読んだ4!

さんの、読書記録

376件のデータ - 19ページ中1ページ

沖縄現代史 - 米国統治、本土復帰から「オール沖縄」まで (中公新書)
櫻澤誠『沖縄現代史』読了。イデオロギー無しで通史として1945年以後沖縄がどんな歴史を経てきたのかを「政治・社会」「経済」「文化・思想」を切口に的確にまとめた‘偉業’的な一冊。沖縄を好きとか沖縄通とか言うならまずこの本を読むことを前提に、と言いたい。 @yonda4[沖縄現代史] 09/17 23:21


新崎盛暉『日本にとって沖縄とは何か』読了。日本現代史を沖縄視線で見るとどうなるのか。「天皇制維持」と「戦争放棄」「絶対平和主義」と「沖縄分離軍事支配」の3つはセット。そしてその結果の‘構造的沖縄差別’。革新系の安保闘争も沖縄は考慮外。@yonda4[日本にとって沖縄とは何か]
[書名認識できず]
Googleで検索
新崎盛暉『日本にとって沖縄とは何か』読了。日本現代史を沖縄視線で見るとどうなるのか。「天皇制維持」と「戦争放棄」「絶対平和主義」と「沖縄分離軍事支配」の3つはセット。そしてその結果の‘構造的沖縄差別’。革新系の安保闘争も沖縄は考慮外。@yonda4[日本にとって沖縄とは何か] 09/03 22:27


お釈迦さまの脳科学 釈迦の教えを先端脳科学者はどう解くか? (小学館101新書)
苫米地英人『お釈迦さまの脳科学』読了。釈迦の教えは宗教というより生き方のヒントだと個人的にずっと感じたが、その話。著者の主張には疑問もあるが、釈迦の教えと今の仏教とは別モノ、現代の脳科学と釈迦の教えとはかなり一致する、という点は確信を得る。@yonda4[お釈迦さまの脳科学] 08/23 23:47


一揆の原理 (ちくま学芸文庫 コ 44-1)
呉座勇一『一揆の原理』読了。「応仁の乱」でブレイクした著者の一般デビュー作。一揆は百姓一揆を連想するがそもそもは武士も含め契約で仲間になり権力に対処すること。ただし権力否定ではない。マルクス主義的な階級闘争史観から脱却して考えると歴史の見え方は変わる。@yonda4[一揆の原理] 08/16 12:46


明治・妖モダン (朝日文庫)
畠中恵『明治・妖モダン』読了。時が明治となっても江戸とは地続き、妖たちも急にいなくなった訳じゃない、という江戸から続く妖の明治の世の小話。中編で読みやすく明治を感じられ粋で心地よい読書感。登場人物たちも皆イキイキしていて楽しく読める。@yonda4[明治・妖モダン] 07/26 14:08


呉座勇一『戦争の日本中世史』読了。ベストセラー『応仁の乱』の前著。蒙古襲来から応仁の乱までを戦争を基軸にして歴史のおさらい。特に戦後の歴史学会が囚われてきたマルクス主義的な‘階級闘争史観’の呪縛から逃れて歴史を見直す姿勢が新鮮。とても面白い。 @yonda4[戦争の日本中世史]
[書名認識できず]
Googleで検索
呉座勇一『戦争の日本中世史』読了。ベストセラー『応仁の乱』の前著。蒙古襲来から応仁の乱までを戦争を基軸にして歴史のおさらい。特に戦後の歴史学会が囚われてきたマルクス主義的な‘階級闘争史観’の呪縛から逃れて歴史を見直す姿勢が新鮮。とても面白い。 @yonda4[戦争の日本中世史] 07/16 00:24


応仁の乱 - 戦国時代を生んだ大乱 (中公新書)
呉座勇一『応仁の乱』読了。歴史書して異例の #ベストセラー 。応仁の乱を二人の貴族僧の日記から辿る歴史本。事実のみならず当時の支配階層が乱をどう捉え見ていたのかがリアルで面白い。足利将軍が為したことなど教科書レベルしか知らない者にとって興味深い良書。@yonda4[応仁の乱] 06/26 21:33


高橋克彦の東北蝦夷シリーズに対して「時代考証がなってない」との批判があるようだが、蝦夷に文字文化なく文献が残っていないのだから(考古学では限界があり)その批判は当たらない気がする。そもそも小説なんだから、東北蝦夷に… https://t.co/jDuCcywmU8
[書名認識できず]
Googleで検索
高橋克彦の東北蝦夷シリーズに対して「時代考証がなってない」との批判があるようだが、蝦夷に文字文化なく文献が残っていないのだから(考古学では限界があり)その批判は当たらない気がする。そもそも小説なんだから、東北蝦夷に… https://t.co/jDuCcywmU8 06/01 23:04


高橋克彦『火怨(下)』読了。桓武帝時代に蝦夷を獣と人間扱いしなかった朝廷に対して人としての尊厳を守るため(という小説的設定で)東北蝦夷の英雄阿弖流為と母礼と朝廷側の坂上田村麻呂の葛藤と活躍を描く。人間物語、合戦エンタメとしても面白い。さて『炎立つ』へ @yonda4[火怨(下)]
[書名認識できず]
Googleで検索
高橋克彦『火怨(下)』読了。桓武帝時代に蝦夷を獣と人間扱いしなかった朝廷に対して人としての尊厳を守るため(という小説的設定で)東北蝦夷の英雄阿弖流為と母礼と朝廷側の坂上田村麻呂の葛藤と活躍を描く。人間物語、合戦エンタメとしても面白い。さて『炎立つ』へ @yonda4[火怨(下)] 06/01 22:56


