読んだ4!

さんの、読書記録

451件のデータ - 23ページ中9ページ

旗振り山
4779500761 『旗振り山』wikipediaで「旗振り山」の記事を偶然読んでからずっと読みたくてやっと読了。ある物事について研究レベルの知見を持ってるのが全世界でただ一人、しかも特に専門でもない趣味の人てのがただ圧巻。こういう学究タイプの趣味人になりたい。 04/17 23:36


ゴジラ音楽と緊急地震速報~あの警報チャイムに込められた福祉工学のメッセージ~
4636880773 『ゴジラ音楽と緊急地震速報』ゴジラよりむしろアイヌ音楽と縁が深い(アイヌ音楽の番組で知り合った人経由で依頼が来たとか)っぽいですが面白く読みました。あのチャイム、他候補にもっと怖いのや緊急性感じるのあったらしいんだけどどんなんだったんだろう。 04/16 22:32


吸血鬼はお年ごろ (集英社文庫)
4087465233 『吸血鬼はお年ごろ』吸血鬼でふと思い出して再読。お父さんが最近新装版で若い男前と化して三度見くらいしたのは記憶に新しいですが、記憶よりも隙のない頼れる御仁でした。若い嫁のために発電機調達してテレビ設置する甲斐性は見事。でも「初老」とはあった。 04/16 09:53


忘れられた子供たち スカベンジャー (ハートシリーズ)
4805815612『忘れられた子供たち』アジア最大のスラムに生きる子供達の姿を映画にした監督の撮影秘話、という内容説明を読み、これハズレなわけないわと読みました。最後の皆の現在紹介に「うわあん」みたいな気持ちになったんですが、何と更にその後も映画化してるそうな。 04/15 23:19


スコーレNo.4
4334925324 『スコーレNo.4』恋愛メインの1・2部は今一つだったんですが、お仕事中心の3部からよかったです。親しくもない同僚をごく自然にホテルに誘い自宅でベーグルを茹でるあの彼、引き出し多くて得体のしれないタイプは割と好みなんですが彼までいくと怖いな。 04/14 01:09


スポーツタイミング百物語
4583033303 『スポーツタイミング百物語』で、これが計時の神様の御著書です。構成は小ネタ集風なのにサラッととんでもないことばっか書いてある。「雪山に一人忘れて帰ったら膝を抱えて星空を見上げてた」「急な仕事引き受けたからお前結婚式やめないか」が個人的ベスト。 04/12 23:51


「世界最速の男」をとらえろ!: 進化する「スポーツ計時」の驚くべき世界
479421989X 『「世界最速の男」をとらえろ!』スポーツ計時という技術分野初めて知ったんですが、素晴らしすぎる裏方物語!東京オリンピックが日本企業の初公式計時参戦で計時の技術革新連発したとかもう熱いとしか言いようがない。筆者も述べてますがこれは語り継ぐべき。 04/12 23:37


ごちそうびっくり箱 (角川つばさ文庫)
4046314605『ごちそうびっくり箱』で、これが現在の私史上最大の「思い出補正かかってると思いきや今読んでもバリ面白かった」本です。「正体不明なごちそうへの憧れと想像」の記憶が私の中に残ってるせいだろうか。生ハムメロンは想像よりも美味しい物体だったよ過去の私。 04/11 19:54


これは王国のかぎ (角川文庫)
404103714X 『これは王国のかぎ』私の読書体験の中で最大級に思い出補正がかかってるであろう本+最近再読した『樹上のゆりかご』が正直古びてたので、まあもういいや思い出に貢ごうくらいの覚悟で買ったんですが、補正抜きで面白かった・・・! 嬉しい驚きでした。好き。 04/11 19:46


春や春
4334910254 『春や春』「女子中高生特殊部活もの」かつ「他視点型連作短編」という、ぶっこんできたな感高い構造でしたが、競技そのものの魅力が伝わってくる良作でした。ただ、各生徒で平等な描写を心がけたせいか、主軸2人のターンで物足りなさを感じた。特にトーコ。続 04/10 23:47


