読んだ4!

さんの、読書記録

317件のデータ - 16ページ中9ページ

Think Simple―アップルを生みだす熱狂的哲学
9784140815458[Think Simple] 08/13 11:17


ビジネスモデル・ジェネレーション ビジネスモデル設計書
9784798122977[ビジネスモデル・ジェネレーション] 内容もさることながら、非常に美しい本です。いいと思います。 08/08 03:39


リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)
9784873115658[リーダブルコード] これは読むべし。 07/31 03:04


偉人たちのブレイクスルー勉強術 ドラッカーから村上春樹まで (文春文庫)
9784167838065[偉人たちのブレイクスルー勉強術] 07/29 12:16


勝つための経営 グローバル時代の日本企業生き残り戦略 (講談社現代新書)
9784062881517[勝つための経営] 07/23 23:14


IDEA HACKS! 今日スグ役立つ仕事のコツと習慣 (講談社プラスアルファ文庫)
9784062814713[IDEA HACKS!] 07/16 12:47


新版PCオーディオガイドブック 最高のデジタルサウンド環境を構築する理論と実践
9784844331018[PCオーディオガイドブック新版] 07/16 09:14


モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか
9784062144490[モチベーション3.0] 07/09 23:58


ドラ・ミンから学ぶM能力の養成
9784892596834[ドラ・ミンから学ぶM能力の養成] 私にとってドラッカー「経営者の条件」のステージを越えていくための良書でした。今はミンツバーグ「戦略サファリ」読んでます。マネジメント論も色々な視点があり、現実に即してそれぞれカスタマイズする事が大切。 07/08 00:20


なぜコンピュータの画像はリアルに見えるのか―視覚とCGをめぐる冒険
9784757102699[なぜコンピュ-タの画像はリアルに見えるのか] 07/07 20:16


武器としての交渉思考 (星海社新書)
9784061385153[武器としての交渉思考] 06/30 15:38


ソフトウェアの世界でキャリアを築く Making it Big in Software
9784274068812[ソフトウェアの世界でキャリアを築く] ほんと参考になる良書。キャリア論、管理技術、ビジョナリーの具体的かつ的確なアドバイスが絶妙。繰り返し読んで行動し、力に変えていきたい。 06/16 01:24


10年後に食える仕事、食えない仕事
9784492261033[10年後に食える仕事 食えない仕事] 06/05 22:12


渋谷ではたらく社長の告白 (幻冬舎文庫)
9784344409996[渋谷ではたらく社長の告白] 06/05 21:56


土井英司の「超」ビジネス書講義 (ディスカヴァー携書)
9784799311639[土井英司の「超」ビジネス書講義] 新書だがビジネス書。「信頼できる筋」が語る読み方も参考になるが、本当に伝えたかったのは、この時代の生き方ではないかと思う。正統保守主義なメルマガ(ビジネスブックマラソン)にこれからも期待です。 06/03 23:03


会社四季報 業界地図 2012年版
9784492973196[会社四季報業界地図(2012年版)] 06/03 03:00


挑まなければ、得られない Nothing ventured, nothing gained. (インプレス選書)
9784844332022[挑まなければ、得られない] 05/28 12:52


「処方せん」的読書術 心を強くする読み方、選び方、使い方 (oneテーマ21)
9784041102374[「処方せん」的読書術] 著者同様、私もほしい物リストや毎日本屋さんに行ってるし思わずワロタ。「わからない」という状態を楽しもう、の記事が個人的には気に入ったかな。一見無駄なようだが自分で理解しようとするプロセスが大事。 05/26 02:55


P.F.ドラッカー 完全ブックガイド
9784478016527[P.F.ドラッカー完全ブックガイド] ドラッカー全著作のあらすじ、読みどころが分かりやすく解説されています。また上田惇生氏とドラッカーのやり取りや翻訳家としての生きざまなど読みどころ満載です。何から読んでいいか分からない方におすすめ。 05/26 01:42


熊とワルツを - リスクを愉しむプロジェクト管理
9784822281861[熊とワルツを] 文章は読みやすいのだが、リスクに対する考え方がすごく参考になる良書。インクリメンタル開発がリスク軽減につながるというのは思わず納得。開発は出来る限り早く着手するに限るというポリシーはこれからも継続しようと心に決めた。 05/19 20:04


317件のデータ - 16ページ中9ページ