明治維新という過ち―日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリスト
原田伊織『明治維新という過ち』読了。「歴史は勝者が改ざんするので今の歴史は薩長に都合の良い論旨」「近代化とは人類とって進化なのか⁈」という視点は慧眼。しかし論旨は下賤の出の長州はならず者、武家教養有りの幕府と東北は高潔という感情論で残念な内容。@yonda4[明治維新という過ち] 05/23 21:44


剣客大名 柳生俊平 将軍の影目付 (二見時代小説文庫)
麻倉一矢『剣客大名柳生俊平将軍の影目付』読了。徳川御家門である久松松平家から養子として大和柳生藩1万石を藩主として継いだ俊平が主人公の娯楽時代劇。剣客という点よりも、1万石という小大名仲間が友達として活躍する展開が楽しい。@yonda4[剣客大名柳生俊平将軍の影目付] 05/03 09:41


三日間の幸福 (メディアワークス文庫)
三秋縋『三日間の幸福』読了。稚拙故に「自分は特別」という意識を捨てきれぬ青年が自分の寿命の売値が無価値と突きつけられる所から始まる青春恋愛ファンタジー。世代格差故共感はしないが人生下り坂の身にとって限りある命をどう生きるかという点では考えさせられる。@yonda4[三日間の幸福] 04/25 22:42


風の陣[裂心篇] (PHP文芸文庫)
高橋克彦『風の陣裂心篇』読了。シリーズ第4弾完結編。前3作が都での朝廷内の権力闘争の話で奈良時代の歴史のおさらいみたいだったのが、本編で一気に東北の蝦夷の苦悩と闘争の話へ。日本史視点では反逆者である鮮麻呂が蝦夷視点では英雄である。日本人なら知るべき。@yonda4[風の陣裂心篇] 03/27 23:59


風の陣 天命篇 (PHP文芸文庫)
高橋克彦『風の陣天命編』読了。シリーズ第3弾。弓削道鏡編。蝦夷から見たら奈良時代の歴史、朝廷内政変陰謀物語。いつの時代も変わらぬ権力欲と策謀。面白く歴史の確認をさせてもらえる。和気清麻呂が宇佐神宮の神託を口上するシーンは短くも震えるほど劇的。 @yonda4[風の陣天命編] 03/07 00:54


風の陣[大望篇] ((PHP文芸文庫))
高橋克彦『風の陣大望編』読了。シリーズ第2弾。藤原仲麻呂の乱から日本の古代史の怪物・弓削道鏡が台頭するあたり。蝦夷である主人公たちがこんなに政界の謀略に絡むのは小説らしいありえなさだけど、知らない時代だけにぐいぐい引き込まれ面白い。@yonda4[風の陣大望編] 02/22 20:22


風の陣 [立志篇](PHP文庫)
高橋克彦『風の陣【立志篇】』読了。奈良時代、聖武天皇により東大寺の大仏が建立される時代、陸奥に金が産出される。そして朝廷内では橘奈良麻呂の乱が鎮圧され藤原仲麻呂が権力を掌握。蝦夷の青年丸子嶋足は時代の荒波に乗出す。ということで大河ドラマの始まり。@yonda4[風の陣【立志篇】] 01/29 22:36


木枯し紋次郎(五)~夜泣石は霧に濡れた~ (光文社文庫)
[書名認識できず]
Googleで検索
笹川佐保『木枯し紋次郎五』ミステリー仕立プロットと人物トリック(登場人物が始めと正反対の素顔を晒す)は相変わらずで虚無感漂う旅物語は健在。副題にもなった「夜泣石は露に濡れた」では紋次郎が蒟蒻を食べれない理由が語られる(蒟蒻での子殺しを目撃)。@yonda4[木枯し紋次郎(五)] 01/08 16:24


木枯し紋次郎〈4〉無縁仏に明日をみた (光文社文庫―光文社時代小説文庫)
笹川佐保『木枯し紋次郎(四)』読了。江戸ハードボイルドを上手く表す章ごとのタイトルが秀逸。「女郎蜘蛛が泥を這う」は紋次郎の母親への不信、人間忌避からくる虚無感をとても良く表現した傑作章。次の巻もまだまだ読みたい。@yonda4[木枯し紋次郎(四)無縁仏に明日をみた] 12/25 10:04


上田秀人『夢幻の天守閣』読了。『幻影の天守閣』の続編。先代将軍家綱の側室とお血筋様を引き取った旗本で元天守番・工藤小賢太が現将軍綱吉とその側近柳沢吉保から二人を守る。そこに越前松平家らの陰謀が絡む著者のお得意の内容だが割と小さく盛り上がりに欠ける。@yonda4[夢幻の天守閣]
[書名認識できず]
Googleで検索
上田秀人『夢幻の天守閣』読了。『幻影の天守閣』の続編。先代将軍家綱の側室とお血筋様を引き取った旗本で元天守番・工藤小賢太が現将軍綱吉とその側近柳沢吉保から二人を守る。そこに越前松平家らの陰謀が絡む著者のお得意の内容だが割と小さく盛り上がりに欠ける。@yonda4[夢幻の天守閣] 12/16 23:05


木枯し紋次郎〈3〉六地蔵の影を斬る (光文社文庫―光文社時代小説文庫)
笹川佐保『木枯し紋次郎(三)』読了。紋次郎の代名詞であるくわえ長楊枝の由来を語る「木枯しの音に消えた」など収録。相変わらずの、不幸な女や幼児があっさり殺されるなど、良い意味で情け容赦のない人の世の虚無を描くハードボイルド。 @yonda4[木枯し紋次郎(三)六地蔵の影を斬る] 12/04 22:15


376件のデータ - 19ページ中1ページ