読んだ4!

さんの、読書記録

520件のデータ - 26ページ中1ページ

大きい犬 (torch comics)
4845851245 『大きい犬』『盆の国』が良かったので買ってみたんですが、私のためにあつらえてくれたようなSF(すこしふしぎ)短編集でした。何の説明もなく主人公が犬語を話しクラスメイトにキツネやウサギがいる非日常感と、あと犬のおしりの丸いフォルムがたまらない。 08/14 23:24


南風(みなみ)吹く
4334911773 『南風吹く』『春や春』のスピンオフだった!時間軸が同じとわかってテンション上がったのは事実ですが、知らない読者を当惑させるこういう売り方はやっぱ好きではないなあ。前作を加味せず読むとパンチ弱いし。「でもほんたうに~」の歌を掘り下げるのは正解続 08/10 20:16


紅城奇譚
4062206528 『紅城奇譚』まとまりのいい佳作でした。ちょっと『紅楼夢の殺人』思い出した。『死と砂時計』もですが、この人の作風なかなか命の価値の軽い舞台と合いますね。2話はケレン味ふんだんでよかったですが、他はまあ和風で本格ならこのへんの落としどころかな~。 08/10 20:12


怪魚を釣る (インターナショナル新書)
4797680067 『怪魚を釣る』先日知った怪魚ハンター氏ご本人の著書なんですが、いやー、面白かった・・・。思考錯誤の楽しさや、一つの事をひたすら求道すると多分野に通じてくってのを肌で感じる本でした。釣りきっかけで猟銃免許とったとか実に意味が分からなくて良い。続 08/07 23:18


貝と十字架―進化論者宣教師J・T・ギュリックの生涯 (東西交流叢書 (5))
4841900462 『貝と十字架』ほぼ日記と書簡の再構成という一見さんお断りな本でしたが、『歌うカタツムリ』でも紹介されてたカタツムリの歌の描写は詩的で最高でしたし、19世紀末の各地の文化や時事の描写がすこぶる面白い。まさか生麦事件のときに日本にいらしてたとは。 08/06 22:13


世にも美しい瞳 ハエトリグモ
4816360875 『世にも美しい瞳 ハエトリグモ』確かに宝石とも金属ともつかぬ光沢がとても綺麗。どこか王蟲の目に似てて、あいつ虫なんだなあと(クモは虫じゃないけど)思いました。「クモに目線をもらう」という言い回しと、業界内じゃ高度な技術らしい事実に何か笑った。 08/04 00:23


国立科学博物館のひみつ
4893088459 『国立科学博物館のひみつ』地球館編の方を先に読んだんですが、こっちも読みやすく濃密な本でした。あったのか、天井に、コンブ・・・!櫻井氏寄贈の鉱物群の中に彼の姓と名を冠した「サクライト」と「キンイチライト」があるとか、もう見に行くしかない情報。 08/02 22:55


ハエトリグモハンドブック
4829981490 『ハエトリグモハンドブック』門外漢にも偏愛力の高さが伝わる良ハンドブックでした。フカフカして結構可愛いしアリグモってほんとにアリっぽいんだなと感心。著者は日本に確実にいる105種のうち103種を見たそうで、あと2種ぜひコンプしてほしいですね。 08/01 23:44


歌うカタツムリ――進化とらせんの物語 (岩波科学ライブラリー)
4000296620 『歌うカタツムリ』これは紛れもない名著!伝説の歌うカタツムリから始まる進化論の研究史とそれを巡る人々が”螺旋のように”語られながら、研究史の太祖の亡霊と戦う筆者自身の物語に収束していった瞬間「ウオオオオ!」となりました。サイモン・シンの諸作続 08/01 00:15


こんとんじいちゃんの裏庭 (創作児童読物)
409289757X 『こんとんじいちゃんの裏庭』私の中で作者は「YAだとえぐるような球投げてくる人」という印象なんですが今作も手に刺さるような切れ味の主人公造形でした。認知症気味の祖父と病院、という設定は『奮闘するたすく』と同じなのにこうも変わってくるなんて。続 07/31 22:07


