読んだ4!

さんの、読書記録

1822件のデータ - 92ページ中6ページ

文豪図鑑
@yonda4 4426121671 文豪図鑑 アニメの「文豪ストレイドッグス」を楽しく見ているが、キャラ達のビジュアルに驚く。えっあの**がこれ?と。今風の美しい造形がウケるのかも?この本も同じで内容はしっかりしていて、文豪達のイラストが凄い……一番気に入ったのは織田作之助。 12/23 11:50


呉越春秋 湖底の城 第七巻
@yonda4 406220245X 呉越春秋湖底の城七 宮城谷昌光 范蠡が出て来た!超絶美女の西施も!二人の関係と今後は?登場人物がどんどん増えるので、この時代の歴史に疎い私は、付いて行くのが大変……しかし、読むのを止められない。 12/22 10:37


シャルロットの憂鬱
@yonda4 4334911277 シャルロットの憂鬱 近藤史恵 短編6 シャルロットは引退した4歳の元警察犬で、雌のジャーマンシェパード。犬を飼う楽しさと苦労が面白くて一気読み。犬が上手に飼い主を躾けるやり方にはビックリ!猫が首の鈴を鳴らして呼びつけるのは知ってたけど…… 12/21 16:45


本当はブラックな江戸時代
@yonda4 4777817806 本当はブラックな江戸時代 永井義男 杉浦日向子さんの「お江戸エッセイ」は読んでいて楽しいけど「それだけじゃないでしょ?」とは感じていた。ブラックなお江戸をキッパリ書いてあるので、ああやっぱりと納得はしたが、少し悲しい気分…… 12/20 12:04


節約は災いのもと (創元推理文庫)
@yonda4 4488200079 節約は災いのもと エミリー・ブライトウェル ウィザースプーン警部補は投資が上手く行かず(そんな事出来るキャラ?)家計費の節約を求める。使用人達の反応が厚かまし過ぎると思うけど……事件解決後の警部補の決断は、暖かく気持ちが良い。 12/18 20:47


小松左京さんと日本沈没 秘書物語
@yonda4 4819112937 小松左京さんと日本沈没秘書物語 乙部順子 こんな事してたの!と驚きがいっぱいで一気読み。オニ秘書?おとべちゃんの34年間が羨ましい……鯨飲馬食で過労気味のチェーンスモーカーが、80歳まで生きられたのは「眼科・歯科」以外行かないを貫いたから? 12/16 17:33


ハイキャッスル屋敷の死 (海外文庫)
@yonda4 4594075282 ハイキャッスル屋敷の死 レオ・ブルース 48年前の作品 おディーン様……ではなく歴史教師キャロラス・ディーンが探偵役。食品製造業で成り上がった貴族を、批判的に書いてあるのが面白い。お里が知れない様に頑張ってるのに……こんな収束で良いのか? 12/10 10:49


明智小五郎事件簿 6 「黄金仮面」 (集英社文庫)
@yonda4 4087455106 明智小五郎事件簿Ⅵ黄金仮面 江戸川乱歩 1929年4月に起きた事件。時代風俗が分かって興味深い。黄金仮面とはルパンの事で(著作権は?)美人お嬢様の不二子さんが恋に落ちたのも無理はない?ミステリーと云うより冒険活劇風で、それはそれで面白かった。 12/07 10:31


その雪と血を(ハヤカワ・ミステリ) (ハヤカワ・ミステリ 1912)
@yonda4 4150019126 その雪と血を ジョー・ネスポ 70年代オスロが舞台。難読症で父親からDVを受けて育った殺し屋オーラヴは、自分で修正した世界に生きている。自前のパラレルワールド?……しかし、現実は時折修正を求めて来て……終盤の哀切さには涙が滲んだ。一気読み。 12/06 21:04


賤ヶ岳の鬼
@yonda4 4120048969 賤ケ岳の鬼 吉川永青 賤ケ岳とそれへの時と道程は鬼だらけ……大鬼、中鬼、小鬼、雑鬼、鬼もどき…… 11/30 08:50


