読んだ4!

さんの、読書記録

394件のデータ - 20ページ中20ページ

贋屋十四郎 影桜、咲かせやしょう
『影桜、咲かせやしょう』ヒキタクニオ著、読了。浪人で贋作師の十四郎と大道芸人兼行商人の伊三次の江戸っ子コンビが悪にアイディアで一泡ふかす粋な時代劇。短編一話完結の連作で読みやすい。続編期待出来そうな終わりかた。@yonda4 9784198631901[影桜、咲かせやしょう] 09/01 23:45


日本の大転換 (集英社新書)
『日本の大転換』中沢新一著、読了。3.11以降の方向性についての思考。実学的ではない。生態圏外現象である原子力、一神教、等価交換的な資本主義的な社会から、自然エネルギー、仏教的、贈与的交換の社会への転換を提案する。@yonda4 9784087206067[日本の大転換] 08/28 13:39


原発はいらない (幻冬舎ルネッサンス新書 こ-3-①)
『原発はいらない』小出裕章著、読了。著者の『原発のウソ』と内容はかぶる。あえて一冊なら本書の方が体系的か。必読。まず我々は現実を知らなければ!ブレない強靭な良心を持つ科学者の声を聞けば自ずと進むべき道は見えてくる。@yonda4 9784779060489[原発はいらない] 08/23 00:59


原発のウソ (扶桑社新書)
『原発のウソ』小出裕章著読了。急いで書かれた感が強く浅い内容だが、専門家としての原発反対意見がよく分かる。「安全な被爆など存在しない」「被爆の影響は子供の方が強い」等の指摘は重い。自分を守るためにはお上の発表を健全に疑わねば@yonda4 9784594064204[原発のウソ] 08/19 16:11


(続き)だけど、直後の停電は原発を停めたからではなく、火力発電所の休止が主な原因だったり、原発を停めると電力不足になるぞ!など、国民を脅して、騙してまで原発を動かす人々がいるということは、一部の利権者には余程美味しいことが有るのは容易に想像出来る。@yonda4 [原発のウソ]
[書名認識できず]
Googleで検索
(続き)だけど、直後の停電は原発を停めたからではなく、火力発電所の休止が主な原因だったり、原発を停めると電力不足になるぞ!など、国民を脅して、騙してまで原発を動かす人々がいるということは、一部の利権者には余程美味しいことが有るのは容易に想像出来る。@yonda4 [原発のウソ] 08/19 16:03


北帰行
『北帰行』佐々木譲著読了。著者の警察小説以前の戦中アジア冒険小説の現代日本版というべき活劇小説。スピード感あふれ、スリリングな展開で一気に読ませてくれる。娯楽小説としては満点の出来。登場人物のキャラも魅力的。著者らしく男女間がベタベタしてないのも○。@yonda4 [北帰行] 08/16 12:43


これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学
『これから「正義」の話をしよう』読了。大学の教養課程の授業だと思えばとても面白いし、現在世の中に起こっている根本を理解しようと哲学的に考えるきっかけになる本。ただ日本語の正義≠justiceだし、言葉の壁で理解しにくい所はある。@yonda4 [これからの「正義」の話をしよう] 08/12 16:23


報道災害【原発編】
事実を伝えないメディアの大罪 (幻冬舎新書)
『報道災害【原発編】』読了。内容は予想の範囲内。しかし予想はしていたがここまで既存のマスコミは酷いのか!もちろん今の段階では本書の内容を疑う。一方の話しか聞いてないから。健全な懐疑主義を持つことをこの書から指南されたのだから。続く。@yonda4 [報道災害〈原発編〉] 08/08 00:26


黒い家 (角川ホラー文庫)
9784041979020[黒い家] 読了。まず生保という設定が秀逸。たぶん設定は京大卒のサラリーマンの日常がじわじわと崩壊していく恐怖、一転して怒涛のサスペンス。登場人物一人ひとりに意味のある背景をもたせたディテール確かさ。。ラストの光明。傑作! 07/31 12:47


大江戸古地図散歩 (新人物文庫)
本は図書館で借りてばっかの僕ですが、これは久々買いました(^-^;都心のチャリンコ散歩にはもってこい。お薦めです!@yonda4 9784404039729[大江戸古地図散歩] 07/29 11:46


9回裏無死1塁でバントはするな(祥伝社新書234)
これ読んで少しは勉強してくれ、中日ドラゴンズ( ̄▽ ̄;)半ちん相手に三連敗は勘弁してよ。@yonda4 9784396112349[9回裏無死1塁でバントはするな] 07/27 21:08


クリムゾンの迷宮 (角川ホラー文庫)
久々に読書徹夜をしてしまったほど面白い!冒険のドキドキ感、修羅場のえぐさ、根本が読めないミステリー度と完成度高い。食屍鬼(グール)誕生のアイディアは思わず納得。ただしグロテスクではあるので万人受けはしない。@yonda4 9784041979037[クリムゾンの迷宮] 07/25 11:28


ルームメイト (中公文庫)
ミステリーで多重人格をネタにするのはややルール違反のような気がするが(推理的に何でもアリになってしまう)、とても素直な展開で読みやすく充分楽しめる。文庫本版のラストはあえて読者に任されているが、個人的には最後まで読むべし。@yonda4 9784122046795[ル-ムメイト] 07/22 22:28


隻眼の少女
古い因習の残る閉鎖的な村で起こる猟奇的な殺人事件、とどこか横溝正史風。が、主人公の美少女探偵・御陵みかげのキャラが漫画チックで、陰惨な割にどこか軽い感じ。オチはかなりやっちゃってくれて、読後感はよくない。おバカミステリー。@yonda4 9784163296005[隻眼の少女] 07/19 22:07


394件のデータ - 20ページ中20ページ