読んだ4!

さんの、読書記録

711件のデータ - 36ページ中1ページ

観光不毛の地からの逆転劇 ―川崎工場夜景のヒミツ (文芸社セレクション)
観光不毛の地からの逆転劇 観光インフラがない都市、川崎で産業観光、工場夜景を人気コンテンツに育て上げた名プロデューサーの奮闘記。地域資源を磨き、宝物にできるのは、民間企業や公共機関、ましてや旅行会社でもなく、地域の人々だけだ。 02/17 16:39


さかなの使い切りBOOK (カジュアルレシピBOOK)
さかなの使い切りBOOK アジ、サケ、マグロなど身近な魚、13種類を青魚、白身魚、赤身魚に分類。どの魚も焼くと美味しく食べられる。サバは味噌と、サケはマヨネーズと相性がよい。青魚から出た脂は、こまめにふき取る。 02/17 16:32


ブラタモリ3 古都奈良、杜の都仙台を散策。奈良の大仏は、顔は江戸時代、上半身は戦国時代、下半身は奈良時代、臀部は鎌倉時代に造られた。仙台では、町人のまちに町、武士のまちに丁を付けて表した。定禅寺通のケヤキ並木は、戦後植樹された。
[書名認識できず]
Googleで検索
ブラタモリ3 古都奈良、杜の都仙台を散策。奈良の大仏は、顔は江戸時代、上半身は戦国時代、下半身は奈良時代、臀部は鎌倉時代に造られた。仙台では、町人のまちに町、武士のまちに丁を付けて表した。定禅寺通のケヤキ並木は、戦後植樹された。 02/17 15:15


東京駅100周年東京駅100見聞録
東京駅100見聞録かつてホームのない11番線、さらに12番線、13番線が存在したが、新幹線ホームの増設によりいずれも消滅した。京王プレッソイン大手町から駅舎のドームが見える。終着駅(ターミナル)でなく通過駅として建設した事が、その後の拡張に繋がった。 02/14 16:45


札幌市電が走る街 今昔 未来をめざす北の都定点対比 (キャンブックス)
札幌市電が走る街今昔 札幌駅前とすすきのを中心に、四方に延びていた路線も現在は8.5 kmを残すのみ。昭和30年代に製造され今も現役の210形、220形、240形、250形や、美しいデザインの連接車、A820形、A… https://t.co/ZumL0QFEbK 02/14 16:13


ホテルローヤル (集英社文庫)
ホテルローヤル 釧路湿原に面した高台にあるラブホテルを舞台に繰り広げられる、男女の愛憎劇。時空を越え、緩やかな繋がりをもつ7つの短編で構成される。中でもバブルバスが、最も心にしみた。 02/11 12:35


簡単! おいしい! サバ缶レシピ
簡単!おいしい!サバ缶レシピ 火を通す必要があるけれど、脂がのり料理の美味しさを増すサバ。缶詰を使う事で、調理を簡単にしたメニューを紹介。中でも大根入りの船場汁とニラ玉雑炊が美味しそうだ。 02/11 12:16


ずるずる、ラーメン (おいしい文藝)
おいしい文藝ずるずる、ラーメン 丸山健二によるエッセイが印象に残った。高校時代、寮の食事ではもの足りず、ラーメン屋や焼肉屋に通った。焼肉屋は東一番丁にあり、肉よりも安いモツを好んで食べたそう。現在の牛タンブームにつながるエピソードだ。 02/10 15:32


ブラタモリ 5 札幌 小樽 日光 熱海 小田原
ブラタモリ5 日光、熱海、小田原と東京から近い観光地を散策。かつて、熱海に間欠泉があった。塩分濃度が高い井戸水は、飲用に適さず早川から取水する小田原用水を掘削した。一方、ミネラルを多く含む井戸水は、かまぼこ作りに利用された。 02/10 11:24


