読んだ4!

さんの、読書記録

776件のデータ - 39ページ中1ページ

デザイン・クリエイティブ業界を目指す人のための ポートフォリオ見本帳
484436829X 『ポートフォリオ見本帳』最初の広告業界のポートフォリオ群がこれがまあしゃらくさくて(ごめんなさい)、コンセプトを売る職種の人はこんな風に自分自身を宣材として切り売りしないといけないのか・・・と… https://t.co/zm5boQD9Xk 03/20 19:59


うたの動物記
4532167981 『うたの動物記』人気の生き物から聞いたことない生き物までいろんな詩・短歌・俳句があり楽しく読了。坪内稔典のカバの歌好きだなと思ったらこの人たんぽぽのぽぽの辺りが火事の人か! 著者が最後の最後に… https://t.co/bQ6Oi5rUjM 03/14 21:02


僕は金(きん)になる
4396635524 『僕は金になる』表紙から子供時代がメインかと思ってたんですが、思ったより早々に成長してしまいました。それぞれの方向にダメな父ちゃんと姉ちゃんの絶妙に嫌いにはなれないラインが良かったです。設定上… https://t.co/5oBMhOmzxO 03/13 23:29


少年小説大系27
438096549X 『少年小説大系27 少年短編小説・少年詩集』少年詩の方目当てで読んだんですが、短編小説の下畑卓「肩」が素晴らしい出物! 前後の戦意高揚に浸食された短編たちの中で1人鮮やかに極限での人間賛歌を描… https://t.co/doNtcroK4T 03/13 21:57


きみが好きだよ
4887470851 『きみが好きだよ』詩の風が吹いてきてるので読了。私やっぱり平明な詩が好きですね。人生に波瀾万丈がない(あるけど)人の詩が好き。この先生は家族思いで子供好きなところがなおいい。ただ他の詩集と併読… https://t.co/sXjCBVStGo 03/11 22:16


文字渦
4103311622 『文字渦』いやーすげー読むの時間かかったし作者の人一体何考えて生きてるんだろと思った。有名なルビが暴れ回ってる部分以外も存在するのかしないのかよく分からない文字の嵐で、作者の先生は自業自得だけ… https://t.co/3Zb62LQFBm 03/10 22:38


九月の恋と出会うまで
4104733024 『九月の恋と出会うまで』ふーんいかにもな映画原作、とスルーしかけて「松尾由美!!」と手の平返して読みました。さすがミステリファンタジーSF温かい話のどれ書かせてもうまい松尾由美、安定の完成度。… https://t.co/xeLwLEUjc5 03/10 22:15


オノマトペの謎――ピカチュウからモフモフまで (岩波科学ライブラリー)
4000296612 『オノマトペの謎』「キンキン」の使用の変遷、架空の擬態語「ノスノス」を幼児がわりと正しく選ぶ等色々面白かったんですが、一番は「モフモフ」の初出が2001年のシャーマンキング(※ただしパンを食べ… https://t.co/2mRdSAhQLJ 03/09 11:33


サイゼリヤのまちがいさがし
4405072728 『サイゼリヤのまちがいさがし』「ん?中身はお店の紹介なの?」と思ったら店の紹介しつつ間違いを探させるという攻めに攻めきった作りに敬意を表して買いました。今では禁じ手になってる所業を連発し地図す… https://t.co/j4GeVc0QhF 03/08 23:32


駒音高く
4408537349 『駒音高く』「こんな光の将棋の物語存在しうるの!?」と思いつつ楽しく読みました。私の持ってる将棋の引き出し三月のライオンとかハチワンダイバーとかだからなあ。将棋を指す人も指さない人も皆優しい連… https://t.co/GbKxayMoL5 03/06 19:51


カラス屋、カラスを食べる 動物行動学者の愛と大ぼうけん (幻冬舎新書)
4344985117 『カラス屋、カラスを食べる』開幕先生が謝ってる通りカラス度低めで看板に偽り感はある(※食べてはいた)んですが、その偽り部分のウミガメ話がすごくよかった! 月夜の砂浜でウミガメと手を取り合う若き… https://t.co/BJzQwdF9NX 03/04 20:10


しびれる短歌 (ちくまプリマー新書)
4480689168 『しびれる短歌』中高生向けなためか平易な歌多めで先生たち2人の会話も軽やかで非常に読みやすかったです。片方の先生が詠んだ歌をもう片方の先生が想定外の重い詠みしたりしてたの、実作者同士でもそうい… https://t.co/ifCDQAGJV5 03/04 19:34


海とジイ
4093865264 『海とジイ』連作短編と言うほど話間のつながりはなく、タイプの違うおじいさん3人のタイプの違う短編集でした。2話も単品では静謐なよい話だったんですが3話がYA文脈面で半端ない名作だったから一冊Y… https://t.co/Hj7dYQhHCp 03/02 12:56


大修館 現代漢和辞典
4469031097 『現代漢和辞典』買っちゃった。そんなに難しい字は求めてないので部首索引からの引きやすさでチョイスしました。1字ごとにページ数表記あるの意外と重要。最近はどこの辞典でも二色刷りがもうほぼスタンダ… https://t.co/88v294Cvxx 02/21 23:53


戦場のコックたち
4488027504 『戦場のコックたち』序盤は質のいい特殊状況日常の謎連作で、さすが創元、ミステリフロンティアの当たり作に近い読み口だわあと読み進めたら、物語がどんどん重厚さを増していき最後は1人の人生を追体験し… https://t.co/ycCDHtnSfX 02/19 23:12


ロボット篇 幽霊ロボット/ヴォミーサ (SFショートストーリー傑作セレクション)
4811325478 『SFショートストーリー傑作セレクションロボット編』心優しい人外に弱いので「お紺昇天」→「幽霊ロボット」の流れに泣きました。「ロボットも博士を愛し春の草」思い出した。やや古めの作家に気軽にアク… https://t.co/k4ozyqFPk0 02/16 23:13


シャーロック・ホームズたちの冒険
4488027172 『シャーロック・ホームズたちの冒険』有名人たちが名探偵になる『名探偵群像』的な短編集で、なかなか切れ味いいバカミス連作でした。赤穂浪士の討ち入りや小泉八雲のは真面目にやり切れば真面目なミステリ… https://t.co/clZrXNUeNn 02/15 21:43


新版 科学的とはどういうことか
4773502924 『新版科学的とはどういうことか』元は1977年の本なんですが、作中でも紹介されてる『立春の卵』同様に、時代を超えた科学の心に満ちた名著でした。ちょうど流行直後だった超能力やオカルト系の異常な熱… https://t.co/R6mfasVdyr 02/14 23:01


地図入門 (講談社選書メチエ)
4062586010 『地図入門』具体的な地図の読み方を学べる本じゃないんですが趣味人が凡百にはわからぬテンションの上がりどころを教えてくれる本は好きなので楽しく読みました。自然にできた地形は必ず美しいみたいな名言… https://t.co/2xGgwSuR5H 02/09 23:22


からすのやおやさん (かこさとしおはなしのほん)
403206220X 『からすのやおやさん』続編シリーズ読みました。レモンさん(!)の友烏の名前がイソちゃんである布石やオモチくん(!)がてんぷら修行をしてからそば屋に行く流れ、さすがの手腕。ただお年を考えるとしゃ… https://t.co/5KR8JTvWwu 02/09 23:12


776件のデータ - 39ページ中1ページ