読んだ4!

太陽の塔 (新潮文庫)

  • 作者: 森見 登美彦
  • 出版社: 新潮社
  • 発売日: 2006-06-01
  • メディア: 文庫
  • ASIN: 4101290512

この本を読んだユーザ

54件のデータ - 3ページ中1ページ
tunahamachi
2018/01/20
太陽の塔 森見登美彦
muclet
2017/11/20
森見登美彦『太陽の塔』@yonda4
KJ_LINE
2013/08/15
太陽の塔
k0215k
2013/03/23
4101290512[太陽の塔 (新潮文庫)]
stflage
2013/02/17
森見登美彦『太陽の塔』新潮社
mibukagami
2012/08/22
森見登美彦「太陽の塔」ISBN4-10-464501-X
nakamuraya5423
2012/08/13
太陽の塔
ajinomaruboshi
2012/06/22
太陽の塔
mao043
2012/04/15
『太陽の塔』森見登美彦
moyoco
2012/04/05
太陽の塔 (新潮文庫)
kopechu
2012/03/30
太陽の塔
bakuringco
2012/02/21
『太陽の塔』森見登美彦著読了。頭の良い尊大で自信家でヘタレな男の子の失恋日記。京都の街にイマイチ馴染みがないためそこの部分は入れ込めないが、モテナイ大学生特有の反恋愛至上主義には大いに共感出来る。カッコつけた鼻持ちならなさも若気のいたりでカワイイ。@yonda4 [太陽の塔]
mako6201
2011/12/09
太陽の塔 森見登美彦、新潮文庫。読了。我々の日常の九十パーセントは、頭の中で起こっている
m92fsone
2011/10/16
太陽の塔 (新潮文庫)
saya_no
2011/07/27
太陽の塔 森見登美彦 いつもながら、もてない理系京大男子が主役。ストーカー気味で怖かったけど、最後は切なかった。わかりにくかったから読み返してみる。
daisuke0604
2011/07/14
http://t.co/WrS8xYs 太陽の塔 (新潮文庫)
SN00PYLove
2011/06/25
4101290512[太陽の塔 (新潮文庫)]
keshigomushiii
2011/06/07
太陽の塔
mochirinrin
2011/05/23
太陽の塔 京都にいる京大生の女っ気ゼロな日常が語られる話なのにファンタジー小説。要するに主人公の頭の中や取り巻く人々がファンタジーって事で。文章が面白い。ストーリーはあっさりめなので作者の日本語にハマらなければつまらないと感じるかも。
heyti
2011/04/29
『太陽の塔』 読了。こちらは全体的に暗い雰囲気の作品。万博の太陽の塔に魅入った女にった男のさえない青春を描き出してるわけだけども以前読んだ本とくらべてすごくリアルな主人公ながら話自体は非現実的・・読み終わって煙に巻かれた気分でした。これって幻想小説?
54件のデータ - 3ページ中1ページ

アマゾンでのレビュー

アマゾンの情報をもっと見る

購入する

ブログに貼り付ける

ブログに貼り付けるためのサービスを呼び出します

(ここに無いサービスで、先方が対応できる仕組みになっているものについてはお問い合わせください。検討します)