読んだ4!

かはたれ (福音館創作童話シリーズ)

  • 作者: 朽木 祥
  • 出版社: 福音館書店
  • 発売日: 2005-10-31
  • メディア: 単行本
  • ASIN: 4834021483

この本を読んだユーザ

5件のデータ
apple_ring
2012/01/06
かはたれ 舞台がどーも,次男の小学校周辺のような・・・
bookwormwildcat
2009/12/27
かはたれ 河童猫・八寸と母を亡くした麻の物語。目に見えないもの、耳に聞こえないものの中にある本質を見つめることの大切さ、大切な人を失った後、人は、静かに確かに再生していくこと、そして、思い切り気を込めた本当の願いはきっと通じるということを教えてくれる。
marekuro
2009/12/24
たそかれ 朽木祥 著  前作の「かはたれ」の流れを組みながら、人と時間が交錯するファンタジーになっている本書。再会、成長、別れ。とても美しく奥行きのある文章で書き上げている。前作と合わせて読むことで線がつながり円になる感覚を得られる。秀逸な一作。前作共におすすめ。
marekuro
2009/12/24
かはたれ 朽木祥 著 喪失と孤独を抱えた河童と少女の交流を描く。文章が綺麗。ストーリーが秀逸。今年読んだ児童書では文句なしの一番だった。本文の背景に見え隠れする作者の教養の深さが光る。河童が猫に返信するとうい設定も斬新。
Hamken100per
2009/08/06
かはたれ—散在ガ池の河童猫 物語はまだしも、登場人物たちの設定が読者に媚びすぎてる気がします。終始それが鼻について、あまり集中できませんでした。
5件のデータ

アマゾンでのレビュー

アマゾンの情報をもっと見る

購入する

ブログに貼り付ける

ブログに貼り付けるためのサービスを呼び出します

(ここに無いサービスで、先方が対応できる仕組みになっているものについてはお問い合わせください。検討します)