読んだ4!

2011年 新聞・テレビ消滅 (文春新書)

  • 作者: 佐々木 俊尚
  • 出版社: 文藝春秋
  • 発売日: 2009-07-20
  • メディア: 新書
  • ASIN: 4166607081

この本を読んだユーザ

46件のデータ - 3ページ中1ページ
rararai333
2011/10/28
2011年 新聞・テレビ消滅 佐々木俊尚 マスの消滅とコンテナを奪われることにより、新聞とテレビはビジネスとして縮小していき、マスメディアとしての機能を失う。音楽業界もそうだが、インターネットにより情報が無料化することで、ビジネスモデルの転換が求められている。
oldofreason
2011/10/21
「2011年 新聞・テレビ消滅」.メディアの在り方に考えさせられた。
watarubec
2011/06/18
2011年新聞・テレビ消滅
zubuneri
2010/11/19
2011年新聞・テレビ消滅 佐々木俊尚 2010.11
kubotake3
2010/08/28
2011年新聞・テレビ消滅 マスメディア(新聞・テレビ)の衰退は、ビジネスモデルを支える”3C”の垂直統合が、水平分散に移行し始めたことに起因している。なるほど~
hamachobi
2010/08/24
2011年新聞・テレビ消滅 (文春新書)
shingolaw
2010/07/11
2011年新聞・テレビ消滅 (文春新書)-佐々木 俊尚 :事実を元に各メディアの衰退を予測している。確かに新聞は効率悪いし、情報は恣意的でもあるし。なんであんなにでかいんだか不思議でしょうがない。iPhoneで十分だ。 http://amzn.to/bvCHCH
ajinomaruboshi
2010/06/28
2011年新聞・テレビ消滅 (文春新書)
hrm_tsk
2010/04/27
2011年新聞・テレビ消滅 佐々木 俊尚 ☆☆☆ 新聞記者だっただけあり新聞についての崩壊が細かく書かれている。テレビについては少し物足りない記述ではあるが、将来的にはテレビの方が淘汰されてほしい。紙の文化、文章の力は永遠であり、遺産にしてはいけないと強く思った。
takehiro_suzuki
2010/04/13
2011年新聞・テレビ消滅 (文春新書)
asamitetsu
2010/03/25
2011年新聞・テレビ消滅 マスという存在が消え、かつ従来のビジネスモデルが成立し難くなった状況でマスメディアは消えていくしか無い、という分析。コンテンツ-コンテナ-コンベヤの3層モデルがわかりやすかった。コンテナを抑えた者が勝者となれる。
saru2007
2010/03/02
読んだっけ?読んだような... @yonda4 佐々木 俊尚, 2011年新聞・テレビ消滅 (文春新書) http://amazon.jp/dp/4166607081
quantaro
2010/02/23
4166607081[2011年新聞・テレビ消滅 (文春新書)]
gintonic1960
2010/02/17
9784166607082
yuu665
2010/02/13
2011年新聞・テレビ消滅 マスメディアについて、「コンテンツ」「コンベヤ」「コンテナ」3つの層に分けて解説した本。そういや、ラジオってどうなんだろう?最近は聴く人増えてきたり、インターネットで聞けるようになってきたが。 http://bit.ly/bv7w2R
joe64jp
2010/02/03
2011年新聞・テレビ消滅
mon_tu
2010/01/30
2011年新聞・テレビ消滅 コンテンツ、コンテナ、コンベアのフレームワークで世の中を見る視点。
duck75
2010/01/15
2011年新聞・テレビ消滅 (文春新書) (新書)
muraodaisuke
2010/01/02
2011年 崩壊
nikabeni
2009/12/28
2011年新聞・テレビ消滅 分析読了
46件のデータ - 3ページ中1ページ

アマゾンでのレビュー

アマゾンの情報をもっと見る

購入する

ブログに貼り付ける

ブログに貼り付けるためのサービスを呼び出します

(ここに無いサービスで、先方が対応できる仕組みになっているものについてはお問い合わせください。検討します)