トリガール!
404731868X 『トリガール!』何と言うか悪い意味でなくトゲトゲしたところのない、素直なつくりの本でした。先輩勢がいいキャラしてる。「この爽やかサラダ野郎」とか「メガネには人望の厚いメガネと薄いメガネの二種類いる」みたいなピンポイントの名言が妙にツボだった。 04/06 23:27


猫丸先輩の空論 (講談社文庫)
4062761475 『猫丸先輩の空論』比較のために再読。やはり圧倒的に読後感が良く、謎の提示のしかたもバラエティ富んでて工夫されてる。けど私これ何回か「やっぱ『推測』の方が面白いな~」と思いつつ読んだ記憶があるんですが、今読んだら『推測』どんだけ面白いんだろう。 04/06 23:15


ライバル
4569818498 『ライバル』仲良し女子二人、一人は元からの俊才だがスランプに悩み、もう一人は実は類まれな素質を、って同じ構造だったのでもう比較するしかないと読んだ。正直こっちはイマイチだったんですが、これ明らかにロリロリ巨乳問題をはらんでる気がするなあ。続く 04/05 21:17


向かい風で飛べ!
4120045765 『向かい風で飛べ!』女の子たちの友情、才能を巡る物語、と王道のよい話だったんですが、目を引いたのは物語上の中ボスである「理解のない母親」の扱い方。「改心」まではまあよく見る展開ですがその後こういう方向でファインプレーを決めるの珍しい気がした。 04/05 21:01


風ヶ丘五十円玉祭りの謎
4488027318 『風ヶ丘五十円玉祭りの謎』演繹的な推理は好きな方なはずなんですが、何かあんまりノれませんでした。こういう系得意な作家と言えば私の中で倉知淳と西澤保彦なんですが、彼らは謎に見合うだけの真相のキテレツさ、あるいは読後感の良さが上手いんだなと再認。 04/03 23:42


トクサツガガガ 6 (ビッグコミックス)
4091875165 『トクサツガガガ』先日大人買いして新刊も買いました。話は短話完結ながら周囲の人間関係がきちんと発展してるのよいですね。すっかり常連化してるおもちゃ屋さんとか友達増えた(よかったね)任侠さんとか山男の人とか。チャラ彦もいいキャラになってきてる。 03/31 21:40


織豊期主要人物居所集成
4784215794 『織豊期主要人物居所集成』調べ物で読んだんですがいや面白かった。「○○年○月ここにいた」情報の羅列だけなのに何となく本人やその周辺の人となりと筆マメさが伝わりました。永禄年間の秀吉の城攻めマシーンっぷりと隙あらば連歌催してる細川藤孝ときたら。 03/30 23:48


生き物たちに魅せられて
4791768205 『生き物たちに魅せられて』筆者の知人であり恐らくガチの愛読者であろう人が解説で「これとこの話題は読んでもう知ってるけどこれは初めて読んで面白かった」とコメントしてて、「そうそれ!」と膝を打ちました。話自体は面白いんですが造りの誠実さの問題。続 03/19 00:23


私説 ミジンコ大全
4794967640 『私説ミジンコ大全』本業ジャズミュージシャンの人なのにこの傾倒ぶりすごいなと読んでたら、文中で「妙な人がいるなと思いました」と偉い先生にコメントされてました。そして何の説明もなくついてきたCD。神秘的で悠々として生命力を感じる、いい曲でした。 03/16 22:54


水産ねり製品入門 (食品知識ミニブックスシリーズ)
4889271023 『水産ねり製品入門』一緒に読了。こっちは完全に作る側目線のためかカニカマ個体への言及はほとんどありませんでした。「かまぼこの原料として生まれてきたような魚」って褒め言葉、著者としては最大級の賛辞なんでしょうが魚的にどうなんだろうなあと思った。 03/15 20:33


451件のデータ - 23ページ中9ページ