読んだ4!

さんの、読書記録

649件のデータ - 33ページ中3ページ

よりみち3人修学旅行
4062205270 『よりみち3人修学旅行』よくある男子3人布陣とはずらしたキャラ造形や、見知らぬ人と接する危険性への配慮など、かなり今風に達者にまとめられてました。ただ風知の父親の振りまいてる毒が大人目線だとキ… https://t.co/FM0iTPLPs1 03/15 19:46


となりの火星人 (文学の扉)
4062832496 『となりの火星人』主人公の子の”ズレ”の描写がなかなか生々しい塩梅でちょっと背筋がうすら寒くなりました。物語中で変わるわけでもなくそういう自分を受け入れるって形はかなり今時。言い方悪いですが最… https://t.co/dXoY1q72Y8 03/15 19:38


なみきビブリオバトル・ストーリー2: 決戦は学校公開日
4378015536 『なみきビブリオバトル・ストーリー2』前作はストレートな物語でしたが、今作はしゃべりが上手い子下手な子織り交ぜつつ「ありがちな失敗」を軽いタッチで描いてて結構読みくちが違いました。うまいもんだ… https://t.co/2rLP4PpJru 03/14 23:48


ペンギンもクジラも秒速2メートルで泳ぐ―ハイテク海洋動物学への招待 (光文社新書)
4334034160 『ペンギンもクジラも秒速2メートルで泳ぐ』幾何学的に相似な動物は似た速さで動くって話をツカミに先生のバイオロギング奮闘記が書かれていて楽しく読みました。ただ「科学は役に立つかどうかで評価しちゃ… https://t.co/oS5YR4tpmQ 03/12 22:02


クモの糸の秘密 (岩波ジュニア新書)
4005005950 『クモの糸の秘密』趣味的で非常にいい本でした。「私何させられてるんだろう」って顔しながらいい子でクモの糸にぶら下げられてる先生の飼い犬の可愛さったら。恐らくは世界で初めてクモの糸にぶら下がった… https://t.co/ctmUFf36Xx 03/07 19:30


落語家と楽しむ男着物
4309278825 『落語家と楽しむ男着物』落語も着物も素養ないんですが何となく読了。若手イケメン落語家を揃えたのかと思いきや色んな体格の若い衆を集めて体格別の着方のコツやサイズ合わないお下がり着物の着方とかを紹… https://t.co/74vxMEGkMN 03/01 20:50


夢みる飛行船―イカロスからツェッペリンまで
4788700743 『夢みる飛行船』昔の飛行船の現代じゃありえない夢見がちな外観もよかったんですが、本業は文学者なのに隙あらば飛行船の小説とか紙芝居とか歴史本とか書いてる作者の生き様に一番惹かれました。「先生結局… https://t.co/hSj0XS7QZy 02/28 20:49


夢みる飛行船―イカロスからツェッペリンまで
4788700743 『夢みる飛行船』昔の飛行船の現代じゃありえない夢見がちな外観も非常によかったんですが、本業は文学者なのに隙あらば飛行船の小説とか紙芝居とか歴史本とか書いてる作者の生き様に一番惹かれました。「先… https://t.co/dHqdG1wU5b 02/28 20:45


我々はなぜ我々だけなのか アジアから消えた多様な「人類」たち (ブルーバックス)
4065020379 『我々はなぜ我々だけなのか』児童書だとよくある「先生のセリフで話を進める」形式、大人向けだと珍しい気がするなあと思いつつ読了。澎湖人の発見経緯の、ゾウの先生が「ん?」と思ってサルの先生に見せた… https://t.co/8yhUAXAbHt 02/27 20:14


ホタルの光は、なぞだらけ: 光る生き物をめぐる身近な大冒険 (くもんジュニアサイエンス)
477432177X 『ホタルの光は、なぞだらけ』「ホタルを食べてみた先生がいる」話に「自分は食べるのいやだったので飼ってるイモリに食べさせてみたらマズそうにしてた」エピソードが追加されてて爆笑。研究は知りたい気持… https://t.co/9qE768RsEL 02/21 23:40


