読んだ4!

さんの、読書記録

851件のデータ - 43ページ中1ページ

千年ギツネ (おはなしルネッサンス)
4652013205 『千年ギツネ』「ん?」と思って読んだら漫画の『千年狐』と同じ『捜神記』をもとにした児童書でした。でも採用エピソードはほとんどかぶってなかった。宿に泊まると出てくる狐の妖怪さん、原著だとサソリっ… https://t.co/jrjZMcLFGo 08/17 18:53


MOTHER2―ギーグの逆襲 (新潮文庫)
4101166145 『MOTHER2』小説版久々に読みたくなって読みました。好きだったなあこれ。キャラ描写等にオリジナル要素が強めではありますが、1との描き分けとかポーキーを救うにはこれしかないとか、大人目線で改… https://t.co/0yY6mc9eIu 08/13 19:33


あららのはたけ
4035309508 『あららのはたけ』何の気なしに読んだらこれも書簡体小説でびっくりしました。来てるのか児童書に、書簡体小説ブーム・・・。こちらは女の子友達同士のやりとりが可愛く、それぞれの側で別々の物語がゆるっ… https://t.co/XVyRwWdFjy 08/10 19:40


この橋をわたって
4103858044 『この橋をわたって』新井素子と言えば文体の革命を起こした人ですが、今読んでもオンリーワンの文体だなあ~とほのぼの読みました。起承転結がロクにない話も面白いので小説がうまいってことなんでしょうね… https://t.co/6Jhb47CFr3 08/10 19:20


から揚げの秘密-ひぐまのキッチン (中公文庫)
412206743X 『から揚げの秘密』この先生の物語力ならこんな流行のゆる系連作短編じゃないやつ書いてもらった方がうれしいなあ、と面倒な感情を抱きつつ読んだんですが、ストレス要素一切なくお仕事エンタメになってて面… https://t.co/x1imU5taDT 08/07 23:57


大工道具の文明史: 日本・中国・ヨーロッパの建築技術 (歴史文化ライブラリー)
4642057749 『大工道具の文明史』ほぼ興味も知識もない分野なので一体どんなだろと読んでみた。斧の形状やら刃の形やらに文明の特徴や技術の発展が見えるというのはへええ~という感じ。古い絵巻物で大工さんが持ってる… https://t.co/SVRAzL3tq1 08/06 23:36


雲のむこう、約束の場所
4757725884 『雲のむこう、約束の場所』ノベルズ版読んでみました。映画の冒頭に出てきた成長した主人公、こんな恐ろしい勢いで全てを失ってたの!? これを本編で披露されてたら観客側にどんな悲劇が巻き起こるか・・… https://t.co/7Mqf1LQuuI 08/06 23:29


はじめての八十歳
4000244868 『はじめての八十歳』さすが押しも押されぬ八十歳、闊達かつ好き放題でいいわあと読んでたら文章はいつもフェルトペンで一発書きと記されててびっくりしました。江戸時代に行きたいって話には「山藤章二が江… https://t.co/7xCRaNS7X7 07/31 23:26


猫俳句パラダイス (幻冬舎新書)
4344984498 『猫俳句パラダイス』昨日読んだのは「著名俳人の猫俳句」だったのに対しこちらは「猫好きの俳人の猫俳句(大量)の中の秀句」なので猫の描写が圧倒的ガチで大変によかったです。子猫の章の可愛さの暴力すご… https://t.co/n7vSCYDyJr 07/29 23:01


猫踏んぢゃった俳句 (単行本)
4046533072 『猫ふんぢゃった俳句』有名な俳人の猫を詠んだ句を並べた本でした。本人が猫好きでも句風がいまいち猫と合わないとかがあるらしく、「一茶はさすがうまい」「子規は猫の句へた」みたいな比較的ズケズケし… https://t.co/EnQL9ExaNM 07/29 00:25


14歳からの政治入門
4838730616 『14歳からの政治入門』14歳とはついているけれどかなり易しいところから始まってて小学生くらいから読めそうな感じ。トランプ大統領がどうとか、前作の『お金の話』に比べてかなり今の情勢に言及してる… https://t.co/qharrTbMpO 07/28 23:53


そのツイート炎上します! 100万回の殺害予告を受けた弁護士が教える危機管理
4862555136 『そのツイート炎上します!』炎上対策は「まあそうだろうな」以上の内容はなかったですが、こんな炎上ありましたよね一覧みたいな第1章と、炎上と関係の深い諸氏との対談はある意味興味深かったです。いや… https://t.co/73r68TrvTK 07/28 16:09


教養としての将棋 おとなのための「盤外講座」 (講談社現代新書)
4065142598 『教養としての将棋』梅原先生がなぜに将棋?と読んでみたらこれが大層面白かった。考古学的観点からの将棋史、工芸品としての駒のこだわり、「観戦記」って観点から描くコンピューター発達後の将棋の激変、… https://t.co/lFK1KPtx1Q 07/28 15:45


淀川八景
4163910123 『淀川八景』この手の連作にしては漠然と負というか、もう一山ありそうなのになくて終わってる話ばっかだな・・・という印象。突き放された感じがいい余韻になってるものもあったんですけどね。「さよならホ… https://t.co/bD8NciGghG 07/27 14:41


手紙 ふたりの奇跡
4065155819 『手紙 ふたりの奇跡』児童書で! 書簡体小説! ヒュウ最高と思ってテンション高く読みました。ちょいちょいいじめやら図書館やらの得意のモチーフを挟みつつ、男の子の足を使った名探偵ぶりが好感度高か… https://t.co/o5Yh4T6Jmt 07/26 00:25


元気が出る俳句 (幻冬舎新書)
4344983394 『元気の出る俳句』編者の先生ホラーの人じゃなかったっけ・・・? と思いつつ読んでみた。古いの新しいの中くらいのが色々あって大変よかった! 戦後すぐくらいの人も楽しい句いっぱい詠んでんだな~。上… https://t.co/P9eyy0DQxw 07/26 00:16


河北新報のいちばん長い日 震災下の地元紙
4163744703 『河北新報のいちばん長い日』前読んだ本でお薦めされてて読んだんですが、いやこれは凄いわ・・・。報道の力と無力さ、被災者であり当事者ではない苦悩、新聞を成り立たせる”兵站”の流れ等、とんでもなく… https://t.co/KLOfa3Kud8 07/26 00:05


三体
4152098708 『三体』えらく評判なので読んでみました。この一冊で満足感はありましたが三部作か・・・原著では既に完結済とはいえ先長そうだな・・・。「三体」の題名の理由が明らかになる第二部の謎解きパートが激熱で… https://t.co/D225jFrZNR 07/23 20:30


物語は人生を救うのか (ちくまプリマー新書)
4480683518 『物語は人生を救うのか』そりゃ救うでしょうと思いながら読んでみた。虚構と非虚構(ノンフィクション)との受け止め方の違いが議題のメインで、人はなぜ現実に物語性を求めてしまうのかとかなぜ物語に「必… https://t.co/9qG0u5S3VF 07/20 22:44


しずかな魔女 (物語の王国 2-13)
4265057934 『しずかな魔女』作中作単品でもストレートで爽やかな友情物語としてよかったんですが、とにもかくにも外側の物語がよかった。メインの草子と深津さん以外に〈館長〉の小さなエピソードが加わってるのがすご… https://t.co/pplxRIKDdA 07/17 19:26


851件のデータ - 43ページ中1ページ