読んだ4!

さんの、読書記録

151件のデータ - 8ページ中5ページ

北斗 ある殺人者の回心 (集英社文庫)
北斗ある殺人者の回心 08/17 11:36


傍聞き (双葉文庫)
傍聞き 08/17 11:35


オレたちバブル入行組 (文春文庫)
オレたちバブル入行組 テレビドラマを見損なったので。 08/12 11:12


そして、警官は奔る (講談社文庫)
そして、警官は奔る 実際の警察ってこんな感じなのだろうか。あくまでも小説の世界なのか。法律とは、正義とは。いいテーマだ。 06/29 19:36


正義をふりかざす君へ
正義をふりかざす君へ 人間関係が複雑だけれど、後半一気に読めた。出世するには色々あるのですよ。 06/05 20:01


波の音が消えるまで 上巻
波の音が消えるまで バカラの場面が長すぎるけれど、いいか。 05/28 20:06


明日のマーチ (新潮文庫)
明日のマーチ ベタなのに、不覚にも泣いてしまいましたよ。 05/28 20:05


真夏の方程式 (文春文庫)
真夏の方程式 真犯人の設定にちょっと無理がありました。 04/07 18:42


赤い指 (講談社文庫)
赤い指 02/04 19:18


告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)
告白 読後、映画を見るべきかどうか悩ましい。 01/26 16:59


代理処罰
代理処罰 いいトリックなのだけれどリアリティーが無かった 01/10 17:13


ひまわり事件 (文春文庫)
ひまわり事件 11/26 08:38


川の深さは (講談社文庫)
川の深さは 10数年前に読んだということを忘れて二度目の読書。 11/26 08:37


出署せず (新潮文庫)
出署せず 保護司による息子殺しの小説が気になった。 10/16 19:26


人情馬鹿物語
人情馬鹿物語 川口松太郎が鳩ケ谷に住んでいた頃に書かれたものではないかと想像しながら読んだ。艶っぽくて、時代の匂いがして、素敵な小説です。 10/16 19:25


握る男
握る男 原宏一寿司が食べたくなりますね。 10/16 19:23


審判
[書名認識できず]
Googleで検索
審判 09/21 19:34


浅草のおんな (文春文庫)
浅草のおんな 09/21 19:34


きのふの東京、けふの東京
きのふの東京、けふの東京 09/21 19:34


だから荒野
だから荒野 09/12 11:18


151件のデータ - 8ページ中5ページ