読んだ4!

この本を読んだユーザ

1件のデータ
marxnup
2015/10/24
『アドルフに告ぐ』 ユダヤ人の親友との固い友情を持っていた子どもが教育と洗脳によってナチス化されていく過程、そして日本で生まれ育ち戦争中の日本でも平和を愛したユダヤ人カミルが戦後パレスチナ軍の将校として虐殺に加わった結末が強烈な印象として残った。
1件のデータ

アマゾンでのレビュー

アマゾンの情報をもっと見る

購入する

ブログに貼り付ける

ブログに貼り付けるためのサービスを呼び出します

(ここに無いサービスで、先方が対応できる仕組みになっているものについてはお問い合わせください。検討します)