読んだ4!

さんの、読書記録

204件のデータ - 11ページ中3ページ

最後のトリック/清水黎一郎 これやりたかったんだよね感が激しすぎて感心よりかは脱力してしまった。全部が必須の伏線なんだといわれてもウーンとなる。文の量はこれの2/3とか半分とかでよくない?
[書名認識できず]
Googleで検索
最後のトリック/清水黎一郎 これやりたかったんだよね感が激しすぎて感心よりかは脱力してしまった。全部が必須の伏線なんだといわれてもウーンとなる。文の量はこれの2/3とか半分とかでよくない? 05/28 13:27


ベイジン(上下)/真山仁 鄧さん欲望にまけるながんばれ!あと終わるところ!もう少し読みたかったな。一番いいところだったんじゃないか。誇張があるかどうかはともかく文化の違う国と一緒に仕事すんのは並大抵じゃないよな~としみじみ。
[書名認識できず]
Googleで検索
ベイジン(上下)/真山仁 鄧さん欲望にまけるながんばれ!あと終わるところ!もう少し読みたかったな。一番いいところだったんじゃないか。誇張があるかどうかはともかく文化の違う国と一緒に仕事すんのは並大抵じゃないよな~としみじみ。 04/15 22:18


ゼロの迎撃/安生正 現代SFとしては楽しめるものとは思うけど、岐部くんみんなフラグ乱立して回収していくなかるよくがんばったな~。この著者さんって地の文こんなに独白調だったかな?というのが気になった。
[書名認識できず]
Googleで検索
ゼロの迎撃/安生正 現代SFとしては楽しめるものとは思うけど、岐部くんみんなフラグ乱立して回収していくなかるよくがんばったな~。この著者さんって地の文こんなに独白調だったかな?というのが気になった。 04/15 22:17


灰夜 新装版: 新宿鮫7 (光文社文庫)
灰夜/大沢在昌 なんか毒猿じみてるというか超人よく出てくるね?みんな銃ほいほい持ちすぎィ!! 04/15 22:14


罪色の環 ―リジャッジメント― (メディアワークス文庫)
罪色の環-リジャッジメント- /仁科裕貴 島に移動してから何が起こっているのかがわかるところは面白かったしそこからも展開はあまりダレないんだけど、真相であら~っってなってしまいました。そこまでして精神的いやがらせをするもんか~~って。 04/15 22:13


禁断の魔術/東野圭吾 全体的にすっきりして読みやすかったとは思うけど帯後ろのシリーズ最高傑作!ってやつは果たしてそうか…?とも。過去作にもっと面白いと思ったのはあったけどな~。これトリック解明とか驚愕の真相とかでなくて人間ドラマだし。
[書名認識できず]
Googleで検索
禁断の魔術/東野圭吾 全体的にすっきりして読みやすかったとは思うけど帯後ろのシリーズ最高傑作!ってやつは果たしてそうか…?とも。過去作にもっと面白いと思ったのはあったけどな~。これトリック解明とか驚愕の真相とかでなくて人間ドラマだし。 04/15 22:11


卒業/東野圭吾 いやこれ絶対身内疑われるだろ!?ってなかでよくここまでみんなを泳がせるよな~と思うわけですが。毒のトリックの方は図と見比べながら読むのが億劫で読み飛ばしてしまった(ひどい)
[書名認識できず]
Googleで検索
卒業/東野圭吾 いやこれ絶対身内疑われるだろ!?ってなかでよくここまでみんなを泳がせるよな~と思うわけですが。毒のトリックの方は図と見比べながら読むのが億劫で読み飛ばしてしまった(ひどい) 04/15 22:09


警官の条件
警官の条件/佐々木譲 血とあわせて一気読み。あんまりいい話にしなくてもよかったかな~というのと、加賀谷氏からの電話受けたやつむのう~~と思いながら読んだ。そしてあの人のイメージは哀川翔っぽい。 04/15 22:07


警官の血(上下)/佐々木譲 下巻はあれの耐性がない人が読むとダメージを受けるので注意すべし。祖父・父ときてそれでも警察官になっちゃうもんかな~。俺ならならないけどな~。と思いながら読んだ。
[書名認識できず]
Googleで検索
警官の血(上下)/佐々木譲 下巻はあれの耐性がない人が読むとダメージを受けるので注意すべし。祖父・父ときてそれでも警察官になっちゃうもんかな~。俺ならならないけどな~。と思いながら読んだ。 04/15 22:05


プライド/真山仁 農水の人のが心に残ったかな。あと桑の人。後者はある意味でラブストーリーのようにも思われたけれども。読後感が必ずしもすっきりしていないのもあるのが、かえってぴりりとしててよいかな。
[書名認識できず]
Googleで検索
プライド/真山仁 農水の人のが心に残ったかな。あと桑の人。後者はある意味でラブストーリーのようにも思われたけれども。読後感が必ずしもすっきりしていないのもあるのが、かえってぴりりとしててよいかな。 04/15 22:04


新装版 ススキノ・ハーフボイルド (双葉文庫)
ススキノ・ハーフボイルド/東直己 こんな学生いるかっつーの!と思うけど青少年のひねくれた心はこんな感じなのかもしれない、とも。しっかしいい生活してんな小僧… 03/06 22:47


猫は忘れない (ハヤカワ文庫JA)
猫は忘れない/東直己 しかし強烈な登場人物が多いな…と。三好のインパクトがやばかったがこういう人本当にいるからかえってゾッとするよね。 03/06 22:47


眼球堂の殺人 ~The Book~ (講談社文庫)
眼球堂の殺人/周木律 大仕掛けのトリックは少なくとも3作品は挙がる程度にはみたことあるものの、犯人のとった行動等面白く読めた。それにしても最後のここで叙述使ってるよ~みたいなのは蛇足にすぎるし、実は…の流れもアナグラム見る人なら一瞬で看破するしバレバレでは。 03/06 22:44


虚像の道化師 (文春文庫)
虚像の道化師/東野圭吾 草薙が活躍?する偽装うもよかったが、割と人間ドラマ仕立ての曲球るが一番良かったように思う。たまには平和な話も良いね(人死んでるけど)。 03/06 22:41


怪しい店 (角川文庫)
怪しい店/有栖川有栖 思えばショーウィンドウはドラマ版を見てからだったな、とあらすじを思い出しながら読んだ。怪しい店が一番よかったかな。もう少し厚いのが読みたいぞ。 03/06 22:40


聖女の救済 (文春文庫)
聖女の救済/東野圭吾 これ実行可能なん?気づかれないか的な意味で。 03/06 22:39


ホテル・ピーベリー (双葉文庫)
ホテル・ピーベリー/近藤史恵 ふと手に取ってみた本だったが読んでみてよかったですね。淡々と静かな語り口ですいすい進むし真相も意外性があってよい。 03/06 22:38


七人の証人 (講談社文庫)
七人の証人/西村京太郎 じいさん金ありすぎんよ~ ブラジルで頑張ってきたからの一言で済ませられる場面多すぎてじいさん強すぎんよ~ 03/06 22:34


氷舞 新装版: 新宿鮫6 (光文社文庫)
氷舞/大沢在昌 香田がいい味だしてる。あとは浮気ダメゼッタイといったところでしょうか。 03/06 22:33


炎蛹 新装版: 新宿鮫5 (光文社文庫)
炎蛹/大沢在昌 死亡フラグ立て続けに立てすぎちゃうかという人物が登場するがなかなかこのオッサンやりおる。プパカード1個獲得。 03/06 22:29


204件のデータ - 11ページ中3ページ