ぼくたちが越してきた日から、そいつはそこにいた
@yonda4 4309277535 ぼくたちが越してきた日からそいつはそこにいた ローダ・レヴィーン文 エドワード・ゴーリー絵 柴田元幸訳 不条理で子供達がひどい目に遭う様な作品が多いそうだ。納得出来る名前を待ってるの?「ルンペルシュティルツヒェン」をちょっと思い出した。 11/29 20:29


陰陽師 玉兎ノ巻
@yonda4 4163905189 陰陽師 玉兎ノ巻 夢枕獏 短編9 鬼も妖も恐ろしいけど、ホントに恐ろしいのは人の執着みたいだ……蘆屋道満にも八年に一度会える恋人?がいる様で(七夕より少ない!)何だかホッとした。 11/26 12:20


真夜中の秘密 (海外文庫)
@yonda4 459407541X 真夜中の秘密 リサ・マリー・ライス 今回のヒロインのイザベルは育ちが良く、ケネディ家の様な一族の出身。弱々しそうに見えるが闘うヒロインでもある。困っている美女をタフガイが助ける構図には変わりないが、マンネリにならない様に、趣向を凝らしてるな。 11/25 22:14


伯爵夫人
@yonda4 4103043539 伯爵夫人 蓮實重彦 陰影礼讃的な官能小説? 二郎の現実なのか妄想なのか入り混じりなのか……谷崎や川端や他にも日本の文豪達は、晩年に蝋燭の最期の煌きの如きものを書くのかしら?嬌声のオノマトペ「ぷへー」にはマイッタ!確かに三島由紀夫賞受賞作だ。 11/23 12:35


ヌメロ・ゼロ
@yonda4 4309207030 ヌメロ・ゼロ ウンベルト・エーコ イタリア現代史に無知な私は、良さが分からない?陰謀説が次々と現れ何が何だか、まるでカフカの世界……世論を誘導するジャーナリズムの悪辣なテクニックにはビックリ。大昔の「大本営発表」なんて可愛いものだ…… 11/14 18:47


ゴリオ爺さん (古典新訳文庫)
@yonda4 433475337X ゴリオ爺さん バルザック 光文社古典新訳文庫 リア王の娘達より冷酷な娘達に、とことん貢いで執着する父親……リアリティがなさ過ぎるけど?下宿や周りのキャラ達の意地悪さはリアルだった。これがフランス文学屈指の名作?私には良さが分かりません…… 11/10 20:05


幻の屋敷 (キャンピオン氏の事件簿2) (創元推理文庫)
@yonda4 4488210058 幻の屋敷 キャンピオン氏の事件簿Ⅱ マージェリー・アリンガム 短編11 皆それぞれに面白かったけど「聖夜の言葉」が一番好き。愛犬がクリスマス前夜の真夜中に突然……?キャンピオンが独身中年男性だと勝手に思い込んでたが、愛する妻がいたとは! 11/09 14:31


我が名は切り裂きジャック(下) (扶桑社ミステリー)
@yonda4 4594074723 我が名は切り裂きジャック 下 スティーヴン・ハンター どうもホームズ関連の地名や人名が出て来るなぁと思っていたら……ジェブ記者の正体への伏線だった!ちょっと自慢させて貰えば、ギリギリで気が付きました!ハンターらしい切り口で堪能した。 11/08 14:50


我が名は切り裂きジャック(上) (扶桑社ミステリー)
@yonda4 4594074715 我が名は切り裂きジャック 上 スティーヴン・ハンター ジャックと夕刊紙記者ジェブの日記と記録が交互に提示される形式。ボブがタイムスリップしてジャックと対決し、正体を暴くのではない……そう云うのを期待してたけど、これでも十分で一気読み。 11/08 14:49


不在の痕~ヘル オア ハイウォーター2~ (モノクローム・ロマンス文庫)
@yonda4 4403560288 不在の痕 S・E・ジェイクス ヘル・オア・ハイウォーター2 トムとプロフェットは再会出来たが……ややこしやぁややこしや~の世界で笑ったり(壮絶な子供時代だけど)共感したり楽しく読んだ。プロフェットの本名には(Eで始まる)トムならずとも驚く。 11/07 21:55


1822件のデータ - 92ページ中6ページ