読んだ4!

さんの、読書記録

151件のデータ - 8ページ中1ページ

政と源 (集英社オレンジ文庫)
政と源 地元、友達、生涯の仕事 08/12 09:49


東京者がたり
東京者がたり 苦役列車しか読んでいないので、他の小説も読みたくなりました。 08/12 09:48


空飛ぶタイヤ(上) (講談社文庫)
空飛ぶタイヤ 池井戸さん最高です。三菱自動車の燃費の虚偽表示があったので、それを先に予見していたようで、素晴らしい。本のタイトルがもう少し硬派なもので良かったのでは。 08/05 14:47


虚構の殺人者―東京ベイエリア分署 (ハルキ文庫)
虚構の殺人者―東京ベイエリア分署 色々な刑事が出てきて面白いのだけれど、それぞれのキャラクターを憶えられない、、、。 07/22 18:39


十万分の一の偶然―長篇ミステリー傑作選 (文春文庫)
十万分の一の偶然 公募写真の罪です 07/20 12:32


同期 今野敏、宇田川刑事シリーズになるのかな
[書名認識できず]
Googleで検索
同期 今野敏、宇田川刑事シリーズになるのかな 07/13 18:56


半夏生―東京湾臨海署安積班 (ハルキ文庫)
半夏生 インフルエンザか!?というのが正直な感想ですが、安積班、それなりに面白かった。 07/01 16:11


写真展に、行ってきました。 これを読んだのは二回目かもしれません。小林さんの優しい文体が好きです。同じ世代なのでとても共感できます。
[書名認識できず]
Googleで検索
写真展に、行ってきました。 これを読んだのは二回目かもしれません。小林さんの優しい文体が好きです。同じ世代なのでとても共感できます。 06/23 15:04


自覚: 隠蔽捜査5.5 (新潮文庫)
自覚 隠蔽捜査5.5 短編だけれど濃い内容でした。戸高刑事が魅力的ですね。 06/23 15:03


ナミヤ雑貨店の奇蹟 (角川文庫)
ナミヤ雑貨店の奇跡 東野ワールド 06/18 11:05


二重標的(ダブルターゲット)―東京ベイエリア分署 (ハルキ文庫)
二重標的 東京ベイエリア分署 初めての安積班シリーズです。これから楽しみです。組織と個人。隠蔽捜査の原点というのもうなずけます。 06/17 17:51


マル暴甘糟 甘糟のキャラクターが今ひとつだけれど、シリーズで読んでいきたい。次に期待。
[書名認識できず]
Googleで検索
マル暴甘糟 甘糟のキャラクターが今ひとつだけれど、シリーズで読んでいきたい。次に期待。 06/13 07:35


55歳からのハローライフ ペットロスが良かった
[書名認識できず]
Googleで検索
55歳からのハローライフ ペットロスが良かった 06/13 07:34


見えざる網 SNSに支配されて行動。後半の謎解きをさらっとしてくれれば良かった。
[書名認識できず]
Googleで検索
見えざる網 SNSに支配されて行動。後半の謎解きをさらっとしてくれれば良かった。 06/09 14:46


宰領: 隠蔽捜査5
宰領: 隠蔽捜査5 大体同じストーリー展開なのに引き込まれてしまう。一気読み。 05/31 15:45


流離 吉原裏同心 (光文社文庫)
流離 吉原裏同心1 吉原の仕来たりなど深いですね。連作なので時々読もうと思います。 05/29 09:31


オレたちバブル入行組 以前読んだかな、、、?他の小説と混ざっているのか。面白かったです。
[書名認識できず]
Googleで検索
オレたちバブル入行組 以前読んだかな、、、?他の小説と混ざっているのか。面白かったです。 05/21 16:16


ラストナイト 薬丸岳 最後で一気に解決するけれど、ちょっと無理があった。それでも、更生という事がテーマになっているので重いけれど好きだ。
[書名認識できず]
Googleで検索
ラストナイト 薬丸岳 最後で一気に解決するけれど、ちょっと無理があった。それでも、更生という事がテーマになっているので重いけれど好きだ。 05/21 16:15


転迷: 隠蔽捜査4 (新潮文庫)
転迷 隠蔽捜査〈4〉 官僚によってこの国は動いているのですね。 05/15 12:17


ガーディアン 薬丸 岳 生徒によるSNSを使った自警団。あり得ないけれど、ありそうな話し。自分を助けてくれるのはリアルな友達。
[書名認識できず]
Googleで検索
ガーディアン 薬丸 岳 生徒によるSNSを使った自警団。あり得ないけれど、ありそうな話し。自分を助けてくれるのはリアルな友達。 05/13 12:54


151件のデータ - 8ページ中1ページ