読んだ4!

さんの、読書記録

494件のデータ - 25ページ中23ページ

時の娘 (ハヤカワ・ミステリ文庫 51-1)
4150727015 『時の娘』リチャード三世の骨発見に触発されて読みました。こういう話はやっぱ仮説出てからが熱いですね。140pくらいまでがんばったよ私は!知識ゼロでも面白かったけど、これの日本史版が読めたらさぞ面白いんだろうなあ。忠臣蔵あたりの立ち位置と見た。 02/13 22:28


光をめぐって―映画インタビュー集 (リュミエール叢書)
4480871691 『光をめぐって』やばいすごい面白い。蓮實重彦もインタヴュー相手の監督の作品も一切知らないのにこんなに面白く読めるのがまず面白い。異様なまでの作品の読み込みぶりと洞察力が相手の内省と多弁を引き出してるのかな。映画観てからもう一度これ読みたい。 02/10 13:30


ホームズの不思議な世界
4787292099 『ホームズの不思議な世界』ホームズ大して知らないのに読んだ私もアレなんですが、一体どんな読者を想定してるんだこれ、と読み進めるほど不安になりました。シャーロキアンでくくれるったってエッセイと物理トリック検証と歴史考察を全部拾う人っているのか。 02/06 21:24


スノーホワイト 名探偵三途川理と少女の鏡は千の目を持つ (講談社BOX)
4062838311 『スノーホワイト』おとぎ話という土台と奇矯なキャラ、あとワンアイデアが全部うまくかみあった印象。ママエちゃん可愛いし。比較のために前作読み返しましたが、今作のいい感じの疾走感は説明の冗長さがなくなったからかな。あと常識人ポジションまじで重要。 02/05 20:42


下駄の音―随筆集 (講談社文庫)
4061857010 『下駄の音』文章が肌に合うという感覚はまだ数回しか経験したことがないけど、この人の文章がそうならいいなと思う。どことなく泰然とした空気感とユーモアがにじみ出る感じがすごくいい。あと何気なく出てくる食べ物の地味な、ものすごく地味なおいしそうさ。 02/05 01:24


可笑記―武士はくわねど…… (教育社新書 原本現代訳 51)
4315401188 『可笑記』素晴らしい古文を見つけてしまいました。ほどよい短さ、言葉の難しくなさ、絶妙な教訓くささは徒然草に並ぶと思う。ありがとう教育社新書。これ評価されてないのは手に入りやすそうな東京出版版の妙な読みにくさのせいかな。何であんな読点多いんだ。 02/05 00:27


夢に見れば死もなつかしや―小説・木歩と声風
4046215526 『夢に見れば死もなつかしや』Wikipediaで偶然読んだ富田木歩の頁があまりに壮絶だったので読んでみた。声風との最期の場面は小説版よりWikipediaの方が趣深くていいですね。つい書きましたがWikipediaの記述に対して「場面」て。 01/31 22:14


皇帝の新しい服 (講談社ノベルス)
4061828584 『皇帝の新しい服』今更すぎる可愛いイラスト表紙に、石崎幸二一体どこへ行こうとしてるんだろうと遠い目になりました。描写がくどかったので血液型ネタになるのは予想がつきましたが、同様にくどかった胸パットネタが結局何にも生かされなかったのには驚いた。 01/30 23:09


人生は回転木馬―山崎陽子「朗読ミュージカル」の世界
4883155463 『人生は回転木馬』ショートストーリー集だと期待して読んだら脚本集だったのは予想外でしたが、これが案外よかったです。話自体はベッタベタでしたが、王道の強さってこういうものなんだなあ。素直な人間賛歌を感じました。あとオー・ヘンリーっておもろいな。 01/30 23:03


しあわせはいつもいま
4946491368 『しあわせはいつもいま』 きっとそこぬけに明るくておもろいおば(あ)ちゃんなんだろな、と作者の人柄が想像できるエッセイでした。人の悪口は何もなくて笑いがとれる文はよい文だ。でも過去の私はなぜこの本を図書館で予約したのだろう。グッジョブだけど。 01/17 21:40


毒吐姫と星の石 (電撃文庫)
4048700588 『毒吐姫と星の石』 恋愛ものとしては前作より今作の方が好きでした。エルザさんが王子見て固まった理由が判明したときは思わず王子目線で「一生大切にするよ!」と思ったし。しかし、前作読了時は気づきませんでしたが、ミミズクさん嵐のようにキャラ強いな。 01/07 00:25


