読んだ4!

さんの、読書記録

553件のデータ - 28ページ中3ページ

ハエトリグモハンドブック
4829981490 『ハエトリグモハンドブック』門外漢にも偏愛力の高さが伝わる良ハンドブックでした。フカフカして結構可愛いしアリグモってほんとにアリっぽいんだなと感心。著者は日本に確実にいる105種のうち103種を見たそうで、あと2種ぜひコンプしてほしいですね。 08/01 23:44


歌うカタツムリ――進化とらせんの物語 (岩波科学ライブラリー)
4000296620 『歌うカタツムリ』これは紛れもない名著!伝説の歌うカタツムリから始まる進化論の研究史とそれを巡る人々が”螺旋のように”語られながら、研究史の太祖の亡霊と戦う筆者自身の物語に収束していった瞬間「ウオオオオ!」となりました。サイモン・シンの諸作続 08/01 00:15


こんとんじいちゃんの裏庭 (創作児童読物)
409289757X 『こんとんじいちゃんの裏庭』私の中で作者は「YAだとえぐるような球投げてくる人」という印象なんですが今作も手に刺さるような切れ味の主人公造形でした。認知症気味の祖父と病院、という設定は『奮闘するたすく』と同じなのにこうも変わってくるなんて。続 07/31 22:07


@yonda4『奮闘するたすく』またまはら三桃が賞受けするの仕上げてきたぞ!(ほめてる)と感心。決して綺麗事だけを描いてはいないもののほど良くキャラに富み希望のある展開は”子供に読ませたい”ど真ん中ストレートのような本でした。そんな中おじいちゃんの痴呆描写の丁寧さに技量を感じた。
[書名認識できず]
Googleで検索
@yonda4『奮闘するたすく』またまはら三桃が賞受けするの仕上げてきたぞ!(ほめてる)と感心。決して綺麗事だけを描いてはいないもののほど良くキャラに富み希望のある展開は”子供に読ませたい”ど真ん中ストレートのような本でした。そんな中おじいちゃんの痴呆描写の丁寧さに技量を感じた。 07/31 22:00


なみきビブリオバトル・ストーリー
4378015528 『なみきビブリオバトル・ストーリー』主役キャラごとに著者が違うアンソロ形式?なんですが、毛色の違う男子2人女子2人をそろえ、それぞれ個性に合った本のチョイスで、結果的に各話の読み口が各々違うのにまず感心。企画段階でよく練ったんでしょうねえ。続 07/31 21:03


リンちゃんとネネコさん (わくわくライブラリー)
4061957856 『リンちゃんとネネコさん』挿絵は猫なのに本文は猫らしき描写がない・・・!やや古風な語り口とおとぎ話的雰囲気がマッチしているので、人間でなく猫にしたのは正解とは感じるんですが、この英断下したの一体誰なんだろう・・・。なかなか出せないぞこの提案。 07/30 00:22


続き。映画で杏奈の性格を現代日本ナイズさせてああいう方向にしたのはまあ悪くなかった(えらそう)と思うんですが、原作じゃ「そりゃ言うのもしかたない」となる「ふとっちょぶた」発言や、謎解きの一助となるお爺さんの扱いなど… https://t.co/JI5QVDBkLU
[書名認識できず]
Googleで検索
続き。映画で杏奈の性格を現代日本ナイズさせてああいう方向にしたのはまあ悪くなかった(えらそう)と思うんですが、原作じゃ「そりゃ言うのもしかたない」となる「ふとっちょぶた」発言や、謎解きの一助となるお爺さんの扱いなど… https://t.co/JI5QVDBkLU 07/26 23:28


思い出のマーニー〈上〉 (岩波少年文庫)
4001141108 『思い出のマーニー』原作読了。現実世界になじめぬ少女が異界に呼びこまれてる感全開の前半は知らずに読んだら怖かろうなあ。原作アンナちゃんは結構深刻に人として大事な何かが閉ざされていて、その分殻がパチンと割れて人間味が出てくる後半の爽快感がいい。 07/26 23:21


三分間のアニミズム (ビッグコミックス)
4091895557 『三分間のアニミズム』絶対私の好きなやつだと買ったら大好きなやつだった。「初めて夏休みを体験する教室の椅子」や「人間が自分を持て余すのを見るのが好きな鏡餅」などチョイスが卓抜なのと、どいつも自らの身の上を嘆いてない人外感(造語)が最高でした。 07/26 21:28


