読んだ4!

さんの、読書記録

1807件のデータ - 91ページ中2ページ

悪左府の女
@yonda4  4163906606 悪佐府の女 伊東潤 あの頼長を狂わせ操る稀代の美女……ではなく、家の再興をエサに頼長から使命を与えられ人生を狂わせて行く醜女の栄子……保元の乱の内容が良く分かる。途中の伏線が簡単過ぎて、ラストのオチが読めてしまい残念。良いアイデアだったけど 07/05 19:06


みみずくは黄昏に飛びたつ
@yonda4 4103534346 みみずくは黄昏に飛びたつ 村上春樹/川上未映子 村上春樹はこう読め的解説本が多数出ているが、これは川上さんとのインタビュー形式で、作者自ら語った解説本?あ、あれはそうだったのか(そうじゃなかったのか)と目からウロコでじっくり楽しく読んだ。 07/04 20:18


劇場
@yonda4  4103509511 劇場 又吉直樹 冒頭の三行が素晴らしい「つかみ」で、又吉ワールドにスッと入り込んでしまう。少しの才能と夢を持ち、生きる為に女の支えが必要な男達。演劇・お笑い・音楽等の世界はこんな感じなの?女が失った*年は「これも恋愛……」で済まされるの? 07/03 18:17


ケンジントン公園のピーター・パン (光文社古典新訳文庫)
@yonda4 4334753531 ケンジントン公園のピーター・パン バリー ネバーランドの芝居とはまるで違う……後書きの解説によると、作者も複雑な人で(母親との関係や女性とは**だとか)またまたビックリ。伝統的に舞台でピーターを演じるのが女優である理由が分かった様な? 07/01 11:44


真夜中の探訪 (海外文庫)
@yonda4 4594076483 真夜中の探訪 リサ・マリー・ライス ジャッコはローレンが妊娠したと知り家を飛び出す!自分のルーツから、怪物の様な恐ろしい子供では?と。過去を探し巡り合った事実は?ラストの1行は胸キュンでした。 06/28 22:59


乱歩の変身: 江戸川乱歩セレクション (光文社文庫)
@yonda4 4334774571 乱歩の変身 江戸川乱歩セレクション 短編4随筆2 随筆がかなり面白い。時代も違うし、あの頃乱歩はこんな事をこう考えてたのかと。随筆の「猫町」は、深いなぁと感心。 06/25 18:48


「司馬遼太郎」で学ぶ日本史 (NHK出版新書 517)
@yonda4 4140885173 司馬遼太郎で学ぶ日本史 磯田道史 司馬遼太郎がもう少し長生きし、新進気鋭の(今でもですが)磯田道史さんと出会って、知らない資料を提供され、二人で議論を尽くしたら……どんな作品が出来たかしらと、嬉しい妄想を楽しんだ。 06/22 20:58


毎日が楽しくなる きらめき文房具
@yonda4 4041049490 毎日が楽しくなるきらめき文房具 菅朱里 機能性より審美性に重きを置いたチョイスかな(両方兼ねてるのも少しあり)京都セルロイドの万年筆「金魚」は、息をのむ様な美しさで「審美性より機能性」の野暮な私でも欲しくなった…… 06/20 12:06


明智小五郎事件簿 12 「悪魔の紋章」「地獄の道化師」 (集英社文庫)
@yonda4 4087455785 明智小五郎事件簿Ⅻ 江戸川乱歩 悪魔の紋章/地獄の道化師 ついに最終巻。明智は敗戦後1945年の「青銅の魔人」まで現れない。戦争中は陸軍に協力して大陸で防諜活動でも?中野学校の講師とか?乱歩は衛生博覧会の類に関心があったらしいと感じる。 06/15 21:18


学校は負けに行く場所。
@yonda4 4434217127 学校は負けに行く場所。千田琢哉 誰に何に負けに行くの?とタイトルにビックリ「放っておいても本を読む子になったら、とりあえず子育ては成功」と。じゃ、私は成功した子育ての結果?と我田引水したくなった!他にもリアル過ぎて身も蓋もない事が書いてある。 06/13 20:46


