読んだ4!

さんの、読書記録

429件のデータ - 22ページ中1ページ

メンタリストDaiGo『知識を操る超読書術』読了。DaiGo氏の著書は妙にハマる。小説というより新書やノウハウ本をいかに記憶し身に付け実用的に役立てるかのコツを語る。これを実践すればさらに読書が有意義になる。DaiGoを食わず嫌い… https://t.co/MTejdOicsP
[書名認識できず]
Googleで検索
メンタリストDaiGo『知識を操る超読書術』読了。DaiGo氏の著書は妙にハマる。小説というより新書やノウハウ本をいかに記憶し身に付け実用的に役立てるかのコツを語る。これを実践すればさらに読書が有意義になる。DaiGoを食わず嫌い… https://t.co/MTejdOicsP 09/21 23:14


渡辺靖『リバタリズム』読了。自由市場、最小国家、社会的寛容を重んじるリバタリズムの思想的な内容説明ではなく、現在のリバタリアンたちの活動状況を米国を中心にレポートする内容で、思想的なことを学びたいと思っていたので個人的にはやや期待外れの内容。 @yonda4[リバタリズム]
[書名認識できず]
Googleで検索
渡辺靖『リバタリズム』読了。自由市場、最小国家、社会的寛容を重んじるリバタリズムの思想的な内容説明ではなく、現在のリバタリアンたちの活動状況を米国を中心にレポートする内容で、思想的なことを学びたいと思っていたので個人的にはやや期待外れの内容。 @yonda4[リバタリズム] 09/15 23:05


飲茶著『正義の教室』読了。ライトノベルの哲学入門だが今までのどの哲学入門より分かり易い。正義を平等・自由・宗教(物理的以外のモノを信じる)から生徒の議論と授業の中での考察し、ソクラテスプラトンからニーチェまで哲学史まで学べる。オチ… https://t.co/tgGqy8GPmc
[書名認識できず]
Googleで検索
飲茶著『正義の教室』読了。ライトノベルの哲学入門だが今までのどの哲学入門より分かり易い。正義を平等・自由・宗教(物理的以外のモノを信じる)から生徒の議論と授業の中での考察し、ソクラテスプラトンからニーチェまで哲学史まで学べる。オチ… https://t.co/tgGqy8GPmc 09/06 22:56


小野不由美『東の海神西の滄海』読了。「十二国記」シリーズ。延王尚隆とその麒麟延麒六太の出会い(日本の戦国時代)と延国復興、反乱制圧の物語。民の為の反旗を翻す偽善者と本当に民の為を考える尚隆が対比される。シリーズでは尚隆と六太のキャ… https://t.co/pLcIiyfLxg
[書名認識できず]
Googleで検索
小野不由美『東の海神西の滄海』読了。「十二国記」シリーズ。延王尚隆とその麒麟延麒六太の出会い(日本の戦国時代)と延国復興、反乱制圧の物語。民の為の反旗を翻す偽善者と本当に民の為を考える尚隆が対比される。シリーズでは尚隆と六太のキャ… https://t.co/pLcIiyfLxg 08/30 09:46


黒川博行『桃源』読了。沖縄舞台の事件モノらしいので読んで見たが、主役コンビが大阪府警なので大阪色強く馴染めない。沖縄も宮古島が主な舞台で本島・石垣島は少しだけ登場。石垣好きとしては肩すかし。刑事コンビはキャラ立ちしており、捜査も丁… https://t.co/BzlebldwLH
[書名認識できず]
Googleで検索
黒川博行『桃源』読了。沖縄舞台の事件モノらしいので読んで見たが、主役コンビが大阪府警なので大阪色強く馴染めない。沖縄も宮古島が主な舞台で本島・石垣島は少しだけ登場。石垣好きとしては肩すかし。刑事コンビはキャラ立ちしており、捜査も丁… https://t.co/BzlebldwLH 08/19 13:22


小野不由美『月の影 影の海』読了。「#十二国記」シリーズ実質的第1作。始め読者は陽子と同様に何が起こっているか分からず戸惑う。そして次第に異世界の概要が分かってくる面白さ。人としての覚悟と成長の物語。単なるファンタジーと言うなかれ… https://t.co/KjaFkYOeWU
[書名認識できず]
Googleで検索
小野不由美『月の影 影の海』読了。「#十二国記」シリーズ実質的第1作。始め読者は陽子と同様に何が起こっているか分からず戸惑う。そして次第に異世界の概要が分かってくる面白さ。人としての覚悟と成長の物語。単なるファンタジーと言うなかれ… https://t.co/KjaFkYOeWU 08/15 22:04


浅田次郎『大名倒産』読了。大名が主人公で、同じ大名仲間、大名でもある老中や旗本が登場人物であり大名好きにはとっては興奮する展開。財政破綻した藩を若き殿様がどう救うか。七福神などゴチャゴチャし過ぎる感もあったけど著者らしい軽妙な笑い… https://t.co/PLvJ8POgPf
[書名認識できず]
Googleで検索
浅田次郎『大名倒産』読了。大名が主人公で、同じ大名仲間、大名でもある老中や旗本が登場人物であり大名好きにはとっては興奮する展開。財政破綻した藩を若き殿様がどう救うか。七福神などゴチャゴチャし過ぎる感もあったけど著者らしい軽妙な笑い… https://t.co/PLvJ8POgPf 07/29 09:11


