読んだ4!

さんの、読書記録

1008件のデータ - 51ページ中9ページ

もっと知りたい無印良品の収納
もっと知りたい無印良品の収納 本多 さおり ☆☆☆ 引越をきっかけに収納や家具などの雑誌をいろいろ読み漁ってとても参考になったが、無印良品関連の本はどれもシンプルで楽しくページが進む。定番で変わらないようで進化してます。そして断捨離も進めていかなくてはと痛感する。 12/09 18:23


悲素
悲素 帚木 蓬生 ☆☆☆ 実在の事件を元にした小説であるが、事件そのもののドキュメンタリーであり、知らされなかった事実が事細かに記された回顧録でもある。小説としては化学や医学に関して専門すぎる内容ではあるが、後世に残していくという強いメッセージも小説の力だ。 12/08 13:25


生還者
生還者 下村 敦史 ☆☆☆☆ ミステリーとして充分楽しめたが、硬派な山岳小説に恋愛模様は蛇足な気がしたのは女性目線での評価かしら。著者のミステリー作品、これから読んでみようと思います~ 12/02 18:25


消滅 - VANISHING POINT
消滅 - VANISHING POINT 恩田 陸 ☆☆☆ 久々の著者作品読了。連載小説としてとても待ち遠しい展開だ。長編ながら最後まで飽きさせず一気に読みきってしまった。それだけに結末がちょっと呆気無く残念な気もしたが、未来への希望も込められていると解釈します。 12/01 17:28


中野のお父さん
中野のお父さん 北村 薫 ☆☆☆ 娘とお父さんのほのぼのさが微笑ましい。こんなお父さん欲しかったわー(笑)しかし、マラソン編は代理受付は出来ないはずとエントリーの違いの推理もちょっと無理があるかなーと市民ランナーには違和感ありだけど、まあそこはおじさん愛で帳消しに 11/27 10:41


我が家のヒミツ
我が家のヒミツ 奥田 英朗 ☆☆☆ どの短編もほのぼのとして、優しい気持ちになれる。寝る前に1編読むのが丁度良い長さと疲れを癒やすそんな作品ですね。伊良部シリーズ、また書いて欲しいです!(笑) 11/20 15:16


プラージュ
プラージュ 誉田 哲也 ☆☆☆☆ 静かな時間が流れているのに、悲しみや無力さ、さまざまな感情が入り乱れてちょっと苦しい気分にもなるけど、優しさにも満ちている不思議な作品だった。最後はハラハラドキドキ感とそしてミステリーとしての謎解き。いろいろな要素が詰まった物語。 11/12 18:32


ヨーコさんの“言葉”
ヨーコさんの“言葉” 佐野 洋子 ☆☆☆☆ NHKでも放送されていたヨーコさん、なんども読み返しが出来て最高!普通のおばさんのイラストと文章がマッチして同感しきり。今抱えている表現できない気持ちを代弁してくれているそんな強い見方でもある。続編発刊を希望! 11/10 10:09


まけるもんか 正義のセ
負けるもんか 正義のセ 阿川 佐和子 ☆☆☆ シリーズ第4弾。今回は関西に舞台を移して、検事ものにも関わらず、ますますゆるくなった感はあるものの最後には元気になれる小説ですね。どうも主人公のキャラが著者に被りながら読んでしまうのは私だけ!? 11/06 18:40


立ちそばガール! そば このファストで奥深い世界
立ちそばガール! そば このファストで奥深い世界 イトウ エルマ ☆☆☆ そば通の高級そばではなく、安くて早くて天ぷらも一緒に気軽に食べられるそばのイラスト付き紹介本。東京に行かなきゃ食べれないのが残念だが、おやつ代わりにも行けそうなので今からインプットしておく。 11/05 16:10


