読んだ4!

さんの、読書記録

21件のデータ - 2ページ中1ページ

東電解体―巨大株式会社の終焉
東電解体 01/23 15:58


食べテツの女
食べテツの女 11/23 09:15


高丘親王航海記 (文春文庫)
高丘親王航海記 不思議系の話で、頭がぐるぐるする。でも好き 09/21 12:04


小川未明童話集 (新潮文庫)
4101100012[小川未明童話集 (新潮文庫)] 07/15 08:02


二重人格 (岩波文庫)
4003261321[二重人格 (岩波文庫)] 06/21 09:37


賭博者 (新潮文庫)
4102010084[賭博者 (新潮文庫)] 06/21 09:36


仕事は楽しいかね?
4877710787[仕事は楽しいかね?] 06/12 17:10


古寺めぐりの仏教常識
古寺めぐりの仏教常識 05/10 22:12


雪国 (新潮文庫 (か-1-1))
A4101001014 09/23 18:01


楽園 下 (文春文庫)
4167549085[楽園 下 (文春文庫)] 08/22 11:13


楽園 上 (文春文庫)
4167549077[楽園 上 (文春文庫)] 08/22 11:12


売れるデザインのしくみ -トーン・アンド・マナーで魅せるブランドデザイン-
売れるデザインのしくみ デザインをする際にはトンマナが大事ということが伝わってきた。 05/02 10:23


なぜ夜に爪を切ってはいけないのか―日本の迷信に隠された知恵 (角川SSC新書)
なぜ夜に爪を切ってはいけないのか 迷信・俗信・言い伝えを紹介している本。1トピックがきっちり見開き2ページで、さくさく読めました。 03/03 13:42


ベジタブル京都―食べたかった!こんな野菜料理 (京都モザイク (008))
ベジタブル京都 この本があればビーガンの友人がいても大丈夫です。それにしても、一口に野菜料理といっても、洋食和食、カジュアルから高級なものまで様々あるんですね。私はお肉もお魚も大好きですが、野菜料理もすごく魅力的です。 02/28 22:36


アマゾンのロングテールは、二度笑う 「50年勝ち組企業」をつくる8つの戦略 (講談社BIZ)
アマゾンのロングテールは、二度笑う 企業の経営戦略について、実例を交えながら淡々と分析・解説しています。最後の2章がロングテールやインターネットに直接関連しています。特に最終章の「不完全戦略」と「疎結合」の考えは興味深いです。 02/28 02:02


吉を招く「言い伝え」縁起と俗信の謎学 (プレイブックスインテリジェンス)
吉を招く「言い伝え」 何と無く昔から言いつけに従っていた行為の由来がわかってすっきりです。 02/27 08:33


マズい日本語レストラン
マズい日本語レストラン 考えずにしゃべるとマズい例も言っちゃいます。おいしいにほんごの中では「頼りにしています」と「さすがですね」をスッと使えるようになりたいです。 02/20 04:17


ロングテール(アップデート版)―「売れない商品」を宝の山に変える新戦略 (ハヤカワ新書juice)
ロングテール インターネットによるヒットとニッチ、プロとアマチュアの立場の変化が鋭く分析されている。マスメディアのインターネット広告戦略が時々不自然に思えるのは、旧来のやり方を適用しようとして無理が出ているのかな。UCCのスパムとか。 02/08 02:36


かまわぬの手ぬぐい使い方手帖
かまわぬの手ぬぐい使い方手帖 読んだというより眺めた。手ぬぐい文化の奥深さと絵柄の豊富さがわかった。語呂合わせが好き。不苦労とか。 01/24 03:17


コーヒー1杯からわかる経済 (ちゃんと知りたい!)
コーヒー1杯からわかる経済 コーヒーは1/3しか出てこなかった。 01/22 20:46


21件のデータ - 2ページ中1ページ