラーだが目から鱗の名書。景気の波ではなく日本人の加齢化による生産年齢人口の減少が内需縮小の要因であることを実証。今後のビジネスのヒントが満載。経営者や労組にもしっかり読んでもらいたい。@yonda4[デフレの正体]
abedai023
2011/09/20
デフレの正体 (藻谷浩介,2010)人口学の本を読んだついでに読み返してみた。著者は年始のNHK番組や復興会議に呼ばれて注目されてるけど,本書の提言(若者への所得移転など)はどこかで取り入れられてるのかな。 @yonda4 http://t.co/yx2bhKPa
Tabimakura78
2011/08/16
デフレの正体
taly1208
2011/07/17
デフレの正体
Aki_Sakakura
2011/07/17
デフレの正体
T2235
2011/06/26
デフレの正体 内容は共感できるし、持論にも近い。現在の日本経済の閉そく感を、高齢者への資源配分の偏りだと捉えた方が、景気の波のせいにするより納得できる。生産年齢人口が減って行く日本において、女性の社会進出は絶対に必要だろう。
kingbubai
2011/06/24
デフレの正体 読了。2011年35冊目(35/100)。最初は読みづらかったが(数字が頭に入らない)、人口の波で説明が付くという内容に納得。また筆者が掲げる対策にも共感が持てる。そのまま政策やマニフェストにしても十分通用すると思う。
akkkieKO
2011/06/12
デフレの正体 藻谷浩介
ak3gitanes
2011/06/09
9784047102330[デフレの正体]
strange_chamele
2011/04/24
4047102334[デフレの正体 経済は「人口の波」で動く (角川oneテーマ21)]
Kent0_422
2011/04/20
デフレの正体 今更シリーズ。DBJの藻谷浩介氏の著書。GDPだけで景況を判断しない、比率分析だけでなく絶対額による分析をする、人口オーナスと不景気の問題を混同しないこと等を学びました。
58件のデータ - 3ページ中1ページ

アマゾンでのレビュー

アマゾンの情報をもっと見る

購入する

ブログに貼り付ける

ブログに貼り付けるためのサービスを呼び出します

(ここに無いサービスで、先方が対応できる仕組みになっているものについてはお問い合わせください。検討します)