読んだ4!

果つる底なき (講談社文庫)

  • 作者: 池井戸 潤
  • 出版社: 講談社
  • 発売日: 2001-06-15
  • メディア: 文庫
  • ASIN: 4062731797

この本を読んだユーザ

14件のデータ
ttom1943
2019/03/11
9784062731799 ★★★
mmjmsm
2016/02/29
果つる底なき (講談社文庫)
tunahamachi
2014/09/20
果つる底なき 池井戸潤
yosidada
2013/11/05
『果つる底なき』読了。伊木さんタフすぎです!こんな銀行員、本当に居たら、カッコよすぎだな(^^)。
skazu579
2013/08/19
果つる底なき 組織の中で一部から疎ましがられながらも筋の通った行動を貫く主人公が格好良かった
kote_ryu
2013/01/13
池井戸潤「果つる底なき」
akiracgk
2012/03/29
果つる底なし 池井戸潤 銀行の内幕がわかるだけでなく、犯人捜しの要素もあり面白かった。が、人を簡単に殺しすぎではないかと・・・。銀行員が巻き込まれる事件にしては、物騒過ぎて現実的では無い。
okamurasihou
2012/02/08
果つる底なき
/user/ /user/
2011/09/24
「果つる底なき」第44回江戸川乱歩賞受賞作。池井戸潤はここから!
kingbubai
2011/08/31
果つる底なき 読了。2011年49冊目(49/100)。初めての池井戸潤作品。銀行を舞台にしながらも、難しすぎず、簡単すぎず、常に考えさせられるような作品だった。元銀行員ならではの部分と、次の展開にハラハラさせるミステリーの部分が見事に表現されている作品だった。
canpyomacky
2011/02/28
果つる底なき
miya4403
2011/02/08
4062731797[果つる底なき]池井戸潤
Misaki_msm
2010/09/21
果つる底なき これは元銀行マンの作者が銀行の裏側をえぐってます。裏側大好きなんです。途中までは良い感じにワクワクします。途中までは…。
nasiusu
2010/08/28
果つる底なき (講談社文庫) 池井戸 潤 (著) 2010/8/25読了。銀行員でなくて良かった。勿論向こうが入行を拒否されたのは言うまでもありませんが。
14件のデータ

アマゾンでのレビュー

アマゾンの情報をもっと見る

購入する

ブログに貼り付ける

ブログに貼り付けるためのサービスを呼び出します

(ここに無いサービスで、先方が対応できる仕組みになっているものについてはお問い合わせください。検討します)