読んだ4!

さんの、読書記録

1808件のデータ - 91ページ中1ページ

ひとりぼっちを笑うな (角川oneテーマ21)
@yonda4 4041018110 ひとりぼっちを笑うな 蛭子能収 蛭子さんは変人と言われてるがそうかなぁ?書いてある事は真面で9割方賛同できる。群れるのが苦手で自由でいられるお金を稼ぐ為、オファーはほぼ断らずに受け、期待に添えるよう努力する。ギャンブルも節度を守ってるし。 09/23 12:37


なかなか暮れない夏の夕暮れ
@yonda4 4758413002 なかなか暮れない夏の夕暮れ 江國香織 この世でいちばん好きなのは姉だが、彼女が遠くへ行っても引き止めることはない。誰も縛らず誰にも縛られない彼は、自由な代わりに独りだが不幸ではない。多分そばにいつも本があるからだろう。こんな男、ヤダ! 09/16 15:55


文豪と暮らし~彼らが愛した物・食・場所~
@yonda4 4881442325 文豪と暮らし 47名の文豪が愛した物・食・場所についての写真付き解説 47名も?と細かく見たら、この人は違うでしょ?が何人もいた……大佛次郎宅には猫が十数匹もいて、小言を言った時の女中さんの答えが秀逸!このエピソードだけでも値打ちがあるな。 09/04 20:45


鏡の迷宮 (集英社文庫)
@yonda4 鏡の迷宮 E・O・キロヴィッツ ルーマニアでは相当売れてる著者が、初めて英語で書いた作品。嘘と記憶違いが交錯し事実は藪の中……かなり上質のミステリーで、これが売れたら次作も邦訳されるかな?楽しみです。 08/30 11:42


夜の夢見の川 (12の奇妙な物語) (創元推理文庫)
@yonda4 4488555055 夜の夢見の川 スタージョン・チェスタートン他による12の奇妙な物語 不条理で恐ろしい話ばかり……特にクリストファー・ファウラーの「麻酔」(歯科医院での話)には震え上がった。10月に定期検診の予約をしてるが、キャンセルしたくなって来た…… 08/29 17:09


閉じられた棺 (クリスティー文庫)
@yonda4 4151301054 閉じられた棺 ソフィー・ハナ ポアロシリーズ公認続編 こんな殺害動機は空前絶後では?イヤなキャラばかりで、感情移入も理解も出来ない。ポアロの世界でのみ成立するミステリー?……ヘイズティングズがいないのが残念だけど、ここに彼の居場所はないな。 08/28 12:24


007 逆襲のトリガー
@yonda4 4041042127 007逆襲のトリガー アンソニー・ホロヴィッツ イアン・フレミング財団公式認定 1957年のボンドは、こう云うミッションをこなしていたか……面白くて一気読み。ボンドの女性観がリアルに書いてあるが、美しくない女は残酷なまでに論外みたい…… 08/27 16:32


とるとだす
@yonda4 4104507237 とるとだす 畠中恵 しゃばけ短編5 父の藤兵衛が複数の薬を飲まされ意識不明の寝たきりに!米国では「3種類以上の服用は、体内でどんな化学作用を起こすか分からないので危険」とされてるそうだ(日本では平気……)解毒の為に一太郎も妖も大苦労。さて? 08/26 13:54


英国諜報員アシェンデン (新潮文庫)
@yonda4 4102130292 英国諜報員アシェンデン モーム 連作短編 モームが諜報員だったのは有名な話。これは体験・見聞・創作で成立した作品では?真ん中辺から俄然話が面白くなり、その部分こそ創作では?「英国紳士」は独立した中編小説にしたら良かったのにと勿体なく思う…… 08/23 17:25


デーミアン (古典新訳文庫)
@yonda4 4334753558 デーミアン ヘッセ ドイツの思春期少年は、百年前でもこんなに知的で深い精神生活を送っていたの?と驚き。二人にはBL風味も少し感じる……デーミアンはあの後戦死したのでは?キリスト教についての素養がない私には、エヴァ夫人について理解出来ない。 08/22 18:12


