読んだ4!

さんの、読書記録

204件のデータ - 11ページ中1ページ

犬どもの栄光 (集英社文庫)
犬どもの栄光 / 佐々木譲 起承転結の承の部分がすご~~く長くて転になったかなと思ったときページ数が心配でしょうがなかった。終わり方は終わったには終わったけど…みたいな感じでした。もうちょっと2人のその後が見たい。丹治との男の友情(なれそめ?)は非常に良い。 10/11 22:32


刑事(デカ)部屋
刑事部屋 / 佐竹一彦 偶然手に取ったけど思った以上に面白かった。ただちょっと霊感刑事はねぇ…納得させようとしたのはわかるけど納得してないからな! 10/11 22:29


新公安捜査 (ハルキ文庫)
公安捜査 / 浜田文人 なんとなくでずるずる読んだけど、これかなりシリーズ化されてるんだと読後に驚く。犯人は残念ながら最後近くまで当てられなかったけど思えば王道だったな~~~悔しい。 10/11 22:28


ブラックチェンバー (角川文庫)
ブラックチェンバー / 大沢在昌 厚さのわりにすいすい読めるし話の展開も退屈させないので良い。終わり方がアレ?って感じではあったが。ところでみんなバラノフスキ好きだよね?(謎 10/11 22:27


悪意 (講談社文庫)
悪意 / 東野圭吾 ホワイダニットなんだが…若干うーんな感じが残った。でも再読はちょっとなぁ…とも。合わなかったというのが正しいのか。 10/11 22:25


償い (幻冬舎文庫)
償い / 矢口敦子 女性作家的な切り口のハードボイルドなのかな。細かいことはともかくすいすい読めたし割とよかった。犯人はそこそこわかりやすい。 10/11 22:23


カミサマ探偵のおしながき (メディアワークス文庫)
カミサマ探偵のおしながき / 佐藤菜月 食事+日常の謎+異色の探偵ってけっこう多くない?読みやすいけれども合わない的な意味であまり楽しめなかったかな。 10/11 22:21


ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)
ペンギン・ハイウェイ / 森見登美彦 ハマモトさんがかわいすぎてちょっと話がよく頭に入ってこなかったですね。 10/11 22:19


午前三時のルースター / 垣根涼介 アジア感があって結構好きだった。もっとわるいやつが多いかなと思っていたけど割とみんないい人だった。
[書名認識できず]
Googleで検索
午前三時のルースター / 垣根涼介 アジア感があって結構好きだった。もっとわるいやつが多いかなと思っていたけど割とみんないい人だった。 10/11 22:19


踊る人形 (講談社文庫)
踊る人形 / 森川智喜 ゴーレム弱点多くね?あと探偵の話の役どころが登場人物がかなり少ないせいで一瞬でわかる。伏線張ってる段階でわかる。それがよくない。 10/11 22:16


模倣の殺意 (創元推理文庫)
模倣の殺意 / 中町信 このタイプの描写はよく見るけどかなり早い段階で出てるんだなぁと。でも同タイプの小説でもっと好きなのがあるから評価が辛めになってしまうのであった。 10/11 22:15


空飛ぶ馬 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)
空飛ぶ馬 / 北村薫 日常の謎系なんだけどどちらかというと地の文ややり取りが魅力的であんまり謎は重要じゃない気がした。運び方が独特で割と面白いし落語がわからなくても大丈夫。 10/11 22:14


セブン (ハルキ文庫)
セブン / 乾くるみ 楽しんで読めた。ユニークゲームはもっとラストに救いが欲しかったなあ。解法を考えるところは面白かった。土壇場で回答変えたけどそのままでよかったんじゃ… 10/11 22:13


プリズン・トリック (講談社文庫)
プリズン・トリック / 遠藤武文 加筆されたのかどうかは不明だがヒントとなる描写が多くて最後の手紙がなくても真犯人は読んでる途中でわかる。会話文とかがこなれていなくて全体的にやや読みにくいような。気がする程度なのだけれど。 10/11 22:12


探偵倶楽部 (角川文庫)
探偵倶楽部 / 東野圭吾 最近コンビニ寄ったらなんか漫画になっててワロタ。偽装の夜が一番面白かったかな。 07/30 22:24


続・森崎書店の日々 (小学館文庫)
森崎書店の日々 / 八木沢里志 疲れているときに読むといいかもしれないやつ。でもぼくは桃子さん(の考え方)にはついていけないなあ…うーん。ま、いろんな夫婦の形がありますな(無難な締め方) 07/30 22:21


教場 (小学館文庫)
教場 / 長岡弘樹 ぼくだったら開始4分くらいで脱走するくらいのところにいる皆さん。楽しく読めたけど、瞬間接着剤の話はもうちょっとこう、なんというかさ、なんとかなるっしょ… 07/30 22:20


仮面病棟 (実業之日本社文庫)
仮面病棟 / 知念実希人 これは誰が(ナニか)はもうほんとまじかよってくらいバレバレで、どうか期待を裏切ってくれよと思いながら読みつつも最後でああ~だめでした~となった。はい。まあ脱出後もある意味コワいのでそこは良いと思う。 07/30 22:17


カラット探偵事務所の事件簿 1 (PHP文芸文庫)
カラット探偵事務所の事件簿1 / 乾くるみ やりすぎ感満載の暗号は楽しめた。でも暗号以外の話はそんなに感動や驚きはなく。最後の最後のアレは必要だったのだろうか。いやぼくはそこそこおいしくいただいたけれど。 07/30 22:16


ヒートアイランド (文春文庫)
ヒートアイランド / 垣根涼介 な~んか実写化されそうだな、という感想だったけどやっぱりされてた。シリーズ化もされてた。なるほど。あんまりファイトファイトしてなくて893893してる。Vシネ感。 07/30 22:14


204件のデータ - 11ページ中1ページ