読んだ4!

さんの、読書記録

49件のデータ - 3ページ中2ページ

沈黙のファイル―「瀬島 龍三」とは何だったのか 新潮文庫
沈黙のファイル 信賞必罰は重要。結果さえ出れば方法は何でもよいとなると、権力の下降が始まる。短期としてはよいかもしれないが、中期で考えると間違いなく害のほうが大きい。 12/31 16:35


ハイパフォーマー 彼らの法則 (日経プレミアシリーズ)
ハイパフォーマー彼らの法則 習うより慣れろ。試行錯誤しながらも量を何とか確保する。そこから行動の法則を自分なりに打ち立てていく。これが大事。 07/05 22:52


アバラット (ヴィレッジブックス)
目の見えない人は世界をどう見るのか 視覚障害者に対する「すごいね」という言葉。純粋なものの場合もあるだろうが、そこには「目が見えないのにこんなことができてすごいね」という意味に捉えられる。 だから言葉に気をつける。すごいね、ではなく、面白い!にする。いいね。 04/29 22:30


購書術 日本では年間に約8万冊の本が出版されてうる。月に7千弱か。売れない本は書店も処分するしかない。 いつまでも、あると思うな親と本。やっぱり迷ったら購入すべきだ。
[書名認識できず]
Googleで検索
購書術 日本では年間に約8万冊の本が出版されてうる。月に7千弱か。売れない本は書店も処分するしかない。 いつまでも、あると思うな親と本。やっぱり迷ったら購入すべきだ。 04/28 09:33


2045年問題 コンピュータが人類を超える日 (廣済堂新書)
2045年問題 本当にね、もうロボットさんたちに仕事とられてご飯たべられなくなっちゃわないようにしないとね。生き延びねば。 04/26 23:00


「事務ミス」をナメるな! (光文社新書)
「事務ミス」をナメるな! 情報を効率的に処理することができる人間の能力が、ミスを引き起こす。誤字・脱字が多い文章でも、人はその意味を推測しながら同時に理解を進めていく。 それがミスを起こしやすくするという矛盾を防ぐには、心身の定期的なメンテナンスが欠かせない。 04/25 13:04


イラン人は面白すぎる! (光文社新書)
イラン人は面白すぎる! イラン人は面白すぎる、というのは括りとしていささか乱暴な言い方だ。が、著者のエマミ・シュン・サラミさんが書いた本書は面白い。豚肉、飲酒、ラマダン、恋愛、シーア派とスンニ派など、どれも一度は頭をよぎったことのある言葉をさくっと教えてくれる。 04/19 15:23


「有名人になる」ということ (ディスカヴァー携書)
「有名人になる」ということ  有名になるということは、改めて考えてみると本当に大変なトレードオフだ。中途半端に手を出すと大変なことになりそうだし、有名になることだけを目標にするのはリスクが大きすぎる。  有名人になってどうしたいの?という根底がないときつい。 04/01 22:40


「本当のこと」を伝えない日本の新聞 (双葉新書)
「本当のこと」を伝えない日本の新聞 日本の新聞の仕組みの特異性や、ジャーナリストとして必要な姿勢を理解するのに非常によい本。 企業や政治家と報道機関の近すぎる距離感についても言及されていた。そうしないと仕事が回らない国っていうのが、日本なんじゃなかろうか。 03/19 15:14


ラクをしないと成果は出ない
ラクをしないと成果は出ない 自分の働き方を見直すシリーズとして手元に置く本。(上司と決めた)ゴールを常に意識し、やること・やる必要のないことを明確化する、などなど。 03/17 23:40


仕事は”6勝4敗”でいい 著者はライフネット生命保険のCEOでもあり、稀代の読書家でもある。その読書経験を通じた、現代における処世術とも呼べる内容が書かれた本書は、比類することのない洞察にあふれた内容だった。 時々見直す本として、手元においておこう。
[書名認識できず]
Googleで検索
仕事は”6勝4敗”でいい 著者はライフネット生命保険のCEOでもあり、稀代の読書家でもある。その読書経験を通じた、現代における処世術とも呼べる内容が書かれた本書は、比類することのない洞察にあふれた内容だった。 時々見直す本として、手元においておこう。 03/17 17:01


スタンフォード・マッキンゼーで学んできた熟断思考
スタンフォード・マッキンゼーで学んできた熟断思考 タイトル長いなあ。ちきりんの本で代替可能か。 03/13 23:09


新書がベスト 103x182ミリが新書。装丁がどこもほぼ同じで差をつけにくいため、元を取り利益を出すためには売れるようなタイトルと中身が必要。 主役1冊+他9冊でにわか専門家。 1ジャンルを深堀りする読書と多様なジャンルを読書するパターン。
[書名認識できず]
Googleで検索
新書がベスト 103x182ミリが新書。装丁がどこもほぼ同じで差をつけにくいため、元を取り利益を出すためには売れるようなタイトルと中身が必要。 主役1冊+他9冊でにわか専門家。 1ジャンルを深堀りする読書と多様なジャンルを読書するパターン。 03/13 19:59


新潮選書強い者は生き残れない環境から考える新しい進化論
強い者は生き残れない 共生、協力する者が生き残る。 03/13 17:46


さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書)
さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 家庭の決算書導入については、使い方の問題について理解した上で使用するのがいいかな。 03/13 17:04


それをお金で買いますか 市場経済の拡大が、以前立ち入ることのなかった領域にまで踏み込んできている。 企業を作ることや成長することは多大なる社会への貢献だ。 ただ、足を踏み入れている領域が果たして適切なのかどうか、立ち止まって考える必要がある。
[書名認識できず]
Googleで検索
それをお金で買いますか 市場経済の拡大が、以前立ち入ることのなかった領域にまで踏み込んできている。 企業を作ることや成長することは多大なる社会への貢献だ。 ただ、足を踏み入れている領域が果たして適切なのかどうか、立ち止まって考える必要がある。 03/12 13:00


一流の決断力 伝説のディール・メーカーが教える「粘る力」と「割り切る技術」
入社10年目の羅針盤 有給消化1日目1冊。再読。 「失意泰然 得意淡然」(うまくいってない時はどっしりと。うまくいっている時は謙虚に)って、いい言葉だ。 いずれにしても、感情的にあまりブレないことが仕事を行う上で大事なことだと思う。 03/09 16:57


残念な教員 年間読書数が10冊未満という一般教論が、実に6割から7割。このような教員たちが日本の未来である子どもたちの教育を行っている現実がある。 一方で、著者のような、しっかりとした教育観を持って邁進されている教育者がいることにも希望を持つ。
[書名認識できず]
Googleで検索
残念な教員 年間読書数が10冊未満という一般教論が、実に6割から7割。このような教員たちが日本の未来である子どもたちの教育を行っている現実がある。 一方で、著者のような、しっかりとした教育観を持って邁進されている教育者がいることにも希望を持つ。 03/01 17:37


Apocalypse Array (Science Fiction Series)
知的生活習慣 「知識そのものは無力で、生活の中で、仕事の中で、使用したときにはじめて力を出す。生活の乏しい知識人間は、知識のもちぐされになるおそれがある(P.181)」 知識ばかりでなく、それを活かすための生活を充実させることも非常に重要。その関係は車の両輪だ。 02/22 22:17


ヒゲの日本近現代史 (講談社現代新書)
ヒゲの日本近現代史 時代によって髭の意味が違う。他の物事でも同じだが、一つの視点からだけでなくいろんな視点から考えることは大事だ。その一つとして、時間という軸を持つことは非常に役立つ。 02/20 13:08


49件のデータ - 3ページ中2ページ