読んだ4!

さんの、読書記録

520件のデータ - 26ページ中9ページ

二本松少年隊のすべて
4404035683 『二本松少年隊のすべて』絶対的な分量の限界かメインは幕末の二本松藩史だったんですが、少年隊のことも網羅されてました。ある隊士の幼馴染で「お土産に首持って帰るね」と笑顔で去る彼を見送った女の子が後に別の隊士の妻になる、ドラマだなあと思ってたら続 08/25 23:26


マンガで読む戦国の徳川武将列伝
4864032084 『マンガで読む戦国の徳川武将』小和田哲男先生が監修なら間違いなかろうと買ってみたんですが、注釈がマンガではあるまじき誠実さだしマイナー家臣になるほど参考文献がガチだ・・・。家康のそっくりな異母弟の話は知ってはいたんですが内藤家長の兄なのか!続 08/24 22:54


リトルはろめんでんしゃ (ともだちだいすき)
4494091979 『リトルはろめんでんしゃ』まさかの紙芝居でした。図書カウンターの人が何も言わず「なぜこれを」て顔してた。折角なのでエア幼児に読み聞かせてみたんですが、結構手に汗握る話で、声音のアドバイスや抜き方の指示等の工夫もすごい。紙芝居文化を感じました。 08/23 23:23


あの午後の椅子
4560092427 『あの午後の椅子』永田家で食卓とその椅子が一体どういう意味を持つのか判明し、あの「あなたの椅子にあなたがいない」の歌の深層を悟って「ヒイ」となりました。作者は確か歌の背景は知らなくていい派なはずですが知ると威力が倍増する歌もあるんですよね。続 08/23 22:53


レミニという夢
4334911056 『レミニという夢』これミステリかなあ。1話で仕掛けの種明かしがされてしまうので、後は尻すぼみになっちゃいますね。おっとりしてるのは好みではあるんですが事件性の全然なさも痛い。最近ままある全能すぎ探偵の方向に舵を切ればよかったと思うんですが。続 08/21 22:49


トランプソルジャーズ 名探偵三途川理 vs アンフェア女王 (講談社タイガ)
4062940434 『トランプソルジャーズ』どんな壮絶な姉が出てくるやら恐々としてたんですが、似た者同士で仲良さそうですねこの姉弟(殺そうとしてるけど)。トランプ兵始め敵側(姉除く)がどこか呑気で可愛く、途中からそっちに肩入れして「何て非道な!」とか叫びました。 08/21 18:36


BIRDMEN 8 (少年サンデーコミックス)
4091273335 『BIRDMEN』8巻読了。前から面白く読んでたんですがホント面白いなあ・・・。今までいけすかないイケメン敵枠だったフォックスさん、私多分龍目先生と同じタイミングで「あっこの子悪い大人枠じゃなかったんだ」となった上に「この子」にシフトした。続 08/20 16:23


鬱ごはん 第2巻 (ヤングチャンピオン烈コミックス)
4253255582 『鬱ごはん』2巻読了。世間ではおひとりグルメ漫画が流行気味ですが、ここまで食に対する負の方向への関心の強さを描いたグルメ漫画は流石になかなかないでしょうね。スフレパンケーキという字面だけで美味しそうな物品に対する食べたくならない具合ときたら。 08/20 16:10


MM9-destruction-
4488018165 『MM9』3作目まで読んだ。私この作品の対象年代でも対象性別でもないんですが、若い男女の語彙の古さと性的なやりとりがただひたすらキッツい。最近読んでないけどラノベってこんなもんだっけ・・・。私怪獣は好きでもクトゥルフあんま好きじゃないらしい。 08/15 22:03


ソロモンの偽証 第I部 事件
4103750103 『ソロモンの偽証』映画観てたので「ビジュアルイメージ頑張ってたんだなあ、けどやっぱ省略多いな」と思いつつ読了。野田・向坂・佐々木の地味男子3名は足して闇要素抜いて2で割られた感あったし法廷の守護神ヤマシン君が削られたのは仕方ないながら残念。続 08/15 21:41