多摩川飲み下り (ちくま文庫)
多摩川飲み下り 多摩川を上流から下流に向かって散策しながら、美味しい酒とアテを楽しむ。中河原駅近くの真仲(まんなか)、武蔵小杉駅近くの玉や、蒲田駅近くの飲み処・末廣に行ってみたい。 02/01 16:47


きまぐれな夜食カフェ - マカン・マラン みたび (単行本)
きまぐれな夜食カフェ 自分の足でしっかりと立っていれば、そこが自ずと居場所になる。先のことをあれこれ気にかけるより、今をできる限り上機嫌に過ごそう。ほろ苦い4つの物語を読み進める中で、珠玉の名言に出会える。 02/01 16:42


横濱市民酒場グルリと―はま太郎の横濱下町散策バイブル
横濱市民酒場グルリと 太平洋戦争末期、酒を配給するために開かれた市民酒場。市民酒場組合と神奈川県ふぐ協会を創設した南区の忠勇、中華街仕込みの料理を提供する西区の常磐木、オムレツ、ナポリタンなど洋食が美味しい南区のハングアウトなどが今にその名残をとどめる。 01/28 21:37


裏が、幸せ。
裏が、幸せ。 太平洋側の表日本に対して、日本海側の裏日本。明治維新以降の近代化に伴い、裏日本はその発達から取り残される。だからこそ裏日本には優れた自然、風土、文化が今も残されている。一方で裏日本は、田中角栄を始め、怪物を醸造する場所でもある。 01/28 09:41


パンダ銭湯
パンダ銭湯 黒白のまだら模様で、丸くてかわいい人気者のパンダには、人間が知らない秘密があった。パンダ専用の銭湯では、サングラスを外し、ワックスを落とした真っ白な熊が入浴中。銭湯だけでしか本当の姿でくつろげない人気者の姿をコミカルに描く。 01/27 10:36


ふしぎなえ (安野光雅の絵本)
ふしぎなえ 上下が逆さまの家、高さがあべこべの階段、縦横が食い違う歩道橋など、いわゆるだまし絵がいっぱい。眺めていると不安、不思議、おかしさを感じる。1968年発行のロングセラー。 01/27 10:28


シングル女性の貧困――非正規職女性の仕事・暮らしと社会的支援
シングル女性の貧困 悩みや不安を解消するのに、コミュニティに参加するのは策のひとつだ。地域のコミュニティは家族構成や自身の属性をさらけ出す必要があるが、趣味のコミュニティはそれらに縛られにくい。現在だけなく、将来のリスクにも目を向ける必要がある。 01/14 14:35


さっぽろ大路小路―札幌いまとむかし (1972年)
[書名認識できず]
Googleで検索
さっぽろ大路小路 冬季オリンピックを機に変わりつつある札幌の街と道を、読売新聞が札幌市内版記事に連載。江戸時代末期に始まる開拓期、明治時代に狸小路、ススキノなど現在の繁華街が形成された発展期、戦後に破壊と再生による再建期と100年を振り返る。 01/09 09:29


だじゃれ世界一周
だじゃれ世界一周 だじゃれを交えながら、世界49ヶ国を絵で巡る。はがじょうぶでカメルーンとあースッペインの組合わせが秀逸。 01/02 15:03


好色入道
好色入道 京都市長選で火花を散らす各務原と澄田。その澄田をサポートする妻亜矢子、怪僧秀健、森林、市原。各務原を慕い、単身京都に乗り込んだジャーナリスト純子。魔物が棲む都、京都を舞台に、ひと癖もふた癖もある登場人物が暗躍する。 12/30 11:51


はやくかえってこないかな (こどものとも700号記念コレクション20)
はやくかえってこないかな 今日はパパの誕生日。もみちゃんとママは、パパの大好きなかぼちゃのケーキを作ってパパの帰りを待ちます。電車が遅れてなかなか帰ってこないパパ。ひと口、ふた口とケーキを食べた跡には木の実や松毬をデコレーション。 12/24 15:32


711件のデータ - 36ページ中1ページ