@yonda4『奮闘するたすく』またまはら三桃が賞受けするの仕上げてきたぞ!(ほめてる)と感心。決して綺麗事だけを描いてはいないもののほど良くキャラに富み希望のある展開は”子供に読ませたい”ど真ん中ストレートのような本でした。そんな中おじいちゃんの痴呆描写の丁寧さに技量を感じた。
[書名認識できず]
Googleで検索
@yonda4『奮闘するたすく』またまはら三桃が賞受けするの仕上げてきたぞ!(ほめてる)と感心。決して綺麗事だけを描いてはいないもののほど良くキャラに富み希望のある展開は”子供に読ませたい”ど真ん中ストレートのような本でした。そんな中おじいちゃんの痴呆描写の丁寧さに技量を感じた。 07/31 22:00


なみきビブリオバトル・ストーリー
4378015528 『なみきビブリオバトル・ストーリー』主役キャラごとに著者が違うアンソロ形式?なんですが、毛色の違う男子2人女子2人をそろえ、それぞれ個性に合った本のチョイスで、結果的に各話の読み口が各々違うのにまず感心。企画段階でよく練ったんでしょうねえ。続 07/31 21:03


リンちゃんとネネコさん (わくわくライブラリー)
4061957856 『リンちゃんとネネコさん』挿絵は猫なのに本文は猫らしき描写がない・・・!やや古風な語り口とおとぎ話的雰囲気がマッチしているので、人間でなく猫にしたのは正解とは感じるんですが、この英断下したの一体誰なんだろう・・・。なかなか出せないぞこの提案。 07/30 00:22


続き。映画で杏奈の性格を現代日本ナイズさせてああいう方向にしたのはまあ悪くなかった(えらそう)と思うんですが、原作じゃ「そりゃ言うのもしかたない」となる「ふとっちょぶた」発言や、謎解きの一助となるお爺さんの扱いなど… https://t.co/JI5QVDBkLU
[書名認識できず]
Googleで検索
続き。映画で杏奈の性格を現代日本ナイズさせてああいう方向にしたのはまあ悪くなかった(えらそう)と思うんですが、原作じゃ「そりゃ言うのもしかたない」となる「ふとっちょぶた」発言や、謎解きの一助となるお爺さんの扱いなど… https://t.co/JI5QVDBkLU 07/26 23:28


思い出のマーニー〈上〉 (岩波少年文庫)
4001141108 『思い出のマーニー』原作読了。現実世界になじめぬ少女が異界に呼びこまれてる感全開の前半は知らずに読んだら怖かろうなあ。原作アンナちゃんは結構深刻に人として大事な何かが閉ざされていて、その分殻がパチンと割れて人間味が出てくる後半の爽快感がいい。 07/26 23:21


三分間のアニミズム (ビッグコミックス)
4091895557 『三分間のアニミズム』絶対私の好きなやつだと買ったら大好きなやつだった。「初めて夏休みを体験する教室の椅子」や「人間が自分を持て余すのを見るのが好きな鏡餅」などチョイスが卓抜なのと、どいつも自らの身の上を嘆いてない人外感(造語)が最高でした。 07/26 21:28


茶の湯とイエズス会宣教師―中世の異文化交流
4784218637 『茶の湯とイエズス会宣教師』「アルメイダ」で検索したら出てきて読了。アルメイダさん、日本で初めて病院とカステラを作っただけでは飽き足らず、日本で初めて茶の湯を体験した宣教師なのか・・・!盛りすぎでは。パウロさんの追加情報も得られて僥倖でした。 07/26 00:06


南蛮医アルメイダ―戦国日本を生きぬいたポルトガル人
4760109080 『南蛮医アルメイダ』カステラ流れで読了。貴族出身元やり手商人で日本で初めて病院を建ててカステラも焼いた、って濃すぎるだろこの人と思ったら、元密教僧で日本の医学に長け余命わずかな身でアルメイダに協力した日本人のキヨゼン氏が死ぬほど濃くて仰天。続 07/25 00:56


カステラ文化誌全書―East meets West
4582828922 『カステラ文化誌全書』料理本っぽい外見と裏腹に、砂糖史小麦史欧州食文化史南蛮貿易史等あらゆるカステラに関わる情報を網羅した、知の怪物みたいな本でした。読破に10時間くらいかかった気する。カステラに関する史料と所蔵先一覧には「ヒエッ」となった。 07/20 20:00


ブッポウソウは忘れない
4591150976 『ブッポウソウは忘れない』研究室の描写はよかったと思ったんですが、何か思ったより謎部分に鳥が絡んでなかった。根本的にもっとゲスな作風(褒めている)なのに無理して書いたのかなという印象。サラッとまとまってるけど推理途中の言いがかり結構ひどいし。 07/17 14:58


520件のデータ - 26ページ中1ページ