読んだ4!

さんの、読書記録

175件のデータ - 9ページ中5ページ

本所おけら長屋(六) (PHP文芸文庫)
本所おけら長屋6 お満さんと、万造さんの今後が気になります。 06/26 13:57


神の子 上
神の子 人は変れるんですよね。今年読んだ中でベスト小説です。 06/26 13:55


天使のナイフ (講談社文庫)
天使のナイフ 少年法、被害者と加害者、贖罪とは、刑法の不備を考えさせられる素晴らしいミステリーでした。 06/19 19:02


追憶の夜想曲 (講談社文庫)
追憶の夜想曲 リーガルサスペンスというジャンル、今まであまり読んでいなかったけれど面白かったです。 06/13 12:24


ハードラック (講談社文庫)
ハードラック 犯人のからくり、全く分かりませんでした。派遣社員からネットの闇へ。リアリティーがありました。 06/09 17:16


悪党 (角川文庫)
悪党 薬丸岳 犯罪被害者のこと、更生のこと。重いテーマですね。 06/04 12:44


スプラッシュ マンション (PHP文芸文庫)
スプラッシュマンション 面白かったのにしっくり来ないのはなぜだろう。やはり佐々木さんの役どころがシリアスすぎるからかな。 05/09 10:47


オリンピックの身代金
オリンピックの身代金 2回目の東京オリンピックを控えたいま、この小説を読んでよかった。 05/04 15:06


震える牛 (小学館文庫)
震える牛 04/13 09:14


血の轍 (幻冬舎文庫)
血の轍 公安の事が少しわかりました。メモリーカードの販売で収賄とは。 03/30 09:29


虚夢 (講談社文庫)
虚夢 心神喪失状態と犯罪 03/20 13:54


逃走 (講談社文庫)
逃走 薬丸岳 他の作品で読んだか見たような読後感でしたが、楽しめました。 03/11 10:30


友罪 (集英社文庫)
友罪 贖罪、更生、過去ではなくて未来へ。 03/03 18:28


本所おけら長屋(六) (PHP文芸文庫)
本所おけら長屋 落語の世界ですね。 03/03 18:28


呪文
呪文 前半の商店街の衰退と活況までは良かったのだけれど、後半から洗脳されて行く課程が理解出来なかった。無理があった。クズ道、面白かったけれど。 01/17 15:52


タナボタ!
タナボタ 01/13 10:22


フリーター、家を買う。 (幻冬舎文庫)
フリーター家を買う 01/04 10:05


風が強く吹いている (新潮文庫 み 34-8)
風が強く吹いている 01/04 10:04


一路(上) (中公文庫)
一路 参勤交代行列は行軍也か 12/16 19:20


炎の塔
炎の塔 川口消防取材協力で、嬉しく思います。 12/05 18:43


175件のデータ - 9ページ中5ページ