読んだ4!

さんの、読書記録

146件のデータ - 8ページ中1ページ

日本を捨てた男たち フィリピンに生きる「困窮邦人」 (集英社文庫)
日本を捨てた男たち 読了。 おもしろい。日本を捨てたのではなく日本が捨てられたのだ。@yonda4 08/13 21:20


1922 (文春文庫)
1922 スティーヴンキング 読了。 短編は過去に読んだことはあってもあまり楽しめなかったが、本編は別。1922はネズミが牛の乳首をまるで葉巻のように口からぶら下げた姿に、おののいた 07/29 04:56


アイ・コレクター (ハヤカワ・ミステリ 1858)
アイコレクター 読了。ハヤカワポケミスはじめて読んだ。ページが逆だったり面白い仕掛け。キャラにも魅力を感じた。とくに盲人の女性がよかった。一部訳が不自然で分かりにくいとこも結構あった。もっと読みやすくできないのかな。@yonda4 http://t.co/KK33mr3eKN 07/13 22:49


会社を辞めて海外で暮らそう―海外家族移住という選択 (クロスカルチャーライブラリー)
会社を辞めて海外で暮らそう 読了。オーストラリアに片寄った内容。下らない独り言が多い。いろんな人の体験談が興味深いが参考にはならない。東大とか研究者とか、逆にギタリストとか突飛な例は世界が違いすぎて、使えない。@yonda4 07/08 22:37


我ら糖尿人、元気なのには理由(ワケ)がある。 ――現代病を治す糖質制限食
我ら糖尿人、元気なのには理由がある。 読了。あまり新しい情報はなかったかな。。。@yonda4 06/20 22:16


中国人の嘘に騙されない7つの方法 読了。刺激的な題名だけどしっかりした内容。交渉方など面白い
[書名認識できず]
Googleで検索
中国人の嘘に騙されない7つの方法 読了。刺激的な題名だけどしっかりした内容。交渉方など面白い 06/09 21:27


鳥頭紀行 ジャングル編 どこへ行っても三歩で忘れる<鳥頭紀行> (角川文庫)
[書名認識できず]
Googleで検索
鳥頭紀行 ジャングル編 西原理恵子 確かに面白い。バブルっぽいところを探すのが面白い。鴨ちゃんが帰りしなプロポーズしたっていうエピソードが面白い。そのご鴨ちゃんは。。。別の意味で切ない。@yonda4 06/08 22:35


もう合コンに行くな―3時間で女をオトす恋愛戦略「ナンパマーケティング」 (ベストセレクト 783)
合コンにはいくな 読了。ナンパはできないけど読み物として面白い。完全自殺マニュアルみたいな感じ。@yonda4 05/28 19:43


天使の囀り (角川ホラー文庫)
天使の囀り 読了。 あいかわらず昆虫とかが詳しい。グロいけどグロだけが彼の売りでないことが後の作品でわかった 05/01 19:59


やせっぽちの死刑執行人 上(児童単行本)
やせゆく男 読了。 面白そうなのに訳が下手。わかりにくい。ポンドでいちいち体重書くのも不親切 04/11 19:59


雀蜂 (角川ホラー文庫)
雀蜂 貴志祐介 読了 途中まで面白いけど、後半は少しリアリティが。@yonda4 04/03 01:46


クラウドクラスターを愛する方法
クラウドクラスターを愛する方法 読了。 今回は家族がテーマ。女性視点の繊細な感じ方を表現させたら窪先生は天下一。@yonda4 01/24 19:05


手紙 (文春文庫)
手紙 東野圭吾読了。比喩が分かりやすいからかな。重いテーマなのに娯楽小説。文学性を感じられない。ノンフィクションのような印象。もうすこし奇妙なのが現実なのでは。@yonda4 01/15 01:52


いかしたバンドのいる街で (文春文庫)
いかしたバンドのいる街で 読了。短編集。ホラー書かせたら絶品。短くても面白い。描写と創造力には恐れ入る。 01/08 15:06


主食を抜けば糖尿病は良くなる!実践編―糖質制限食の応用法 (文春文庫)
主食を抜けば糖尿病はよくなる!2 読了。コレステロールとの関連性:みんななるものらしいがきにしなくていいらしい @yonda4 12/09 00:05


なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか (文庫ぎんが堂)
なぜあなたは愛してくれない人を好きになるのか 読了。 心理学をわかりやすく解説。心の穴。子供に開けてしまう。@yonda4 12/01 23:09


容疑者Xの献身 (文春文庫)
容疑者xの献身 読了。流行小説。直木賞を受賞するような文学性は感じられなかった。もちろんどんでん返しは面白いし、あっという間に読める。何も残らない。@yonda4 12/01 23:07


晴天の迷いクジラを読了。吸い込まれるようによんだ。どん底感がリアル。ラストは物足りない感じ。@yonda4
[書名認識できず]
Googleで検索
晴天の迷いクジラを読了。吸い込まれるようによんだ。どん底感がリアル。ラストは物足りない感じ。@yonda4 09/17 21:23


ハツカネズミと人間 (新潮文庫)
ハツカネズミと人間 読了。スタインベックさん、ノーベル文学賞とったのに、この後は傑作をかけなかったらしい。ハツカネズミと人間自体は、描写がかっこいい、描写に徹する。プロレタリアを感じた。@yonda4 09/12 20:52


ふがいない僕は空を見た (新潮文庫)
ふがいない僕は空を見た 読了。面白いから 他のも読んでみたい。@yonda4 09/06 12:12


146件のデータ - 8ページ中1ページ