読んだ4!

さんの、読書記録

1117件のデータ - 56ページ中51ページ

バイバイ、ブラックバード
バイバイ、ブラックバード 伊坂 幸太郎 ☆☆☆ ゆうびん小説がようやく単行本になった。郵送で届けられるなんて今の時代にはなんだか貴重でステキな試みだったと思う。届けられた物語を読んだ50人が羨ましい。さて、繭美=マツコと思ったのは私だけじゃなかったみたい(笑) 08/23 18:37


椿山課長の七日間 (朝日文庫)
椿山課長の七日間 浅田次郎 ☆☆☆ 浅田氏のコミカル&ほろりするジャンルの本。お盆ののんびりしたお休みに読むにはぴったりでした。 08/17 15:25


FUTON (講談社文庫)
FUTON 中島京子 ☆☆☆ 田山花袋をモチーフにした面白い構成の本。中島京子さんはとってもユニークな人ね。 08/16 10:36


人を喜ばせるということ―だからサプライズがやめられない (中公新書ラクレ)
人を喜ばせるということ―だからサプライズがやめられない 小山薫堂 ☆☆☆☆ 「サプライズ」って最近やたらと使われるようになって違和感、不快だったけど、これ読むとまあちょっと許せるかな。BSフジ、小山薫堂 東京会議、いつもボケっとみてるけど、やっぱ面白い。 08/12 12:57


パスタマシーンの幽霊
パスタマシーンの幽霊 川上弘美 ☆☆☆ 短編集22編。後半からは、年齢重ねた人には格別の趣が感じられると思う。-少し曇った朝ーがいちばんお気に入り。 08/11 13:50


facebook完全活用本
facebook完全活用本 田中 康英 ☆☆☆ 今日は一日、facebookとにらめっこ。自分の写真をアップしなきゃいけないけど、後回し。連携できるものは設定。「一般検索を有効にする」のチェックははずした。名前で検索されたとき、やっぱり自社サイトが優先されなきゃね 08/10 18:53


さようなら、コタツ (集英社文庫)
さようなら、コタツ 中島 京子 ☆☆ 短編集。たぶん、雑誌などの中の1編として読むと余韻が残るんだろうけど、まとめて読むとちょっと違う。短編集は、1篇ずつ、時間を置いて読んだ方がいいんだろうなぁ。(短編集は、暇なときには読んではいけないと悟ったのである) 08/10 10:08


結婚失格 (講談社文庫)
結婚失格 枡野 浩一 ☆☆☆ おなじみ書評家大森さんがとりあげていた本。著者の女々しさを強調していたけど、そのつもりで読んでみるとそこまでは感じなかったし、ユニークな構成(書評本なのに本の紹介が少しで物語風)の本で、面白くて楽しめる。 08/10 10:01


死ねばいいのに
死ねばいいのに 京極夏彦 ☆☆☆ 京極さんの本、はじめて読んだ。連作、連載小説で、最後の章は書き下ろし。ファンの人たちの評価はわかれているようだけど、なんとももどかしい人間心理、善と悪の2社択一ではない、これはミステリーではない物語。 08/06 10:32


小さいおうち
小さいおうち 中島京子 ☆☆☆☆ 途中、何で直木賞?って思いながら読んでいたけど、最終章でようやく納得が行きました。それぞれの登場人物の本当の気持ちは読者で想像する、そんなプレゼントをもらったような作品でした。(石川県がでてきたのも、なんとなくうれしい。) 08/01 20:35


ペンギン・ハイウェイ
ペンギン・ハイウェイ 森見登美彦 ☆☆ うーん、期待してた新刊だけに微妙・・・物語の映像イメージがどうもはっきり浮かんでこなかった。もっと奇想天外な話の方が創造しやすいね。私の頭の方がおかしいのかしら(笑)新興住宅地よりやっぱり京都を舞台にした話がしっくりするねー 07/31 10:43


夢をかなえるゾウ
夢をかなえるゾウ 水野敬也 ☆☆☆ 3年前のベストセラーをようやく読む。自己啓発本が苦手な私にもあっという間に読めました。テンポもよくキャラクター設定もおもしろいし。けど、やっぱり自分自身は自己啓発されていないぁ(笑) 07/19 10:40


iPadショック iPhoneが切り拓き、iPadが育てる新しいビジネス
iPadショック 林信行 ☆☆ なぜか買いそびれているiPad。可能性は秘めているもののアメリカのビジネスモデルまでは到達していないのが、日本の現状。日本独自のiPadサービスが現れることも楽しみだが、まだまだ海外ほどの活用は難しいのでは?とこの本を読んで感じた。 07/18 10:13


絶叫委員会―天使的な言葉についての考察
絶叫委員会 穂村 弘 ☆☆☆ ゆるーいふとした言葉回りのエッセイです。疲れた夜、寝る前に読むとちょっとだけくすっとしてほっとして寝れますね。本のタイトルのような過激な内容ではありません(笑) 07/18 10:08


痩筋力―確実にやせる筋トレ術 (学研新書)
痩筋力―確実にやせる筋トレ術 石井直方 ☆☆☆ 若い人には説得力がないかもしれないけど、老化を意識しだした人にはとてもよい本。スロトレ5つは、WiiFitにあるので、また再開しようと思う。あとはやる気の問題だけ!腰が回復したら秋までの3ヶ月間、頑張るのだ。 07/15 13:27


日本人の知らない日本語2
日本人の知らない日本語2 蛇蔵&海野凪子 ☆☆☆ 第1弾に続いて、またまた楽しませてもらいました。けど、日本人として日本語を楽しく学べる本でもありますね。へーと思うことがいっぱい。 07/12 20:47


生命保険のウラ側 (朝日新書)
生命保険のウラ側 後田亨 ☆☆☆ これで生保関連書3冊目、大変参考になりました。7月中に保険の見直しに行ってこようと思います。医療保険は不要論、理解したつもりだけどやっぱり小額でもかけておこう。体弱いし、歳だし(笑) 07/11 14:51


医療保険なんていりません! (新書y 224)
医療保険なんていりません! 荻原 博子 ☆☆ 保険よりこつこつ貯蓄の方がよい!と家計分野に強い荻原さんの弁はなるほどと思う。けど、保険と貯蓄って、わかっていても別ものって解釈してしまう。神頼み、お守りって良いイメージが付きすぎ。無駄に高いのに安心してしまう錯覚。 07/09 11:25


USTREAM 世界を変えるネット生中継 (ソフトバンク新書)
USTREAM 世界を変えるネット生中継 川井拓也 ☆☆☆ とにかくやってみなてということで、アカウントを取得。映像ソフトのプロデュサーを使った中継では、スクリーンキャスト機能でPCの操作などを配信することができるということ。これは使えるな、さて早速思案中。 07/06 15:12


単純な脳、複雑な「私」
単純な脳、複雑な「私」 池谷裕二 ☆☆ 池谷さん母校の高校での講演の内容だったので高1の息子に薦めたけど、結局読まないので、私が代わって読んだ(^^ゞ ただ私の年齢になると脳を退化させない、活性化するなどの脳本のほうが最適(笑)この本はぜひ、若い人にお薦めする。 07/02 08:51


1117件のデータ - 56ページ中51ページ