読んだ4!

さんの、読書記録

112件のデータ - 6ページ中1ページ

食堂かたつむり
食堂かたつむり   とてもとても美味しくい食と温かいつながりの物語。 10/20 19:57


SOSの猿
@yonda4 SOSの猿 伊坂 幸太郎   複合的な話。小説的な面白さは見られず、読み進めるのに一苦労。 09/23 12:02


日本語の「大疑問」 再び池上本。日本語の複雑さ、論理的な言語だということを様々な文献から説いている。日常使っている誤用などにも触れ、日本語を考えるにはとてもいい書。
[書名認識できず]
Googleで検索
日本語の「大疑問」 再び池上本。日本語の複雑さ、論理的な言語だということを様々な文献から説いている。日常使っている誤用などにも触れ、日本語を考えるにはとてもいい書。 07/19 18:13


池上彰のメディア・リテラシー入門 池上彰がブレイクしているので読んでみた。非常に読みやすく導入編としてもってこいの一冊。
[書名認識できず]
Googleで検索
池上彰のメディア・リテラシー入門 池上彰がブレイクしているので読んでみた。非常に読みやすく導入編としてもってこいの一冊。 07/19 17:23


人を見抜く技術 物事を柔軟に捉え、対応する観察力が様々書かれている。できない人から学ぶという視点は非常に大きい。
[書名認識できず]
Googleで検索
人を見抜く技術 物事を柔軟に捉え、対応する観察力が様々書かれている。できない人から学ぶという視点は非常に大きい。 07/04 11:32


考えよ! ――なぜ日本人はリスクを冒さないのか? (角川oneテーマ21 A 114)
考えよ! イビチャ・オシム著。 オシムと日本代表とフットボールについて的確に書かれた書。カメルーン戦後、オランダ戦前に読めたことはとても灌漑深い。 06/19 17:33


サバイバル副業術 これからの時代に二足のわらじを履く生活の意義について、様々な側面から語られている。非常に考えさせられるし、2つの収入源を持つということは自身の心の充足と未来の保険(転ばぬ先の杖)ができるという事。自分にとって必要な副業とは何かを考えつつ実践したい
[書名認識できず]
Googleで検索
サバイバル副業術 これからの時代に二足のわらじを履く生活の意義について、様々な側面から語られている。非常に考えさせられるし、2つの収入源を持つということは自身の心の充足と未来の保険(転ばぬ先の杖)ができるという事。自分にとって必要な副業とは何かを考えつつ実践したい 05/24 18:18


1Q84 BOOK 3
1Q84 BOOK3 牛河が一番登場人物でわかりやすかった。 04/19 09:54


努力しない生き方 (集英社新書)
努力しない生き方 桜井 章一 勝つのではなく負けないとするや努力ではなく工夫をするなど、息苦しい世の中をしなやかに生きていくための金言が随所に織り込まれている。何度も読んで実践していきたいと感じた1冊。 04/10 11:27


人生後半戦のポートフォリオ「時間貧乏」からの脱出 時間と金とモノのバランスと自分の時間をたくさん持ち、それを有意義に使うことが大切だと理解できる一冊。金や物に振り回されず、時間の主人公として生きることが重要と提案している。
[書名認識できず]
Googleで検索
人生後半戦のポートフォリオ「時間貧乏」からの脱出 時間と金とモノのバランスと自分の時間をたくさん持ち、それを有意義に使うことが大切だと理解できる一冊。金や物に振り回されず、時間の主人公として生きることが重要と提案している。 03/30 05:09


できるポケット+ Evernote
できるポケット+ Evernote Evernoteとは何か?Evernoteでなにをすればいいのかという問いに言葉とビジュアルでわかりやすく書かれている良書。Evernote利用の指南書と言える。 03/15 11:20


ドメイン―熊川哲也120日間のバトル
ドメイン―熊川哲也120日間のバトル 熊川哲也率いるKバレエカンパニーの第二回公演である99年のウインター・ツアーをリハーサル段階から追った記録。10年経ってから読んだ人間としては、もう少し客観的な文章のほうが良かったかな。書き手がはしゃぎすぎ。 03/10 17:49


メイド・イン・ロンドン (文春文庫)
メイド・イン・ロンドン 熊川哲也 ロイヤルバレエ団を辞めた後の熊川の手記。生まれてからこれまでの人生をまとめている。彼のメンタリティや生き様をこの本を通して理解できる。バレエとの付き合い方に共感できる。世界と日本の捉え方の違いもわかりやすい。 03/09 17:51


ラッキーをつかみ取る技術 (光文社新書)
ラッキーをつかみ取る技術 日々上手くいくための心構えや方法などラッキーをモノにするための技術が書かれている。今すぐ始められる簡単なモチベーションアップなど納得できるポイントも多い。 03/08 17:02


ラットマン
ラットマン 道尾 秀介 読みやすかった。どんでん返しをするも、色々と中途半端で衝撃はなかった。 02/16 03:56


「伝説の社員」になれ! 成功する5%になる秘密とセオリー
「伝説の社員」になれ! 成功する5%になる秘密とセオリー 土井 英司   自分の良さを知り、それに特化して伸ばすことを自身の社会人生活から述べている本。色々と活用できるところはあった。 02/03 06:40


30代にしておきたい大切なこと
30代にしておきたい大切なこと 松原 惇子 30代の女性に向けて書かれた本。独善的で女性向けだけど、参考になった点もあった。 02/02 03:56


錦繍 (新潮文庫)
錦繍 宮本 輝 書簡体形式で別れた男女の過去と現在を埋めていく物語。とても良かった。愛というか、人がどのように生きて死ぬかというところまで本質的に書かれている。この本に出会って良かったといっていいくらいの素晴らしい作品。 01/27 05:24


いま、会いにゆきます (小学館文庫)
いま、会いにゆきます 市川 拓司 全て読み終えた後のピースを埋めるための再読がとても楽しい作品。だれずにまとめ上げた良作。が、市川作品をずっと読んできたのでこの作風に個人的に飽きた。 01/22 08:30


そのときは彼によろしく (小学館文庫)
そのときは彼によろしく 市川 拓司 市川作品では恋愛写真の次に良かった。14歳の初恋が30歳で再会し、40歳で再び巡り会うストーリーに引き込まれた。中盤~終盤のファンタジー的要素がなければもっと良かったかな。 01/21 06:39


112件のデータ - 6ページ中1ページ