読んだ4!

さんの、読書記録

939件のデータ - 47ページ中6ページ

教養としての将棋 おとなのための「盤外講座」 (講談社現代新書)
4065142598 『教養としての将棋』梅原先生がなぜに将棋?と読んでみたらこれが大層面白かった。考古学的観点からの将棋史、工芸品としての駒のこだわり、「観戦記」って観点から描くコンピューター発達後の将棋の激変、… https://t.co/lFK1KPtx1Q 07/28 15:45


淀川八景
4163910123 『淀川八景』この手の連作にしては漠然と負というか、もう一山ありそうなのになくて終わってる話ばっかだな・・・という印象。突き放された感じがいい余韻になってるものもあったんですけどね。「さよならホ… https://t.co/bD8NciGghG 07/27 14:41


手紙 ふたりの奇跡
4065155819 『手紙 ふたりの奇跡』児童書で! 書簡体小説! ヒュウ最高と思ってテンション高く読みました。ちょいちょいいじめやら図書館やらの得意のモチーフを挟みつつ、男の子の足を使った名探偵ぶりが好感度高か… https://t.co/o5Yh4T6Jmt 07/26 00:25


元気が出る俳句 (幻冬舎新書)
4344983394 『元気の出る俳句』編者の先生ホラーの人じゃなかったっけ・・・? と思いつつ読んでみた。古いの新しいの中くらいのが色々あって大変よかった! 戦後すぐくらいの人も楽しい句いっぱい詠んでんだな~。上… https://t.co/P9eyy0DQxw 07/26 00:16


河北新報のいちばん長い日 震災下の地元紙
4163744703 『河北新報のいちばん長い日』前読んだ本でお薦めされてて読んだんですが、いやこれは凄いわ・・・。報道の力と無力さ、被災者であり当事者ではない苦悩、新聞を成り立たせる”兵站”の流れ等、とんでもなく… https://t.co/KLOfa3Kud8 07/26 00:05


三体
4152098708 『三体』えらく評判なので読んでみました。この一冊で満足感はありましたが三部作か・・・原著では既に完結済とはいえ先長そうだな・・・。「三体」の題名の理由が明らかになる第二部の謎解きパートが激熱で… https://t.co/D225jFrZNR 07/23 20:30


物語は人生を救うのか (ちくまプリマー新書)
4480683518 『物語は人生を救うのか』そりゃ救うでしょうと思いながら読んでみた。虚構と非虚構(ノンフィクション)との受け止め方の違いが議題のメインで、人はなぜ現実に物語性を求めてしまうのかとかなぜ物語に「必… https://t.co/9qG0u5S3VF 07/20 22:44


しずかな魔女 (物語の王国 2-13)
4265057934 『しずかな魔女』作中作単品でもストレートで爽やかな友情物語としてよかったんですが、とにもかくにも外側の物語がよかった。メインの草子と深津さん以外に〈館長〉の小さなエピソードが加わってるのがすご… https://t.co/pplxRIKDdA 07/17 19:26


糸を出すすごい虫たち (ちくまプリマー新書)
4480683534 『糸を出すすごい虫たち』やっぱクモの話が一番わかりやすく面白かったかな。大学構内でクモが変な巣を作ったのでうれしくて全然クモ関係ない鯰の先生見に誘ったエピソードや先生が庭でクモの糸にぶら下がる… https://t.co/b3uZ8oSohC 07/16 23:49


色の濃い川
4861984335 『色の濃い川』気になってるタイミングで歌集の出版とカチ合うのって私の人生でもうないかもなと思って購入。何か大変だったらしいだけあって装丁が普通の本でお目にかかったことないほど凝ってる。一番気に… https://t.co/9BgAbY1VSv 07/16 22:55


手をつないだまま さくらんぼの館で
4041073901 『手をつないだまま さくらんぼの館で』へー青年と少女の疑似家族物、意外と見ない組み合わせだしいいんじゃん、と軽く読み進めてたら中盤の衝撃の展開に「ヒェッ」となりました。YAの土俵外での攻めた姿… https://t.co/ZwASrLhyNM 07/16 22:21


へそまがり日本美術 禅画からヘタウマまで
4065150469 『へそまがり日本美術』いい本でした!噂のお殿様の絵群は期待通りの画伯ぶりだったし、「流石に本人も自分が上手くないのはわかってたろうに、それでも下賜したのには何か意味があったのでは」や「床の間に… https://t.co/6ZE4iRcDN0 07/07 00:25


校閲ガール
4040663632 『校閲ガール』何となく読了。確かにドラマ化には向いてそうだなとは思うんですが、職業に対する意識が私とは全く合わなかったかな・・・校閲の人が内容に文句つけるのは仕事として違うんでは。1冊読んでも… https://t.co/CBbbnlKjE1 07/05 23:45


変体少女文字の研究―文字の向うに少女が見える
4062020718 『変体少女文字の研究』おすすめノンフィクションに挙げられてた1つを読了。丸文字の流行について、尼寺の感想帳やら筆者の父親が物置にしまってた(!)レポート群やらから「源流は漫画ではなく、昭和49… https://t.co/DEC8s0IZSD 07/05 00:18


ノンフィクション児童文学の力
4799902679『ノンフィクション児童文学の力』基本は日本のノンフィクション児童文学史でしたが、児童向けを超えたおすすめノンフィクション群が充実してました。アホウドリの先生とは別件で大学行ったとき偶然初めて会っ… https://t.co/xcEr6OJhuZ 07/04 22:56


ぼくらのセイキマツ
4652203063 『ぼくらのセイキマツ』舞台設定は1998年ですがノストラダムスの話以外はほとんど時代性はなく文章も清新で、サクサク読めた一方で何であえてこの時代設定? とちょっと思いました。ただスマホを手にし… https://t.co/qWEZGh3zs5 07/03 18:58


羊の告解
4863895038『羊の告解』最近ライトな数作を読んで警戒を解いてたら『カーネーション』クラスの渾身の剛速球にのけぞってしまいました。誰にでも起き得る匙加減が絶妙で、いい年した大人なのに「嘘でしょこれどうするのど… https://t.co/k2su5JV96M 07/03 18:46


火狩りの王〈二〉 影ノ火
4593100739 『火狩りの王』2巻め読了。灯子はいい子で煌四は賢く、双方問題行動をとらない結果話がサクサク進んで大変よかった。犬達が有能でイヌイヌしく可愛いのがよい。誰が火狩りの王となるのか、って命題も出てき… https://t.co/P3DZyJAmWw 07/02 00:35


大渋滞 (みちくさパレット)
4569788572 『大渋滞』渋滞につかまってからほぼずっと車の場面を描くのはワンシチュエーションの演劇か映画みたいでなかなか面白い設定。ただこの家族に愛着がわくかというとわかなかったかな・・・。いい話風でまとめ… https://t.co/CJ23lFoF0Z 06/28 18:57


クラバート
4037261103 『クラバート』前からちょっと気になってたのを読了。ファンタジー小説の一段階前の民話・説話みたいな感じだった。ドイツの伝説由来の物語らしく、愛が呪いに打ち克つってテーマだったんですが、よく考えた… https://t.co/bNCM0i6iVx 06/25 20:43


939件のデータ - 47ページ中6ページ