トルストイ『 #戦争と平和(一)』読了。30代の時以来3度目の読返し。こういう時間がある時じゃないとなかなか読めないから。1巻はロシア青年貴族たちの華やかな宮廷社交界での生活とナポレオン戦争へ出征していくところからのプロローグ。大… https://t.co/GAXncBoZuT
[書名認識できず]
Googleで検索
トルストイ『 #戦争と平和(一)』読了。30代の時以来3度目の読返し。こういう時間がある時じゃないとなかなか読めないから。1巻はロシア青年貴族たちの華やかな宮廷社交界での生活とナポレオン戦争へ出征していくところからのプロローグ。大… https://t.co/GAXncBoZuT 07/01 23:04


トルストイ『 #戦争と平和  (二)』読了。アウステリッツ会戦後の一瞬の平和時代のロシア貴族社会の物語。ピエール伯爵の領地経営や派手な妻の悩み。ボルコンスキィ公爵とロストフ伯爵家のナターシャのと婚約と縺れなど人間らしいドラマティッ… https://t.co/fiyDqUmF9a
[書名認識できず]
Googleで検索
トルストイ『 #戦争と平和  (二)』読了。アウステリッツ会戦後の一瞬の平和時代のロシア貴族社会の物語。ピエール伯爵の領地経営や派手な妻の悩み。ボルコンスキィ公爵とロストフ伯爵家のナターシャのと婚約と縺れなど人間らしいドラマティッ… https://t.co/fiyDqUmF9a 07/01 23:01


トルストイ『戦争と平和(二)』読了。アウステリッツ会戦後の一瞬の平和な時代のロシア貴族社会の物語。ピエール伯爵の領地経営や派手な妻の悩み。ボルコンスキィ公爵とロストフ伯爵家のナターシャのと婚約と縺れなど人間らしいドラマティック。物語として面白い。@yonda4[戦争と平和(二)]
[書名認識できず]
Googleで検索
トルストイ『戦争と平和(二)』読了。アウステリッツ会戦後の一瞬の平和な時代のロシア貴族社会の物語。ピエール伯爵の領地経営や派手な妻の悩み。ボルコンスキィ公爵とロストフ伯爵家のナターシャのと婚約と縺れなど人間らしいドラマティック。物語として面白い。@yonda4[戦争と平和(二)] 07/01 22:57


小野不由美『白銀の墟 玄の月(一)』読了。「十二国記」シリーズ最新作。このシリーズは初めて読むが中国歴史モノとファンタジーとのハイブリッドかつミステリー小説としての味もあり娯楽小説としてなかなか楽しいかも。続きが早く読みたい。@yonda4[白銀の墟 玄の月(一)]
[書名認識できず]
Googleで検索
小野不由美『白銀の墟 玄の月(一)』読了。「十二国記」シリーズ最新作。このシリーズは初めて読むが中国歴史モノとファンタジーとのハイブリッドかつミステリー小説としての味もあり娯楽小説としてなかなか楽しいかも。続きが早く読みたい。@yonda4[白銀の墟 玄の月(一)] 06/13 19:05


井上栄『感染症』読了。06年に執筆された感染症の基礎知識に今回の新型コロナの情報が加筆された。新型コロナが今だ収束しない今こそ読むべき一冊。今後も人類の脅威である様々な感染症に対して皆が知識を付けることが最大の防御ではないか。ぜひ皆に読んで欲しい。@yonda4【感染症 増補版】
[書名認識できず]
Googleで検索
井上栄『感染症』読了。06年に執筆された感染症の基礎知識に今回の新型コロナの情報が加筆された。新型コロナが今だ収束しない今こそ読むべき一冊。今後も人類の脅威である様々な感染症に対して皆が知識を付けることが最大の防御ではないか。ぜひ皆に読んで欲しい。@yonda4【感染症 増補版】 05/29 21:30


@sora629325 @yonda4 葉室麟さんは(約2年前に亡くなりましたが)遅咲きの‘平成の藤沢周平’と云われ作家さん。 藤沢周平を読み尽くした後にはぜひオススメしたいです。 最近はNHKはじめ多くのTVや映画時代劇の原作になってますね。
[書名認識できず]
Googleで検索
@sora629325 @yonda4 葉室麟さんは(約2年前に亡くなりましたが)遅咲きの‘平成の藤沢周平’と云われ作家さん。 藤沢周平を読み尽くした後にはぜひオススメしたいです。 最近はNHKはじめ多くのTVや映画時代劇の原作になってますね。 05/23 23:59


