読んだ4!

さんの、読書記録

407件のデータ - 21ページ中1ページ

篠綾子『青山に在り』読了。幕末青春小説。御家門親藩の名門川越藩家老の息子と農民の息子として育てられた捨子の双子が、人格者である家老の影響を受けながら激動の幕末を一人ひとりの若者として成長する物語。家老の真っ直ぐな生き方が見事。よく出来た青春物語。@yonda4[青山に在り]
[書名認識できず]
Googleで検索
篠綾子『青山に在り』読了。幕末青春小説。御家門親藩の名門川越藩家老の息子と農民の息子として育てられた捨子の双子が、人格者である家老の影響を受けながら激動の幕末を一人ひとりの若者として成長する物語。家老の真っ直ぐな生き方が見事。よく出来た青春物語。@yonda4[青山に在り] 06/08 23:53


佐藤信編『古代史講義【戦乱篇】』読了。『古代史講義』の姉妹編。磐井の乱、壬申の乱、長屋王の変から菅原道真の左遷、平将門・藤原純友の乱、前九年後三年の役までを最新の学説、研究を踏まえ解説した大人の教科書。教養広がるし凄い面白い。ぜひ… https://t.co/7kabJeGp9b
[書名認識できず]
Googleで検索
佐藤信編『古代史講義【戦乱篇】』読了。『古代史講義』の姉妹編。磐井の乱、壬申の乱、長屋王の変から菅原道真の左遷、平将門・藤原純友の乱、前九年後三年の役までを最新の学説、研究を踏まえ解説した大人の教科書。教養広がるし凄い面白い。ぜひ… https://t.co/7kabJeGp9b 05/25 12:10


#ちくま新書 『中世史講義』-院政から戦国時代まで-読了。まさに大人の教科書。我々が学生時代に習った定説を最近の学説でアップデート。院政や日宋・日元貿易、荘園公領制、鎌倉・室町政権の本質など知ってるようで知らない中世史を俯瞰。 最… https://t.co/iAeJpJrssY
[書名認識できず]
Googleで検索
#ちくま新書 『中世史講義』-院政から戦国時代まで-読了。まさに大人の教科書。我々が学生時代に習った定説を最近の学説でアップデート。院政や日宋・日元貿易、荘園公領制、鎌倉・室町政権の本質など知ってるようで知らない中世史を俯瞰。 最… https://t.co/iAeJpJrssY 05/08 22:52


権藤博・二宮清純『継投論 投手交代の極意』読了。権藤さんの解説の‘意味’がよく分かり、野球好きには面白い。現代野球で勝つために一番重要なのは抑え投手、というのは正論だわ。継投した方がヒーローが増える、打たれる前に代える、やられたら… https://t.co/4A3GLaB7Tp
[書名認識できず]
Googleで検索
権藤博・二宮清純『継投論 投手交代の極意』読了。権藤さんの解説の‘意味’がよく分かり、野球好きには面白い。現代野球で勝つために一番重要なのは抑え投手、というのは正論だわ。継投した方がヒーローが増える、打たれる前に代える、やられたら… https://t.co/4A3GLaB7Tp 02/24 19:05


津田大介『情報戦争を生き抜く』読了。しょっ中炎上してる本人が何を言う⁈という意見もあるが著者と著作は別物。今ネットメディアでの問題(ポスト真実・フェイクニュース)が整理され、かつ解決策案(技術・経済制裁・開示・報道)が提示されテキ… https://t.co/xNFmvhyjx1
[書名認識できず]
Googleで検索
津田大介『情報戦争を生き抜く』読了。しょっ中炎上してる本人が何を言う⁈という意見もあるが著者と著作は別物。今ネットメディアでの問題(ポスト真実・フェイクニュース)が整理され、かつ解決策案(技術・経済制裁・開示・報道)が提示されテキ… https://t.co/xNFmvhyjx1 02/19 01:39


早見俊『最後の名裁き』読了。吉宗死後、耄碌したかの大名・寺社奉行大岡越前守忠相が、評定所の若き下っ端役人とともに譜代大名家のお家騒動を解決する。なかなか出来てる物語だが、老中や舞台になる大名家が架空なのと、藩主のことを‘城主’って… https://t.co/YFKP7GVeF9
[書名認識できず]
Googleで検索
早見俊『最後の名裁き』読了。吉宗死後、耄碌したかの大名・寺社奉行大岡越前守忠相が、評定所の若き下っ端役人とともに譜代大名家のお家騒動を解決する。なかなか出来てる物語だが、老中や舞台になる大名家が架空なのと、藩主のことを‘城主’って… https://t.co/YFKP7GVeF9 01/24 00:07


荻上チキ『日本の大問題』読了。チキ氏の良さはイデオロギー抜きに「普通の市民」だけが生きやすいという社会のバグを見つけ多様性ある色々な市民(障害者怪我人経済的に恵まれない少数派等)誰もが生きやすい社会を設計し直し作っていこうよという… https://t.co/oRH2HOL7c6
[書名認識できず]
Googleで検索
荻上チキ『日本の大問題』読了。チキ氏の良さはイデオロギー抜きに「普通の市民」だけが生きやすいという社会のバグを見つけ多様性ある色々な市民(障害者怪我人経済的に恵まれない少数派等)誰もが生きやすい社会を設計し直し作っていこうよという… https://t.co/oRH2HOL7c6 01/03 19:24


人工知能に哲学を教えたら (SB新書)
岡本裕一郎『人工知能に哲学を教えたら』読了。著者は哲学者なのだが、今現在AIがどうなっていて我々人間がAIとどう付き合っていくかが書かれ、AIを正義、芸術、恋愛、労働、宗教などテーマ別に語る。とても面白いし為になる。現代人の教養と… https://t.co/zPbANEMhKj 12/30 21:11


