読んだ4!

さんの、読書記録

600件のデータ - 30ページ中24ページ

女王
4062095645 『女王』作者の没後出版される作品にロクな物があるわけがないという圧倒的先入観で構えていたせいか、何か普通に楽しく読んでしまいました。けど延々「こんなに面白いのに最後どんなガッカリオチになるんだろ」と思い続けて読んだ分なぜか物足りなさを感じる。 11/07 22:41


伽藍堂の殺人 ~Banach-Tarski Paradox~ (講談社ノベルス)
4062990229 『伽藍堂の殺人』今回買ってないのでけなしませんが、図2つと殺され方だけで薄々わかった後は消化試合でした。察した時点で読み戻りましたが、前提として描写しておくべき最重要箇所に対する不言及が目立ちます。当てられないものが良いトリックではないのに。 11/05 21:27


4860202064 『世にも奇妙な職業案内増感号』小川洋子がほめてたので読んでみた。案の定面白い。紹介文が各1ページと短く、この微妙に「えっどういうこと」となる説明の不足感が逆にいい。サイコロ検査士の、20年で出た欠陥品は2個って一文はすさまじい物語性を感じた。
4860202064 『世にも奇妙な職業案内増感号』小川洋子がほめてたので読んでみた。案の定面白い。紹介文が各1ページと短く、この微妙に「えっどういうこと」となる説明の不足感が逆にいい。サイコロ検査士の、20年で出た欠陥品は2個って一文はすさまじい物語性を感じた。 10/26 23:36


複製された男 (ポルトガル文学叢書)
4779118344 『複製された男』原作読了。展開は珍しいほどほぼ同じなのに描写を削って意味深な映像足すだけであんなに読後感(じゃないけど)変わるなんてと感心。原作は世にも奇妙な物語っぽいよなと思ったところで十年以上前にトラウマを植え付けられた記憶の扉が開いた。 09/18 19:55


ゲーデルの定理――利用と誤用の不完全ガイド
4622075695 『ゲーデルの定理』正直に敗北を認めるため記録。アマゾンさんではわかりやすいって絶賛されてるのに、初めの2章を3回くらい読んでも何言ってるのかわからない。そもそも公理体系とは何ぞやレベルの人間にはまだ門戸が開かれる段階ではないのだと諦めました。 09/17 23:42


4895726757 『きがきじゃない』絵本。ちょうど隣に英語版が置いてあり、「これ『きのせい』とか『きにしないで』とかのダブルミーニングがいいのに、英語に直すと魅力半減だよなあ」と思った後によく見たら英語版が元と知って翻訳者のいる方の方角に向けて五体投地。感服。
4895726757 『きがきじゃない』絵本。ちょうど隣に英語版が置いてあり、「これ『きのせい』とか『きにしないで』とかのダブルミーニングがいいのに、英語に直すと魅力半減だよなあ」と思った後によく見たら英語版が元と知って翻訳者のいる方の方角に向けて五体投地。感服。 08/19 23:35


4488420024 『笑ってジグソー、殺してパズル』同じ更級丹希のシリーズですがこっちは初読。トリック自体あんま私の好きな類でなかったのもありますが、むせかえるほどの昭和のにおいが流石に辛い。もうちょっとすれば逆に古典として受容できるかもですが、まだ無理だなあ。
4488420024 『笑ってジグソー、殺してパズル』同じ更級丹希のシリーズですがこっちは初読。トリック自体あんま私の好きな類でなかったのもありますが、むせかえるほどの昭和のにおいが流石に辛い。もうちょっとすれば逆に古典として受容できるかもですが、まだ無理だなあ。 08/17 00:31


4488420017 『だれもがポオを愛していた』再読しました。論理と事件の構造は思い出補正以上に美しいの一言。○○(ネタバレ)の有無だけで手品のように犯人を絞る手際は歴史に残るクラスでした。けど語り手とニッキちゃんのやりとりの小芝居感は記憶がうまく補正かけてた。
4488420017 『だれもがポオを愛していた』再読しました。論理と事件の構造は思い出補正以上に美しいの一言。○○(ネタバレ)の有無だけで手品のように犯人を絞る手際は歴史に残るクラスでした。けど語り手とニッキちゃんのやりとりの小芝居感は記憶がうまく補正かけてた。 08/17 00:25


4199503849 『さよなら金太郎』謎のハルタっぽさはありつつ初短編集としては驚異の完成度でした。でもその分細かい不満。描き下ろしのお父さんの眼鏡はセルフレームじゃダメではないか。
4199503849 『さよなら金太郎』謎のハルタっぽさはありつつ初短編集としては驚異の完成度でした。でもその分細かい不満。描き下ろしのお父さんの眼鏡はセルフレームじゃダメではないか。 08/14 08:51