深読みジェイン・オースティン―恋愛心理を解剖する (NHKブックス No.1246)
@yonda4 4140912464 深読みジェイン・オースティン 廣野由美子 オースティンの全作品の解説 「高慢と偏見」と「分別と多感」しか読んでないので、他にもこう云うのがあるの!と面白かった。未読も含めて「認知の歪み」を念頭に置いて読み返してみたい。しかし、鬱陶しい時代だ。 08/21 13:41


影裏 第157回芥川賞受賞
@yonda4 4163907289 影裏 沼田真佑 157回芥川賞受賞作 文章力描写力のレベルの高さに驚き。これがデビュー作だなんて……ちょっとミステリー要素もあり一気読み。知ってるはずの人物の裏の顔が……次作を楽しみにしています。 08/19 20:57


名探偵ホームズ全集 第三巻――悪魔の足 黒蛇紳士 謎の手品師 土人の毒矢 消えた蝋面 黒い魔船
@yonda4 4861826160 名探偵ホームズ全集3 山中峯太郎訳 こう云う原作だと思って読んでしまうので、翻案は問題だと思う。小林司氏のご意見に賛成。子供向けでも「分かりやすく面白ければそれで良い」はダメでしょ!しかし、それなりに面白く、子供の頃に読んだら楽しめたかも? 08/12 20:50


階段を下りる女 (新潮クレスト・ブックス)
@yonda4 4105901397 階段をおりる女 ベルンハルト・シュリンク 身も蓋もない言い方をすれば「謎の女イレーヌに利用されただけ」なのに、膵臓癌末期の彼女を介護し、あり得たかもしれないもう一つのラブストーリを語らされる彼。これも愛あれも愛多分愛きっと愛~♪なのかな…… 08/11 13:27


ちゃぶ台返しの歌舞伎入門 (新潮選書)
@yonda4 4106038110 ちゃぶ台返しの歌舞伎入門 矢内賢二 新しい切り口の解説書 特に「寺子屋」は、私も含めて現代人には到底容認出来ない価値観で成立してるが(あの当時でさえ多くの人がそうでは?)それについての解説がとても良かった。 08/10 20:55


新訳 名犬ラッシー (講談社青い鳥文庫)
@yonda4 4062856433 名犬ラッシー エリック・ナイト 子供の頃ドラマを楽しく見ていた。アメリカ地方都市の日常に起こるちょっとした話だった。こんな原作があったなんて初めて知ってビックリ。ラッシーが出産経験もある雌だったとは……非常に好ましいラストで良かったと思う。 08/09 21:14


オリヴァー・ツイスト (新潮文庫)
@yonda4 4102030077 オリヴァー・ツイスト チャールズ・ディケンズ 高校の時に読んだが今回読み直してビックリ。あちこち記憶と違う!ラストの数々の謎解きも「こうだった?」がいくつか……今までの実体験が記憶を修正したのか?かなり入れ込んで読んでた。まさか他の本でも? 07/24 17:11


ごちそうびっくり箱 (角川つばさ文庫)
@yonda4 4046314605 ごちそうびっくり箱 角野栄子 ナナおばさんが方々に旅をして美味しいものを探す話27 巻末にレシピ付き。およそ思いつかないであろうユニークな話ばかりで感心した。トマトと卵のオムレツを作ってみたが、大変美味しい上に簡単で嬉しい。 07/23 20:16


絵本三国志 (徳間文庫)
@yonda4 4195993008 絵本三国志 葛飾戴斗(北斎の高弟)絵 高橋康夫編 天保年間刊行の「絵本通俗三国志」のダイジェスト 線が多過ぎて煩雑で分かり難い!あの頃はこう云う描き方だった?キャラの横に名前が付いてるのは当然か……スッキリ描こうと思った絵師はいなかったの? 07/18 20:21


ルート66〈上〉 (創元推理文庫)
@yonda4 4488195164 ルート66 上 キャロル・オコンネル 自宅に死体を残してマロリーはルート66をひた走る……OB宛の古い手紙をたよりに(大昔、見た事はないけど大陸横断道路ルート66を、青年二人が旅するドラマがあったそう)失踪した子供を探すキャラバンと交差し…… 07/15 21:41


1808件のデータ - 91ページ中1ページ