読んだ4!

さんの、読書記録

109件のデータ - 6ページ中3ページ

ニコルの塔
「ニコルの塔」小森香折(作)こみねゆら(絵)/Amazonのお勧めに入ってて読んだら良かったシリーズ。刺繍して暮らす女の子の寄宿学校という設定だけでもときめく。何でその世界観なのか、謎が解けていく過程も良かったー。@yonda4 https://t.co/h71TeqDgNb 06/12 23:44


「京都の地名を歩く」吉田金彦/川や水にちなんだ地名が多い、日本は昔もっと湿地が広がって水気の多い土地柄だったのかな。古代語が少し今も残ってるのがおもしろい。火を炊くではなくお米を炊く、なるほど。@yonda4
[書名認識できず]
Googleで検索
「京都の地名を歩く」吉田金彦/川や水にちなんだ地名が多い、日本は昔もっと湿地が広がって水気の多い土地柄だったのかな。古代語が少し今も残ってるのがおもしろい。火を炊くではなくお米を炊く、なるほど。@yonda4 05/27 00:12


秦氏とカモ氏―平安京以前の京都 (臨川選書)
「秦氏とカモ氏 平安京以前の京都」中村修也 臨川選書/平安以前の歴史もおもしろい。都を作るってどうやって?在来豪族は土地の明け渡しに抵抗しなかったの?と謎に思ってたけど、メリットがあるからむしろ招致したかったのか。秦氏がいろいろ分かれてたのも初めて知った。@yonda4 05/21 16:20


庶民たちの平安京 (角川選書)
庶民たちの平安京/繁田信一 平安京は貴族が住むための場所、暮らす庶民は貴族の関係者、内裏に自由に入り込んで儀式をじゃまして遊ぶ、小屋なりの家、銭での買い物、主人に庇護される、牛飼童は大人でも童形、幼名 04/04 23:20


いますぐデキる! 図説完全M男マニュアル
図説 歴史で読み解く!京都の地理/正井泰夫 監修 03/26 12:00


もしリアルパンクロッカーが仏門に入ったら
「もしもリアルパンクロッカーが仏門に入ったら」架神恭介/仏教は何から読んだらいいかさっぱり分からないので、できるだけ分かりやすそうな本を選んでみた。仏教の概要や歴史だけでなく、感覚的な解説もあってとっつきやすい!これからはお寺の宗派ごとの特徴とか覚えやすくなるかな?@yonda4 03/18 23:50


谷間の百合 (新潮文庫 (ハ-1-1))
「谷間のゆり」バルザック/宮崎嶺雄 訳/天使みたいな女性への賛美歌かしらと思ったら、最終章がすごい。しかも主人公はバルザック自身がモデルらしいのに、よくもこんなに突き放せるなあ。@yonda4 03/07 01:53


脳に刻まれたモラルの起源――人はなぜ善を求めるのか (岩波科学ライブラリー)
「脳に刻まれたモラルの起源」金井良太/扁桃体→恐怖信号、仲間の多さ オキシトシン→信頼、ストレス軽減、嫉妬心、差別感情 幸福→生き方に満足、ソーシャルキャピタル 他者の視線を処理する能力 共感、視点取得、個人的苦悩 ヘドニア、エウダイモニア 03/01 23:21


小松とうさちゃん
「小松とうさちゃん」絲山秋子 02/28 12:17


ヒトの心はどう進化したのか: 狩猟採集生活が生んだもの (ちくま新書)
「ヒトの心はどう進化したのかー狩猟採集生活が生んだもの」鈴木光太郎/獲物の行動を予測する能力で他人の気持ちを読む。共感を司る前頭前皮質の発達。出アフリカは食糧危機のためだけか、好奇心という動機は?@yonda4 02/13 18:42


2D☆STAR Vol.3 (別冊ジュノン)
STAR WARS フォースの覚醒前夜 ~ポー・レイ・フィン~ /スター・ウォーズの本はこれまでハズレなし!ポーの話の時点で買って良かったと思ったけど、畳み掛けるレイとフィン。フィンの仲間はもしかして映画に出てきたあのトルーパーやあのトルーパーなのだろうか・・・@yonda4 02/08 00:03


スター・ウォーズ エピソード4:新たなる希望 (講談社文庫)
スター・ウォーズ エピソード4:新たなる希望 スター・ウォーズ【講談社文庫】 /映画では書ききれないところも濃く読める、そう小説ならね。特にヤヴィンの戦いに参加した反乱軍のメンバーの個性がちゃんと描写されてて満足!ローグ・ワンも楽しみ。@yonda4 01/25 00:42


京都学ことはじめ―森浩一12のお勉強
京都学ことはじめ―森浩一12のお勉強 01/01 16:08


スター・ウォーズ:砕かれた帝国
スター・ウォーズ 新たなる夜明け /ジョン・ジャクソン・ミラー (著), 浅尾敦則 (翻訳) 12/30 23:01


提婆達多(でーばだった) (岩波文庫 緑 51-5)
中 勘助「提婆達多(でーばだった」美貌と富、人に羨まれる全てを持つ王子として生を受けながら、ブッダへの嫉妬と復讐のために一生を費やし、ついに後悔と苦しみの中死ぬ。青春のころブッダとの試合さえ無ければ、彼は道を逸れることなく生きたのだろうか? 12/22 21:49


艶笑滑稽譚 第一輯――贖い能う罪 他 (岩波文庫 第1回)
「艶笑滑稽譚 第一輯」バルザック 石井 睛一 / 「悪魔の相続人」がいい話ながら少し不気味で好き。抜けてて信心深い男が遺産相続で命を狙われたところ、まさかの機転で敵を返り討ちにあわせる。男に知恵を授けたのは果たして? 12/07 00:10


郊外の一日 - 新チェーホフ・ユモレスカ1 (中公文庫)
「郊外の一日 新チェーホフ・ユモレスカ」チェーホフ/松下裕 10/19 23:23


鳥の物語 (岩波文庫 緑 51-2)
「鳥の物語」中勘助 10/17 12:28


結婚披露宴 - 新チェーホフ・ユモレスカ2 (中公文庫)
「結婚披露宴 新チェーホフ・ユモレスカ2」チェーホフ/松下 裕 09/12 22:39


ニューロマンサー (ハヤカワ文庫SF)
ニューロマンサー 08/15 13:29


109件のデータ - 6ページ中3ページ