トルストイ『戦争と平和(一)』読了。30代の時以来3度目の読み返し。こういう時間がある時じゃないとなかなか読めないから。1巻はロシア青年貴族たちの華やかな宮廷社交界での生活とナポレオン戦争へ出征していくところからのプロローグ。大河… https://t.co/J1ZQer4fgT
[書名認識できず]
Googleで検索
トルストイ『戦争と平和(一)』読了。30代の時以来3度目の読み返し。こういう時間がある時じゃないとなかなか読めないから。1巻はロシア青年貴族たちの華やかな宮廷社交界での生活とナポレオン戦争へ出征していくところからのプロローグ。大河… https://t.co/J1ZQer4fgT 05/15 22:03


本郷和人『空白の日本史』読了。新しい歴史知識を得るというよりは歴史学への取り組み方を学ぶ一冊。庶民史など文献の欠落など資料の少ない分野を歴史学がどう埋めていくかの指摘。歴史好きなら周知の網野善彦先生の話まで言及され、歴史好きにはた… https://t.co/MWru85T896
[書名認識できず]
Googleで検索
本郷和人『空白の日本史』読了。新しい歴史知識を得るというよりは歴史学への取り組み方を学ぶ一冊。庶民史など文献の欠落など資料の少ない分野を歴史学がどう埋めていくかの指摘。歴史好きなら周知の網野善彦先生の話まで言及され、歴史好きにはた… https://t.co/MWru85T896 05/06 21:15


島崎藤村『破戒』読了。こんな時期だからこそ古典を。初読。被差別民・穢多出身の教師が自身の出自に苦悩しながら最後は親の戒めを破り告白する物語。100年前の小説だが現代で読んでもサスペンス性あり世間俗物の酷さと人間の尊厳を訴えて読みご… https://t.co/PvPT3GjCTF
[書名認識できず]
Googleで検索
島崎藤村『破戒』読了。こんな時期だからこそ古典を。初読。被差別民・穢多出身の教師が自身の出自に苦悩しながら最後は親の戒めを破り告白する物語。100年前の小説だが現代で読んでもサスペンス性あり世間俗物の酷さと人間の尊厳を訴えて読みご… https://t.co/PvPT3GjCTF 04/13 12:59


真藤 順丈『宝島』読了。米基地から物資を盗む義賊的な‘戦果アギヤー’の英雄の失踪というミステリーを軸の戦後沖縄の庶民史・叙事詩。米国に虐げられ日本からは見て見ぬ振りをされた島。島の象徴的な過酷な運命の少年ウタが語り部となる物語性と… https://t.co/qg18aP8HLn
[書名認識できず]
Googleで検索
真藤 順丈『宝島』読了。米基地から物資を盗む義賊的な‘戦果アギヤー’の英雄の失踪というミステリーを軸の戦後沖縄の庶民史・叙事詩。米国に虐げられ日本からは見て見ぬ振りをされた島。島の象徴的な過酷な運命の少年ウタが語り部となる物語性と… https://t.co/qg18aP8HLn 04/06 22:55


荻原博子『投資バカ』読了。50歳を過ぎたら投資するぐらいなら借金返して現金貯めろという内容。多少金融リテラシーがある人が読めば当たり前の事しか書いてない。逆に言えばこの本が売れるということはそれだけ世の中には無知無学の人が沢山いる… https://t.co/tvqYAIUS9q
[書名認識できず]
Googleで検索
荻原博子『投資バカ』読了。50歳を過ぎたら投資するぐらいなら借金返して現金貯めろという内容。多少金融リテラシーがある人が読めば当たり前の事しか書いてない。逆に言えばこの本が売れるということはそれだけ世の中には無知無学の人が沢山いる… https://t.co/tvqYAIUS9q 03/21 23:14


逢坂剛『百舌の叫ぶ夜』読了。前半のハードボイルド部分がダルく読むのを止めようと思ったが読み続けてよかった。途中から加速度的に面白くなる。映像のない小説の特徴を最大限利用したトリック、大風呂敷の陰謀、ドンデン返し等エンタメを詰め込ん… https://t.co/T8AtWerL1I
[書名認識できず]
Googleで検索
逢坂剛『百舌の叫ぶ夜』読了。前半のハードボイルド部分がダルく読むのを止めようと思ったが読み続けてよかった。途中から加速度的に面白くなる。映像のない小説の特徴を最大限利用したトリック、大風呂敷の陰謀、ドンデン返し等エンタメを詰め込ん… https://t.co/T8AtWerL1I 01/26 00:03


真壁昭夫『ディープインパクト不況』読了。来たる中国のバブル崩壊を現在の中国内状況を分析した上で説明し、不動産・株式市場での世界そして我が国への影響を解説。少しでも知ってれば何か対策を立てられるはず。こういう本を読んで自分の資産を護ろう。@yonda4[ディープインパクト不況]
[書名認識できず]
Googleで検索
真壁昭夫『ディープインパクト不況』読了。来たる中国のバブル崩壊を現在の中国内状況を分析した上で説明し、不動産・株式市場での世界そして我が国への影響を解説。少しでも知ってれば何か対策を立てられるはず。こういう本を読んで自分の資産を護ろう。@yonda4[ディープインパクト不況] 01/06 00:07


429件のデータ - 22ページ中1ページ