読んだ4!

さんの、読書記録

123件のデータ - 7ページ中1ページ

人事部は見ている。 (日経プレミアシリーズ)
4532261228[人事部は見ている。]:人事制度や戦略に関する記述もあるが、主に人事に関するエピソード中心の内容。この歳になると、まあ、知っている内容ではある。でも、若い頃は知らなかったので、若い人は読んでおくと良いかもしれない。 03/29 06:58


労働法入門 (岩波新書)
4004313295[労働法入門]:コンパクトに全体像が解説されている。その分、ちょっと物足りない。ということで同じ著者の「労働法」を読み始めた。 03/28 07:16


改訂版 図解でわかるコールセンター/ヘルプデスク
4820745921[図解でわかるコールセンター/ヘルプデスク]:コールセンターについての概要は、これ一冊でわかるという意味では便利かつ手軽。ただ、この手の本の見開き右の図解はあまり役に立たない。同じボリュームならその分を解説に当ててくれた方がありがたい。 03/25 23:31


ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代
4837956661[ハイ・コンセプト]右脳・左脳という分類の仕方はあまり好きじゃないが、内容は納得。これまで軽視されていた感覚的なものが重要な時代であることは、十分理解できる。この本が書かれて6・7年経った今、ようやくそれが認識されつつあるという感じ。 03/25 21:25


スティーブ・ジョブズ II
4062171279[スティーブ・ジョブスII]:間違いなく記憶に残る経営者。非常に魅力的ではあるし、生み出したものは好き。だけど、この人の部下は、余程の精神力がないと務まらないだろうな。もう少し長生きして、もっと「新しい」ものを見せて欲しかった。 03/12 19:31


スティーブ・ジョブズ I
4062171260[スティーブ・ジョブス]:ようやく読了。読み始めると一気。ずいぶんとヤンチャだったみたいですが、それを受け入れてくれる懐の深さに感心。 03/12 19:17


能の物語 (講談社文芸文庫)
4061963295[能の物語]:文字通り能のストーリーが現代語で書かれている。この本を読むと能を見たくなる。しかし、今更ながら、能の主人公って怨霊なのですね~。 03/12 07:05


エンゲージメント・マーケティング ~Facebookが生み出す企業と生活者の絆~
4839940827[エンゲージメント・マーケティング]:Facebookページの構築・運用に参考になる極めて実践的な1冊であると同時に、著者らが提唱する"エンゲージメント・ファースト"が何なのかがよく理解できる。ソーシャルは重要だけど全てではないことを再認識。 02/11 21:47


図解 スティーブ・ジョブスのプレゼン術
4862802850[図解 スティーブ・ジョブスのプレゼン術]:ジョブスのプレゼンに関しては数多くの本があるが、この本はプレゼン術に絞ってコンパクトにまとめられている。常に手元においてプレゼン準備を行うときに参照したい。 02/11 21:45


後白河法皇 (幻冬舎新書)
4344982460[後白河法皇]:大河ドラマ"平清盛"を楽しむために最適。源平合戦の話は知っていても、それ以前の話は意外と知らない。天皇家や摂関家のいんげん関係が大河ドラマだけでは把握できないけれど、この本に目を通しておけばよくわかる。 02/11 21:43


砂漠
4408534846[砂漠]:初めて読む伊坂作品。大学を舞台にした青春小説。多分、伊坂氏の著作では地味なのだろうけど十分楽しめる。登場人物のキャラが立ちすぎの部分はあるが、そこは結構好き。 12/29 17:31


世界を知る力 (PHP新書)
4569774784[世界を知る力]:政治的なスタンスや若い人への提言はさておき、"情報は問題を解決するために集めるもの"とか"agree to disagree"とかの考え方に大いに賛同。王陽明の「知行合一」を想起する。 12/20 07:00


街場のメディア論 (光文社新書)
4334035779[街場のメディア論]:内田節が堪能できる一冊。著作権のくだりは独特。でも現実的な解決策に結びつけには遠い主張。昨今話題の教育についての考え方についても書かれている。個人的には賛成できないけど。 12/12 07:07


組織デザイン (日経文庫)
4532110238[組織デザイン]:再読。オーソドックスな組織論がコンパクト書かれている。事例紹介等がないので、やや単調ではあるが冗長ではないのが良い。大組織ではなく、少人数の組織を考えるのにも役に立つ。 11/28 07:12


聖少女 (新潮文庫)
4101113092[聖少女]:若い頃読もうと思いつつ読めていなかった本。確か赤い箱に入って本屋に並んでいたと記憶している。ストーリー・文体とも”若さ”を感じる。好き嫌いが分かれそうであるが私は好き。 11/28 07:03


ソーシャルシフト―これからの企業にとって一番大切なこと
4532317568[ソーシャルシフト]:これからFacebookページを立ち上げよう、あるいは立ち上げたばかりの企業の実務担当者等に最適な一冊。ソーシャルの意味と今後、体制作り、社内説得材料、事例等、盛りだくさん。 11/21 08:49


フェイク 疑惑 (講談社文庫)
4062767546[フェイク 疑惑]:安い電子書籍だからといって本を選んではいけないということ。とは言っても1時間ドラマ程度に軽く楽しめはする。 11/21 07:29


世界史を動かした陰謀 (リイド文庫)
4845837544[世界史を動かした陰謀]:電車の短い乗車時間で一話が読めるという意味では便利。当然一つ一つのエピソード自体は浅い。 11/21 07:25


日本史を動かした陰謀 (リイド文庫)
4845837536[日本史を動かした陰謀]:アプリが安かったので購入。一話が短く電車で読むには最適。但し、日本史を相当程度知らないと楽しめない。また、短すぎて物足りなく感じる。 10/31 06:59


スティーブ・ジョブズ神の交渉力―この「やり口」には逆らえない! (リュウ・ブックスアステ新書 48)
4766710487[スティーブ・ジョブズ神の交渉力]:交渉力の本として参考にはなる。が、誰にでもできる手法でもないし、いつでもできる手法でもない。ジョブスの話として読んでも”賛美”ではなく、彼の”我儘さ”等を中心に書かれている。返ってそこが良い。 10/31 06:54


123件のデータ - 7ページ中1ページ