終わった人
終わった人 内館 牧子 ☆☆☆ 予想が付く展開とはいえ、流れが早くてあっと言う間に一緒に駆け抜けた感し。そう、終わってみれば、みんな同じ最後なのだと気付く年頃になったものの、それを達観するにはまだまだ掛かりそう。私の周りも盛んに同窓会流行りだけどまだ行かない(笑) 11/04 18:19


教科書では教えてくれない日本文学のススメ (楽しく学べる学研コミックエッセイ)
教科書では教えてくれない日本文学のススメ 関根 尚 ☆☆☆ かなりデフォルメされている感じもするけど、また新たな視点?で再読してみようという気にはなるかな。しかし、まだ本も読まないでこの本で作者を知って読むとどんな感じになるんだろう。ちょっと心配だったりして(笑) 10/30 12:34


居酒屋ぼったくり〈2〉
居酒屋ぼったくり〈2〉秋川 滝美 ☆☆☆ ほのぼの系シリーズもの。お酒は飲めないのであまり参考にならないけれど、料理は簡単で手軽に出来るものが紹介されていて楽しみの一つ。今回は、餃子に料理用紹興酒を入れるとコクが出るって新しい情報。早速やってみようと思う。 10/27 19:23


ダース・ヴェイダーと仲間たち
ダース・ヴェイダーと仲間たち ジェフリー・ブラウン ☆☆☆ 第4弾。かなりマニアックな内容でちょっとかじりのファンにはわからないところもあったりして・・・それでもたくさんの仲間が描がれていて絵は最高です。ヨーダは出ないのかしらと思ってたらちゃんと最後に出てました 10/24 14:34


天空の蜂 (講談社文庫)
天空の蜂 東野 圭吾 ☆☆☆☆ 17年前の発売された本が今、話題になっている原発絡みの本。たぶん震災の前に読んでいたら絵空事としか思えないことが、リアリティに変わるとはなんとも皮肉なことだ。著者のミステリーだけにとどまらないそれぞれの人間模様が深く伝わってくる秀作 10/22 13:32


スカラムーシュ・ムーン
スカラムーシュ・ムーン 海堂 尊 ☆☆ シリーズ・伏線ものとはいえ、やたらと長くダラダラ感強く今ひとつでした。ナナミ嬢さんの文体がどうも歳のせいか受け入れにくく幼稚過ぎてなんか違和感ありで少々、お疲れ読後感。 10/17 16:47


マイストーリー 私の物語
マイストーリー 林 真理子 ☆☆☆ 2つのしたたかな女の物語。朝日新聞で連載していたとのこと。購読していたら明日の新聞が楽しみになってたこと請け合い!ドツボにはまっていくベタな太田さんの展開もある意味爽快(笑)自分史という大きなテーマもお忘れなく最後に残ります。 10/13 17:03


「無印良品」ですっきり片づけるデスク整理法
「無印良品」ですっきり片づけるデスク整理法 柳沢 小実 ☆☆☆ ちょうど引越で、飽和状態のデスクまわりをリセットしたかったので、とても参考になった。そして10%割引週間とあって、思い切っての即買い!さて効率よく仕事がこなせるようになるか使い方にかかってます~(汗) 10/11 13:25


長いお別れ
長いお別れ 中島 京子 ☆☆☆☆ 認知症を廻る家族の物語。最後までコミカルで重くならないようなテイストかと思ったが、どんどん深く入り込み、そして粋なエンド。人生の終わりまで家族としての繋がりは続いていく。妻と娘(私)の温度差が、自分に切実に迫ってくるリアル感なのだ 10/09 14:59


クール・ジャパン!? 外国人が見たニッポン (講談社現代新書)
クール・ジャパン!? 鴻上 尚史 ☆☆☆☆ NHKの大好きな番組の一つである。テーマによって面白い度は変わるが、日本を客観的に見れるし、この本でさらにいろいろなことが見えてきて興味深かった。これからもマンネリ化しない多彩なテーマで放送を続けて欲しい。 10/07 18:59


1008件のデータ - 51ページ中9ページ