毒吐姫と星の石 (電撃文庫)
4048700588 『毒吐姫と星の石』 恋愛方面の描写は前作より今作の方が好きでした。エルザが王子見て固まった理由が判明したときは思わず王子サイドに立って「この子一生大切にするよ!」と思ったし。あと前作読了時は気づかなかったけどミミズクさん嵐のようにキャラ強い。 01/07 00:22


雪蟷螂 (電撃文庫)
4048675230 『雪蟷螂』 何だろう、昔の古き良きコバルト文庫を思い出しました。樹川さとみ的な。ファンタジーなのに妙に設定が地に足ついてて硬派なあたり…? 二つの部族の死生観の対比とかもっと深くつっこんでも面白そうだと思ったんですがレーベル的に限界なのかな。 01/07 00:05


1357481523 『ミミズクと夜の王』よい愛の話でした。ところで私は、しがらみや理屈でがんじがらめになっている誰かを、愛とか本能とかのごくごく単純な、けど異常に強固なものでスッパリ断ち切るキャラがいたく好きなんですがこのジャンルをうまく言い表す言葉はないのか。
1357481523 『ミミズクと夜の王』よい愛の話でした。ところで私は、しがらみや理屈でがんじがらめになっている誰かを、愛とか本能とかのごくごく単純な、けど異常に強固なものでスッパリ断ち切るキャラがいたく好きなんですがこのジャンルをうまく言い表す言葉はないのか。 01/06 23:27


1357479500 『ガーデン・ロスト』私はこれを読むべき年頃を過ぎてしまったんだなあとしみじみ思います。現代ものそんな好きじゃないのもありますが、すごく淡々と読んでしまった。受験生時代読んだ同趣向の津田雅美の連作短編は心臓にくる勢いで身につまされたのになあ。
1357479500 『ガーデン・ロスト』私はこれを読むべき年頃を過ぎてしまったんだなあとしみじみ思います。現代ものそんな好きじゃないのもありますが、すごく淡々と読んでしまった。受験生時代読んだ同趣向の津田雅美の連作短編は心臓にくる勢いで身につまされたのになあ。 01/06 23:15


1357479500 『MAMA』 私疑似家族ものに弱いな!と改めて思いました。あとブレない人好き。表題作を読み終えた時点では、あの瞬間で終わるのがベスト、後日談なんか蛇足だ蛇足だと思ってたんですが、次の作品で実際に家族してる姿を見たら結構アリかもなと思いました。
1357479500 『MAMA』 私疑似家族ものに弱いな!と改めて思いました。あとブレない人好き。表題作を読み終えた時点では、あの瞬間で終わるのがベスト、後日談なんか蛇足だ蛇足だと思ってたんですが、次の作品で実際に家族してる姿を見たら結構アリかもなと思いました。 01/06 23:13


ペンギン、日本人と出会う
4163572007 『ペンギン、日本人と出会う』これはいいペンギン雑学本。日本におけるペンギン飼育の歴史が捕鯨の歴史と連動していたなんて初めて知りました。あと、皇帝ペンギンが世話焼かないと本当に何もしなくてあいつマジ皇帝って船員さんの談話に妙にキュンときた。 01/06 23:10


七時間目のUFO研究 講談社青い鳥文庫 245-3
4061487612 『七時間目のUFO研究』内容はさておきこの挿絵すごい。何がすごいって「テープを切って指にぺとっとつけ、ペットボトルロケット作ってる子に渡すお手伝い」なんて描きたくない度のすさまじい場面の絵を完璧に描いてる。思わず挿絵の人のファンになりました。 12/23 20:30


密室蒐集家 (ミステリー・リーグ)
4562048689 『密室蒐集家』良質のミステリ短編集のはずなのに、何かもやっとする。何故かと熟考して、犯人当て小説として読んでいるせいではないかと結論。これ犯人当てとしては限定条件足りないですよねたぶん? でも根底に流れる何かが犯人当てっぽい、きっとそのせい。 12/17 22:10


はとの神様
4087713970 『はとの神様』子供時代編のご都合主義でない結末と、それを経て祈るみなとと祈らぬ悟の対比がすごくいい。大人時代編でのユリカの不在に面喰らいましたが、考えれば考えるほど居ない方がいいんですよね。彼女単体の短編とかあればよかったのに。会うのは禁止。 12/17 21:45


494件のデータ - 25ページ中23ページ