読んだ4!

さんの、読書記録

129件のデータ - 7ページ中2ページ

江ノ島西浦写真館
江ノ島西浦写真館 タイトルにグッと来たけれど読んでみたら残念だった 10/29 15:51


ガラパゴス 上
ガラパゴス 大人の事情で賭けないような日本の経済の闇をリアルなフィクションとして読めました。恐ろしい。 10/19 13:48


Aではない君と いつも薬丸さんの小説には贖罪、更生ということを考えさせられる。ただ、ただ、向き合うこと。逃げないこと。その大切さに気づきます。
[書名認識できず]
Googleで検索
Aではない君と いつも薬丸さんの小説には贖罪、更生ということを考えさせられる。ただ、ただ、向き合うこと。逃げないこと。その大切さに気づきます。 10/12 18:39


アノニマス・コール
アノニマス・コール  薬丸さんおお話し段々とストーリーの展開が読めるようになってきましたが、それでも面白いです。 09/14 12:38


任侠学園 (中公文庫)
任侠学園 一気読みできました。ドラマになりそうです。 09/07 09:18


闇の底 児童性犯罪の連鎖。ストーリーに無理がありました。
[書名認識できず]
Googleで検索
闇の底 児童性犯罪の連鎖。ストーリーに無理がありました。 09/07 09:17


さよならドビュッシー まさかのラスト。主人公が入れ替わっていたとは。
[書名認識できず]
Googleで検索
さよならドビュッシー まさかのラスト。主人公が入れ替わっていたとは。 08/27 16:41


とせい 読みやすくて痛快
[書名認識できず]
Googleで検索
とせい 読みやすくて痛快 08/27 16:40


誓約
誓約 全く意外な結末でした。色々なし掛けはありますが、結局、変らず贖罪がテーマです。 08/16 19:06


流星の絆 (講談社文庫)
流星の絆 久々の東野さん。テンポ良く読めます。ラストも感動。 08/16 19:04


贖罪の奏鳴曲 (講談社文庫)
贖罪の奏鳴曲 御子柴弁護士登場 08/04 12:53


刑事のまなざし (講談社文庫)
刑事のまなざし 法務官という更生に関わる仕事から刑事に。重い罪と向き合う。 07/24 16:15


ヒートアップ (幻冬舎文庫)
ヒートアップ 麻薬捜査官の活躍 07/10 09:53


アウシュヴィッツの囚人写真家
アウシュヴィッツの囚人写真家 07/09 14:20


本所おけら長屋(六) (PHP文芸文庫)
本所おけら長屋6 お満さんと、万造さんの今後が気になります。 06/26 13:57


神の子 上
神の子 人は変れるんですよね。今年読んだ中でベスト小説です。 06/26 13:55


天使のナイフ (講談社文庫)
天使のナイフ 少年法、被害者と加害者、贖罪とは、刑法の不備を考えさせられる素晴らしいミステリーでした。 06/19 19:02


追憶の夜想曲 (講談社文庫)
追憶の夜想曲 リーガルサスペンスというジャンル、今まであまり読んでいなかったけれど面白かったです。 06/13 12:24


ハードラック (講談社文庫)
ハードラック 犯人のからくり、全く分かりませんでした。派遣社員からネットの闇へ。リアリティーがありました。 06/09 17:16


悪党 (角川文庫)
悪党 薬丸岳 犯罪被害者のこと、更生のこと。重いテーマですね。 06/04 12:44


129件のデータ - 7ページ中2ページ