読んだ4!

楢山節考 (新潮文庫)

  • 作者: 深沢 七郎
  • 出版社: 新潮社
  • 発売日: 1964-08-03
  • メディア: 文庫
  • ASIN: 4101136017

この本を読んだユーザ

3件のデータ
inoism
2011/03/12
「楢山節考」 読了。信州の山村を舞台にした姨捨山。おりんは渋る息子をせきたてて万全の準備を整えて「楢山まいり」にのぞみ、そして願い通りに成し遂げる。長生きするという選択肢がないため、お供をした息子にも喜びはあれど罪悪感はない。その事で一層胸がつまる。
lilythorn
2010/01/18
『楢山節考』 深沢七郎
marekuro
2009/12/22
楢山節考 深沢 七郎 著  姥捨山のお話。実際に日本各地で行われていたらしい。今日の高齢者福祉問題を論じる前提として、押さえておきたい一冊。60ページ位しかないが、ストーリー・描写共に強烈なインパクトがある。
3件のデータ

アマゾンでのレビュー

アマゾンの情報をもっと見る

購入する

ブログに貼り付ける

ブログに貼り付けるためのサービスを呼び出します

(ここに無いサービスで、先方が対応できる仕組みになっているものについてはお問い合わせください。検討します)