4163901046 『さよなら神様』神様の正々堂々とした悪意が本当に見事。最後笑うしかなかったもの。名探偵という枠を超えた圧倒的な機構を使い倒して話を構築している点で何故かスノーホワイトを思い出しました。今後出るとは思わないけど倒叙でもない新しいミステリの様式。
4163901046 『さよなら神様』神様の正々堂々とした悪意が本当に見事。最後笑うしかなかったもの。名探偵という枠を超えた圧倒的な機構を使い倒して話を構築している点で何故かスノーホワイトを思い出しました。今後出るとは思わないけど倒叙でもない新しいミステリの様式。 08/08 23:47


かえるくんどっちがどっち? (絵本であそぼ!いきものさがし)
752006626 『かえるくんどっちがどっち?』「トノサマガエルはやんちゃそう」という一言に「わかるかよ!」と叫びつつそのカエル愛にあふれた視線に何か魅了されました。今後の人生において何の役に立つか知らないけど私もうニホンアマガエルとモリアオガエルの見分けつく。 08/04 22:43


松谷警部と三鷹の石 (創元推理文庫)
4488420044 『松谷警部と三鷹の石』久しぶりに天藤真あたりの読み心地。でもどうしても限定の弱さを感じるのはついポオと比べてしまうせいかな。思い出補正まじりかもしれないけど、あの「私は今何かえらいもんを読んでしまった」という衝撃は私の人生でも類を見なかった。 08/04 22:14


樽 (創元推理文庫 106-1)
4488106013 『樽』根本はアリバイ崩しの典型なのに、意外に誰も怪しくないまま謎が深まっていく雰囲気、なかなかいい。ので他作に食指が動いたものの、私がクロフツ作品と思ってた、大富豪が飛行機で死んで甥が露骨に怪しい話(確か)がいくら検索しても出て来ぬのである。 07/31 22:32


あと少し、もう少し
4104686026 『あと少し、もう少し』「ダッシュ」との比較のために読みました。でも違うわこれ完全に別ジャンルだわ。同じ団体陸上競技をテーマにした青春小説でも、こちらは群像劇で連作短編で美しいファンタジーですね。優劣の問題ではなく全然違いました。まあ皆いい子。 07/25 23:06


ダッシュ!
4062189216 『ダッシュ!』村上しいこって低学年向けの本の人って印象だったので完全に油断してました。このヒリヒリした展開、全力で他人事の私ですらここまで「ヒイイ」と思わせるなんて。ちょっと今既読の他の青春陸上小説と比較せなと思うほど動揺とともに感心してる。 07/15 21:20


歯と爪【新版】 (創元推理文庫)
4488163041 『歯と爪』私の中の古典っていいなあ群が一つ増えました。この途中からわきあがる登場人物への「やりやがったこいつ!」感と「いいぞもっとやれ」感いいですね。あと弁護士の人のすばらしいまでの粘り腰に、再読時しみじみ「こんな頑張ってるのになあ」と思う。 07/14 21:45


機械探偵クリク・ロボット〔ハヤカワ・ミステリ1837〕 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)
4150018375 『機械探偵クリク・ロボット』半導体探偵の名前の元ネタらしく、興味持って読みました。まったく探偵ものじゃないけどこの独特のおっとりした感じいいですね。訳者の人の超頑張りっぷりと「ロボットというのはやはり頭が四角くなくては」というコメントも好感。 07/11 22:23


伝説のエンドーくん
4092905793 『伝説のエンドーくん』生徒主体の青春小説かな、六番目の小夜子的な、と読んだらまさかの教師視点連作。予想外でしたがこれは望外によかったです。大人の世界のドロドロは控えめですが、その軽みとファンタジー感がむしろよい。最後は皆とともに喝采しました。 06/26 23:35


半導体探偵マキナの未定義な冒険
4163900853 『半導体探偵マキナの未定義な冒険』スノーホワイトと踊る人形を足したような話だなあという印象でした。何らかのルールに則った相手をルールを推測しつつ倒すというのはジョジョ風かなと思いましたが、違うこれ一番似てるのアシモフの「堂々めぐり」だ。続く。 06/23 18:52


邪馬台―蓮丈那智フィールドファイル〈4〉
4103291419 『邪馬台』作者の絶筆を読みました。シリーズの初長編だけあって過去作の事件や人物続々登場の力作で代筆部分もほとんど違和感ない。問題は私が明らかに前作読んでいないことだけです。だからシリーズものを飛び飛びで読んじゃだめと言ったろうにと今反省会中。 06/23 18:36


600件のデータ - 30ページ中24ページ