はじめての沖縄 (よりみちパン! セ)
岸正彦『 #はじめての沖縄 』読了。ガイド本ではない。ナイチャー(本土人)として #沖縄 とどう付き合いどう考えどう語るか。沖縄を好きになり興味を持って初めて感じるモヤモヤの意味が分かる本。能天気に沖縄好きって連中に読んでもらいた… https://t.co/KinEykEYIc 12/05 00:02


はじめての沖縄 (よりみちパン! セ)
岸正彦『 #はじめての沖縄 』読了。ガイド本ではない。ナイチャー(本土人)として #沖縄 とどう付き合いどう考えどう語るか。沖縄を好きになり興味を持って初めて感じるモヤモヤの意味が分かる本。能天気に沖縄好きって連中に読んでもらいた… https://t.co/qNFTibYDii 12/04 23:19


葵の月
梶よう子『葵の月』読了。将軍世子家基の急死を巡るミステリーだが、登場人物に魅力なくオチもありがちでつまらない。どうも偏見だが宮部みゆき除く女性作家の時代劇はイマイチ。家格だとか官位だとかもっと幕府内の権力闘争が読みたい。あ、それが… https://t.co/vkseKdTQKo 11/15 22:45


太平洋 その深層で起こっていること (ブルーバックス)
蒲生俊敬『太平洋』 読了。小説や人文系の本しか読まないけどたまには科学的な本を読んでみる。宇宙に行ったことある人類が500人以上に対して1万mの超深海にいったことある人類は3人とか超深海には酸素は豊富とか最後のフロンティアは超深海… https://t.co/WYPfbeAM99 11/07 23:10


平家の群像 物語から史実へ (岩波新書)
髙橋昌明『平家の群像』読了。面白い本だが小説としての「平家物語」を読んでいることが前提になる。それを踏まえ第一次資料から物語と史実の差を検討したり、初の武家政権(筆者は六波羅幕府と評価)としての #平家 の意義まで検証する内容で歴… https://t.co/nKY525mgeR 10/30 23:48


城塞 (上巻) (新潮文庫)
司馬遼太郎『城塞』再読了。あくまで小説であるが、ベストセラーとして多くの国民に読まれたためコレが史実のように定着した‘司馬史観’の一つ。大坂の陣、豊臣滅亡のお話。史実かは別として日本人ならこの内容ぐらいは‘常識’であって欲しい。氏… https://t.co/XFd091pqBi 10/19 14:34


武士の日本史 (岩波新書)
高橋昌明『武士の日本史』読了。武士の成立ちから中世から近世(江戸時代)まで武士の変化や武器、馬、戦術を包含した戦闘の実情など、我々が習った事を最新の研究で覆してくれながら、明治以降の軍国化にどう利用されたのか、までを詳しく解説。歴… https://t.co/6kSSiwnnev 10/08 22:43


暴れ旗本御用斬り 栄華の夢 (徳間文庫)
井川香四郎『栄華の夢』読了。「暴れ旗本御用斬り」シリーズ第1作。大目付大河内讃岐守右京が松平定信の命で仙台藩に潜入。藩主伊達重村が奥州独立の謀反を画策か。陸奥の阿弖流為や伊達騒動まで広がるスケール感のある大風呂敷で二重三重の複雑な… https://t.co/th8ux44M8a 06/02 22:36


暴れ旗本八代目 天守燃ゆ (徳間文庫)
井川香四郎『暴れ旗本八代目 天守燃ゆ』読了。大目付大河内讃岐守の跡取息子・大河内右京の活躍を描くシリーズの最終話。取り潰しにあった元老中の遺臣が江戸城を占拠するという荒唐無稽な展開。田沼から松平定信時代への時代が変わる。@yonda4[天守燃ゆ] 05/19 23:18


暴れ旗本御用斬り 雲海の城 (徳間文庫)
井川香四郎『暴れ旗本御用斬り 雲海の城』読了。大身旗本である大目付・大河内讃岐守が上様家斉を助けながら松平定信ら悪の幕僚を相手に正義の活躍をするシリーズ。先年改易になった越後小藩の裏の陰謀を大河内讃岐守が暴く!エンターテナーが描く… https://t.co/IDqw7UAgTa 05/10 22:19


雪の花火―梟与力吟味帳 (講談社文庫 い 110-5)
井川香四郎『雪の花火』読了。梟与力吟味帳シリーズ。NHK時代劇ドラマ「オトコマエ!」原作。江戸情緒ミステリー傑作集。あいかわらずの軽快な落語を聴いているような心地良さ。上質な時間潰しにはもってこい。 @yonda4[雪の花火] 05/01 01:15


井川香四郎『日照り草』読了。梟与力吟味帳シリーズ。安定のストーリーテラーぶり。北町遠山対南町鳥居耀蔵の元、北山の吟味方与力として勤める逸馬の活躍。 #NHK の時代劇ドラマ『 #オトコマエ 』の原作だが、小説としても軽妙で娯楽作品として一級品。 @yonda4[日照り草]
[書名認識できず]
Googleで検索
井川香四郎『日照り草』読了。梟与力吟味帳シリーズ。安定のストーリーテラーぶり。北町遠山対南町鳥居耀蔵の元、北山の吟味方与力として勤める逸馬の活躍。 #NHK の時代劇ドラマ『 #オトコマエ 』の原作だが、小説としても軽妙で娯楽作品として一級品。 @yonda4[日照り草] 04/15 23:39


407件のデータ - 21ページ中1ページ