MM9
4488018122 『MM9』シリーズまず2冊読みました。1冊目は噂通りゴジラっぽく、地震程度の頻度で怪獣発生という非日常が日常になっている世界の公務員の皆さんの物語がとても好みだったんですが、2冊目はラノベかつクトゥルフな方向に行っちゃいましたね・・・。残念。 08/13 00:13


残穢 (新潮文庫)
4101240299 『残穢』映画版先に観てたのでそんな怖くもなく、「映画結構忠実だったんだなあ」と読みました。怪異について「自然現象である以上整合性はあってしかるべきだ」という記述に「し、自然現象かなあ」とは思ったんですが全てをロジカル捉えてる視点には何か納得。 08/12 23:53


少年たちの戦場 (文学のピースウォーク)
4406060219 『少年たちの戦場』古処誠二が稿を寄せてる時点で膝を正して読んだんですが、那須正幹はほんとさすがですね・・・。戦争の真の恐ろしさとは、餓えや殺し合いだけでなく、人間の根源的な何かが狂うことなんだってことを児童書で、しかも短編で書き上げてなさる。 08/10 19:45


ちがうねん
4861012333『ちがうねん』続編。つい英語の動画探して原文と比べたんですが「I stole it」を「とってきてん」「I will tell you where I am going」を「ないしょやで」と訳す可愛さ&罪の重さを目くらます感じたまらないですね。 08/08 21:06


どこいったん
486101199X 『どこいったん』関西弁で訳されてる絵本。素晴らしい効果を出してるとは思うんですが、こういうのって原作者の了解とるのかなあ。「雰囲気出すためにヨークシャー訛りにしていいですか(適当)」と言われたとして「はあ」以外のコメントできない気がするけど。 08/08 20:43


六の宮の姫君 (創元推理文庫)
4488413048 『六の宮の姫君』相当昔に最初読んだときは「大学生になったらこんなに本読んで論じられるようになるのか大学生パネエ」と震えてたんですが、今なら「こんな女子大生おるか」と力強く言えますね。途中から明らかに資料を追ってるのが作者になってて面白かった。 08/07 22:21


大久野島からのバトン (文学のピースウォーク)
4406060332 『大久野島からのバトン』このシリーズ及び腰で読んでるんですが、今作はかなり感心しました。主人公を現代の少女にしておいて本題であろう過去回想に持ってく形や、論争があるのには触れた上で自論を突き通す力、実話ネタ(多分)のパワーなど、技巧を感じた。 08/03 21:29


検証・三方ケ原合戦
4783894523『検証・三方ヶ原合戦』圧倒的なまでの史料収集と通りすがりの高校生にまで聞く現地調査、そして誠実な検証がとても素晴らしい。そのせいか結論が出ずじまいの問題もまあいくつかあるんですが、バッサバッサ「これは多分創作」と薙ぎ払ってくのは気持ちよかった。 08/03 20:26


おばけ、追いださないでください―おたすけ屋助太のぼうけん〈2〉 (ものがたりの庭)
4577044234 『おばけ、追いださないでください』予想通りメインカラーは黄色。地の藍色がかったインクとたまご色が非常にいい味でした。「おばけの大切な役目」という大きな物語も顔を見せたので続きが楽しみ。この本は色分けで5冊くらい続くと作品価値跳ね上がると思う。 08/03 19:35


大名行列を解剖する―江戸の人材派遣 (歴史文化ライブラリー)
4642056823 『大名行列を解剖する』内容は大名よりもアルバイトで行列参加してる人たちの研究メインな感じ。『諸大名登城之図』なる下馬先でダラダラしてる点目の人たちの絵がやたら可愛かったです。犬とかいるし。大学蔵の物らしいんですが、カラーで本物見てみたいなあ。 08/01 21:07


520件のデータ - 26ページ中9ページ