読んだ4!

さんの、読書記録

87件のデータ - 5ページ中1ページ

あら皮 〔欲望の哲学〕 (バルザック「人間喜劇」セレクション(全13巻・別巻二) 10)
「あら皮」バルザック 04/30 00:12


蓮如―聖俗具有の人間像 (岩波新書)
「蓮如-聖俗具有の人間像-」五木寛之 04/17 17:37


@yonda4「絹Ⅰ」伊藤智夫 /古代の絹 権力者が推奨、地方ごとにヒメコ、ウスマ、しろさま、おかいこさま等呼び名。江戸時代の地方ごとの絹、中国の絹で金流出、庶民の豪奢な着物相次ぐ禁止。長崎商人と南蛮船の絹の値段交渉。
[書名認識できず]
Googleで検索
@yonda4「絹Ⅰ」伊藤智夫 /古代の絹 権力者が推奨、地方ごとにヒメコ、ウスマ、しろさま、おかいこさま等呼び名。江戸時代の地方ごとの絹、中国の絹で金流出、庶民の豪奢な着物相次ぐ禁止。長崎商人と南蛮船の絹の値段交渉。 04/15 15:33


金の輪
[書名認識できず]
Googleで検索
金の輪 小川未明 03/05 14:58


赤い蝋燭と人魚
赤いろうそくと人魚 小川未明 03/05 14:58


美しいキモノ 2017年 春号
[書名認識できず]
Googleで検索
きもの 中勘助 03/05 14:57


寒山拾得
[書名認識できず]
Googleで検索
「寒山拾得」森鴎外(青空文庫)/狩野山雪の絵の画題が気になって読んでみた。 唐時代の天台に寒山と拾得という二人の風狂の僧がいて、実は普賢と文殊が身をやつした姿というお話。@yonda4 02/26 12:36


月は無慈悲な夜の女王
[書名認識できず]
Googleで検索
月は無慈悲な夜の女王 02/25 22:27


大人のための「困った感情」のトリセツ
「大人のための「困った感情」のトリセツ」水島広子 01/23 15:58


浮かれ女盛衰記(上)
[書名認識できず]
Googleで検索
「浮かれ女盛衰記」バルザック/寺田透 訳 01/23 15:21


古代ローマの女性たち (文庫クセジュ)
「古代ローマの女性たち」ギイ・アシャール/西村昌洋 訳/ローマ初期の女性像は画一化された母としての女性、奔放と厳格な時代の繰り返し。男性も同様に。キリスト教でローマ創世記に初期化。@yonda4 01/23 10:55


高い城の男 (ハヤカワ文庫 SF 568)
「高い城の男」フィリップ・K・ディック 浅倉久志 訳/WWⅡで日本とドイツが勝利したという世界。 アメリカ人×易経、日本人×骨董趣味、ドイツ人×変装スパイの組み合わせがかっこ良すぎる! 歴史ifものと思ったらしっかりSFだった。作… https://t.co/KcSo3weIK1 01/22 13:37


「血流がすべて解決する」堀江昭佳
[書名認識できず]
Googleで検索
「血流がすべて解決する」堀江昭佳 01/02 19:20


王妃マルゴ 4 (愛蔵版コミックス)
「王妃マルゴ」アレクサンドル・デュマ/鹿島茂訳 フランス王の座を巡り、騙し騙されの歴史劇で抄訳もちょうどいい長さ。特にシャルル九世の、味方のいない君主という生き様、セリフがどれもいい。宮廷を思うがままに支配する、オカルトマニアな母后カトリーヌも。@yonda4 09/10 23:26


魔道師の月 (創元推理文庫)
「魔道師の月」乾石智子 09/06 09:28


従妹ベット〈上〉 (新潮文庫)
「従妹ベット」バルザック/水野 亮 訳 07/20 22:46


「45°」長野まゆみ/最近の作風がとても好き。変わってるけど、何かいいなーと思う家族の形があって、謎でもつれていて、解けたり解けなかったり。短編最後の「P.」は登場人物にウサギの着ぐるみが!可愛いすぎでしょ。@yonda4
[書名認識できず]
Googleで検索
「45°」長野まゆみ/最近の作風がとても好き。変わってるけど、何かいいなーと思う家族の形があって、謎でもつれていて、解けたり解けなかったり。短編最後の「P.」は登場人物にウサギの着ぐるみが!可愛いすぎでしょ。@yonda4 06/25 00:04


渡来の古代史 国のかたちをつくったのは誰か (角川選書)
「国のかたちをつくったのは誰か 渡来の古代史」上田正昭 著 06/18 12:18


ニコルの塔
「ニコルの塔」小森香折(作)こみねゆら(絵)/Amazonのお勧めに入ってて読んだら良かったシリーズ。刺繍して暮らす女の子の寄宿学校という設定だけでもときめく。何でその世界観なのか、謎が解けていく過程も良かったー。@yonda4 https://t.co/h71TeqDgNb 06/12 23:44


「京都の地名を歩く」吉田金彦/川や水にちなんだ地名が多い、日本は昔もっと湿地が広がって水気の多い土地柄だったのかな。古代語が少し今も残ってるのがおもしろい。火を炊くではなくお米を炊く、なるほど。@yonda4
[書名認識できず]
Googleで検索
「京都の地名を歩く」吉田金彦/川や水にちなんだ地名が多い、日本は昔もっと湿地が広がって水気の多い土地柄だったのかな。古代語が少し今も残ってるのがおもしろい。火を炊くではなくお米を炊く、なるほど。@yonda4 05/27 00:12


87件のデータ - 5ページ中1ページ