読んだ4!

デッドライン仕事術 (祥伝社新書)

  • 作者: 吉越 浩一郎
  • 出版社: 祥伝社
  • 発売日: 2007-12-15
  • メディア: 新書
  • ASIN: 4396110952

この本を読んだユーザ

12件のデータ
miyaclub3373
2017/03/21
9784396110956 吉越浩一郎 デッドライン仕事術 トリンプ元社長が述べる、締切の徹底で残業0にする事で効率化を図る、という仕事論。「仕事は私生活のための手段」「アフター5は遊ぶ」等、深く共感できる考えが沢山。仕事とプライベートは個人的にやっぱり別。
seinanity
2012/02/09
デッドライン仕事術 すべての仕事に「締切日」を入れよ すべての作業に明確なデッドラインをつけ、今やるべきことだけに集中。あと迷う時間をなくす。そうなりたい!
kc_katsuyuki
2011/05/23
4396110952 [デッドライン仕事術] 吉越浩一郎著。個々の仕事に締め切りを設けて点検と判断を毎日していくというのは大変な労力で覚悟と決意がいるが、これらを実践してきたからこそ19年連続増収・増益が可能だったのだろう。プロジェクト管理の勉強になった。
ykishino
2011/05/05
デットライン仕事術
rolesia
2011/01/09
4396110952[デッドライン仕事術 (祥伝社新書)] タイトルが全て。中身は正直、他でも良く書かれていることと個人の主観を述べている部分がほとんど。納得できない主張も多々。社員教育は無駄とか、うすっぺらい主張が多い。
/user/ /user/
2010/12/01
@yonda4 デッドライン仕事術 吉越浩一郎 http://ow.ly/3i02B  元トリンプ・インターナショナルジャパンの社長が書いた本。奥様がフランス人・外資で働いていたこともあり、とてもライフを大切にしている。仕事についての考えは、参考になること多し。
megadad_kt
2010/11/27
「デッドライン仕事術」(吉越浩一郎) 自分の職場でも残業の縮減が大きな課題になっていて,すごくためになった。仕事のアウトプット=能力×時間×効率 → 能力は変わらない。時間×効率を最大にするためには時間を一定にし(デッドラインを決める),強制的に効率を上げる。
iGCN
2010/05/17
デッドライン仕事術
hamachobi
2010/04/12
デッドライン仕事術 (祥伝社新書) (新書)
nrykst
2010/03/21
デッドライン仕事術 (祥伝社新書) (新書) 残業すると頑張っている、とか、家族と食事を一緒にしたことがないとか、徹夜の回数を自慢する方。気をつけましょう。
yukiehanamura
2009/10/24
デッドライン仕事術 想像していたより全然おもしろかった。著者の吉越 元トリンプ社長、NO残業をうたっていたりで勝手にソフトな印象を持っていたけど、とってもエネルギッシュで相当な覚悟を持っている方だな、と恐れ入りました。トップエグゼクティブ!という感じ。
yocchi75
2009/10/05
デッドライン仕事術 この人の著書は初めて読みましたが、締め切りを設定して仕事術をする徹底ぶりは、すごい!の一言です。
12件のデータ

アマゾンでのレビュー

アマゾンの情報をもっと見る

購入する

ブログに貼り付ける

ブログに貼り付けるためのサービスを呼び出します

(ここに無いサービスで、先方が対応できる仕組みになっているものについてはお問い合わせください。検討します)