ルイ・ブライユ 暗闇に光を灯した十五歳の点字発明者 (小学館ジュニア文庫)
@yonda4 4092311419 ルイ・ブライユ 山本徳造 暗闇に光を灯した十五歳の点字発明者 1809年生まれで5歳で全盲となる。この頃の盲学校(少ししかない)の劣悪なあり様や世間の思惑を知って、ここまで?とョック。早死にした祖父は盲学校教師で(晴眼者)大変だっただろうな 06/10 20:46


ヘンリー・ダーガー 非現実を生きる (コロナ・ブックス)
@yonda4 458263477X ヘンリー・ダーガー非現実を生きる 小出由紀子編 小川洋子の「不時着する流星たち」に、ヘンリー・ダーガーをモチーフにした短編があり、どんな人?とこの本を読んでみた。自分だけの世界閉じ籠り想像を具現化……死後、ゴミとして捨てられる可能性もあった! 06/09 11:41


泣くな道真 大宰府の詩 (集英社文庫)
@yonda4 4087452050 泣くな道真 澤田瞳子 天神サンは太宰府に左遷された2年後に死亡。その後、雷バリバリ落としたり、藤原氏の面々を早死にさせたりと仕返しを?それはともかく、大宰府で自らの能力を活かして事態を収拾。当時の大宰府の様子が分かって面白かった! 06/08 19:56


死んでいない者
@yonda4  4163904123 死んでいない者 滝口悠生 154回芥川賞受賞作 153回と155回に挟まれて、ちょっと地味な扱いだけど、通夜に集まった30人余りを描き分けた作品のレベルは、全く遜色がない。ベルイマン監督の長回しみたいで、筆力に感心した。 06/07 11:14


入道殿下の物語 大鏡 (読みなおす日本史)
@yonda4 4642067140 入道殿下の物語 益田宗 大鏡を翁が語る形式で、分かりやすく物語化してある。入道殿下とは道長の事だが、先祖や子孫にも言及。娘に天皇の子を産ませ、外戚として権力を振るう母系制の形に注目。これを中高生の頃に読みたかったな…… 06/06 15:09


狛犬ジョンの軌跡 (光文社文庫)
@yonda4 4334769314 狛犬ジョンの軌跡 垣根涼介 意識を持ち大型黒犬風に実体化した狛犬ジョン……素敵な恋物語と共に事態は進む。面白くて一気読み。解説に大昔の海外ドラマ「名犬ロンドン物語」が引用されており「見知らぬこの町~♪」主題歌が(田辺靖雄)脳内に鳴り響いた! 05/16 11:55


利休の闇
@yonda4 4163902201 利休の闇 加藤廣 朝顔の意地悪は、花は野にある様にや一期一会のおもてなしの教えに矛盾するとずっと思っていた。自らの信念と美意識を、秀吉相手にすら曲げなかった偉大な茶人と後世は褒め称えるが……?この作品は、その辺のところを深く書いてある。 05/08 17:42


明智小五郎事件簿 11 「妖怪博士」「暗黒星」 (集英社文庫)
@yonda4 4087455637 明智小五郎事件簿Ⅺ 江戸川乱歩 妖怪博士/暗黒星 妖怪博士は子供の頃読んだが暗黒星は未読。犯人の説明で全容が分かるのはちょっと……乱歩自ら拙作と認めてるけど、私は面白く読んだ。気になるのはもう一人の子で(ネタバレになるから)どうなったのか? 05/06 14:18


乱歩の猟奇: 江戸川乱歩セレクション (光文社文庫)
@yonda4 4334774423 乱歩の猟奇 江戸川乱歩セレクション 小説5随筆2「サーカスの怪人」が入ってるが、少年探偵団もので、子供に猟奇は良いのかと思ったけど、まるで猟奇ではないので、安心と共に何故これが?と分からない。随筆では、あの当時の風俗を少し知る事が出来た。 05/04 14:33


冬の日誌
@yonda4 4105217186 冬の日誌 ポール・オースター ランダムな時系列の(作者の緻密な計算の下にかな?)回想録。創作部分も混じってるかも?こう云う人だったの!と新鮮な驚き。ニューヨーク三部作まで、暮らしが楽ではなかったらしいけど…… 05/03 20:44


1807件のデータ - 91ページ中2ページ