読んだ4!

さんの、読書記録

175件のデータ - 9ページ中4ページ

家族という病 (幻冬舎新書)
家族 裁判員裁判の小説を読むのは初めてかもしれない。 01/28 19:20


スキップ・ビート! 40巻 ドラマCD付初回限定版 (花とゆめコミックス)
ビート ダンスと警察 01/19 19:03


本物のおとな論 人生を豊かにする作法
本物のおとな論 人生を豊かにする作法 01/19 19:03


任侠病院 このシリーズ面白いです
[書名認識できず]
Googleで検索
任侠病院 このシリーズ面白いです 12/18 16:09


季節風春 久々に重松清の短編
[書名認識できず]
Googleで検索
季節風春 久々に重松清の短編 12/18 16:08


顔FACE 似顔絵捜査官という職業
[書名認識できず]
Googleで検索
顔FACE 似顔絵捜査官という職業 11/11 10:51


江ノ島西浦写真館
江ノ島西浦写真館 タイトルにグッと来たけれど読んでみたら残念だった 10/29 15:51


ガラパゴス 上
ガラパゴス 大人の事情で賭けないような日本の経済の闇をリアルなフィクションとして読めました。恐ろしい。 10/19 13:48


Aではない君と いつも薬丸さんの小説には贖罪、更生ということを考えさせられる。ただ、ただ、向き合うこと。逃げないこと。その大切さに気づきます。
[書名認識できず]
Googleで検索
Aではない君と いつも薬丸さんの小説には贖罪、更生ということを考えさせられる。ただ、ただ、向き合うこと。逃げないこと。その大切さに気づきます。 10/12 18:39


アノニマス・コール
アノニマス・コール  薬丸さんおお話し段々とストーリーの展開が読めるようになってきましたが、それでも面白いです。 09/14 12:38


任侠学園 (中公文庫)
任侠学園 一気読みできました。ドラマになりそうです。 09/07 09:18


闇の底 児童性犯罪の連鎖。ストーリーに無理がありました。
[書名認識できず]
Googleで検索
闇の底 児童性犯罪の連鎖。ストーリーに無理がありました。 09/07 09:17


さよならドビュッシー まさかのラスト。主人公が入れ替わっていたとは。
[書名認識できず]
Googleで検索
さよならドビュッシー まさかのラスト。主人公が入れ替わっていたとは。 08/27 16:41


とせい 読みやすくて痛快
[書名認識できず]
Googleで検索
とせい 読みやすくて痛快 08/27 16:40


誓約
誓約 全く意外な結末でした。色々なし掛けはありますが、結局、変らず贖罪がテーマです。 08/16 19:06


流星の絆 (講談社文庫)
流星の絆 久々の東野さん。テンポ良く読めます。ラストも感動。 08/16 19:04


贖罪の奏鳴曲 (講談社文庫)
贖罪の奏鳴曲 御子柴弁護士登場 08/04 12:53


刑事のまなざし (講談社文庫)
刑事のまなざし 法務官という更生に関わる仕事から刑事に。重い罪と向き合う。 07/24 16:15


ヒートアップ (幻冬舎文庫)
ヒートアップ 麻薬捜査官の活躍 07/10 09:53


アウシュヴィッツの囚人写真家
アウシュヴィッツの囚人写真家 07/09 14:20


175件のデータ - 9ページ中4ページ