恐竜はホタルを見たか――発光生物が照らす進化の謎 (岩波科学ライブラリー)
4000296493 『恐竜はホタルを見たか』生物にとって「光る」とは何を意味するのかが多角的に述べられてて興味深い本でした。深層水汲み施設行くと微生物がタダでもらえる、ある発光生物を専門の研究者に見せてもらいに行… https://t.co/DJAWDcAMLi 02/20 21:03


名探偵の証明 蜜柑花子の栄光
4488027644 『蜜柑花子の栄光』シリーズ最終巻でしたが事件は小粒でイマイチ。四つめのやつはそれなりに長編映えしそうに思うんですが、今時斬新ってほどではないから断念したのかなあ。祇園寺恋というキャラへの愛着に… https://t.co/Kah5aQvYAE 02/18 19:43


名探偵の証明 密室館殺人事件
4488027423 『密室館殺人事件』シリーズ1作目はわりと好きだった記憶があるんですが、今回はイマイチでした。あまりにトリックが杜撰って自分で言うなよ。あとこの作者と女の子の趣味が合わないようで、新キャラのヒロ… https://t.co/EGEUFKBgv0 02/17 22:51


豆腐入門 (食品知識ミニブックスシリーズ)
4889272372 『豆腐入門』私この入門シリーズの「系」がつかない本物の意識の高さと業界愛大好きなんですが、本作も非常にいい本でした。「今発明されていたらノーベル賞に値する」とか「大変魅力的な豆腐事業を狙う他業… https://t.co/CmSlLwg7lb 02/16 19:24


みんなのなやみ (よりみちパン!セ (01))
4652078013 『みんなのなやみ』何となく読んだんですが、私とはあんまり合わない人かな・・・。筆者自身も言ってはいますが父親としての目線が強くて質問に対しても「諭す」回答がやや多かった印象。改めて考えると『1… https://t.co/FnP5Ejat4v 02/13 21:41


アルテミス(上) (ハヤカワ文庫SF)
4150121648 『アルテミス』火星の人と同様に読みやすいハードSFでした。一人称が「あたし」の軽めの文体で宇宙都市が舞台ってことくらいしか共通点ないのにこんなに『星へ行く船』がフラッシュバックするなんて、新井… https://t.co/QKL1FEc0Qt 02/11 00:05


時計の科学 人と時間の5000年の歴史 (ブルーバックス)
4065020417 『時計の科学』時計の機構的な話は流し読んじゃったんですが時計の歴史を一通りさらってくれる良書でした。開花を計時に使う花時計は誤差30分くらいまでつめられるってのと、フライング判定で選手の反射が… https://t.co/CYMcWelgoP 02/08 23:05


『皇帝と拳銃と』作者初の倒叙とのことでしたが、さすがうまいですねえ。『恋人たちの汀』のクイーンばりの細かいロジックが特によかった。名探偵役の刑事もほどよく個性的で良かったですが、ビジュアルが完全に三月のライオンのあ… https://t.co/u8CsxuKlmY
[書名認識できず]
Googleで検索
『皇帝と拳銃と』作者初の倒叙とのことでしたが、さすがうまいですねえ。『恋人たちの汀』のクイーンばりの細かいロジックが特によかった。名探偵役の刑事もほどよく個性的で良かったですが、ビジュアルが完全に三月のライオンのあ… https://t.co/u8CsxuKlmY 02/06 23:53


きかせたがりやの魔女
4036460706 『きかせたがりやの魔女』子供向けながら洒脱な連作短編でした。善良でも邪悪でもない魔女たちがかわいいし終わり方がとにかくオシャレかつじわじわと「そうなんだ・・・」感がしみてきていい。内容は中学年… https://t.co/gA3WCSE2ME 02/03 09:29


お母さんの生まれた国
4406061851 『お母さんの生まれた国』カンボジア体験記としては面白かったんですが、「主人公兄妹の母親が難民だった」という設定は活かしきれてないかなという印象。お母さんが子供の頃に日本来たって設定なら、その当… https://t.co/DeARu1VjIh 01/30 20:07


649件のデータ - 33ページ中3ページ