茶の湯とイエズス会宣教師―中世の異文化交流
4784218637 『茶の湯とイエズス会宣教師』「アルメイダ」で検索したら出てきて読了。アルメイダさん、日本で初めて病院とカステラを作っただけでは飽き足らず、日本で初めて茶の湯を体験した宣教師なのか・・・!盛りすぎでは。パウロさんの追加情報も得られて僥倖でした。 07/26 00:06


南蛮医アルメイダ―戦国日本を生きぬいたポルトガル人
4760109080 『南蛮医アルメイダ』カステラ流れで読了。貴族出身元やり手商人で日本で初めて病院を建ててカステラも焼いた、って濃すぎるだろこの人と思ったら、元密教僧で日本の医学に長け余命わずかな身でアルメイダに協力した日本人のキヨゼン氏が死ぬほど濃くて仰天。続 07/25 00:56


カステラ文化誌全書―East meets West
4582828922 『カステラ文化誌全書』料理本っぽい外見と裏腹に、砂糖史小麦史欧州食文化史南蛮貿易史等あらゆるカステラに関わる情報を網羅した、知の怪物みたいな本でした。読破に10時間くらいかかった気する。カステラに関する史料と所蔵先一覧には「ヒエッ」となった。 07/20 20:00


ブッポウソウは忘れない
4591150976 『ブッポウソウは忘れない』研究室の描写はよかったと思ったんですが、何か思ったより謎部分に鳥が絡んでなかった。根本的にもっとゲスな作風(褒めている)なのに無理して書いたのかなという印象。サラッとまとまってるけど推理途中の言いがかり結構ひどいし。 07/17 14:58


すし図鑑
4839943389 『すし図鑑』何気なく読んだんですが読み応えありました。「超高」って値段表記がロマンあっていい。これ全部1人のすし職人さんに握ってもらった(そして恐らく全部著者が食べた)って事実も味わい深い。職人さんがもう握りたくないやつあるそうです。どれだ。 07/16 22:19


小さな魔法のほうき (fukkan.com)
4835442342 『小さな魔法のほうき』「メアリと魔女の花」の原作を読了。日常からヒョイッと異界に落とされる感覚や「大人の知らない真夜中の冒険」感、これはイギリスの「おしいれのぼうけん」ですね・・・。余韻の残る良話ですが映画にするには改変いるのはわかる。ただ続 07/11 22:45


木材の中世: 利用と調達 (考古学と中世史研究)
4862151485 『木材の中世』何となく読んだんですが、最後の竹に関する論考で「?」となりました。中世後期までは竹林はまだ畿内に数少なく、中国の先進文化を象徴する物で竹細工も一種の先進産業だったそうです。ってことは竹取物語って大分ニュアンス変わるんじゃ・・・? 07/02 21:19


木材の中世: 利用と調達 (考古学と中世史研究)
4862151485 『木材の中世』何となく読んだんですが、最後の竹に関する論考で「?」となりました。中世後期までは竹林はまだ畿内は少なく、中国の先進文化を象徴するもので竹細工も一種の先進産業だったそうです。ってことは竹取物語って大分ニュアンス変わるんじゃ・・・? 07/02 21:15


愛されすぎたぬいぐるみたち
4775526693 『愛されすぎたぬいぐるみたち』トイ・ストーリーでものすごくいい役射止められそうなのが何十体もひしめいてる上に1匹1匹の小話が完成されててもう滂沱の涙でした。100歳超えの古老も多数いる中で7、8歳勢の既に完成された貫禄と一言のカワイさがいい。 06/30 23:14


贈答と宴会の中世 (歴史文化ライブラリー 254)
4642056548 『贈答と宴会の中世』タイトルは日本接待史みたいな感じですけど先述の甘味類の情報もかなり充実してました。想像以上に昔は甘い物なかったんだなあ。宣教師達が酒飲める相手には葡萄酒、下戸には菓子を贈ってた、という一節には思わず「信長・・・」となった。 06/28 22:50


バベルノトウ 名探偵三途川理 vs 赤毛そして天使 (講談社タイガ)
4062940663 『バベルノトウ』面白かった!スノーホワイトの次くらいに好きかも。言語混乱という特殊状況下にダイイングメッセージをぶちこむという意味の分からなさ、実にいいですね。ダイイングメッセージを本気で扱う難しさを思うと投げっぱなしはいい意味で効いてた。続 06/24 20:23


553件のデータ - 28ページ中3ページ