読んだ4!

さんの、読書記録

603件のデータ - 31ページ中4ページ

かばくんとおかあさん (かばくん・くらしのえほん)
かばくんとおかあさん 出勤するおとうさんを見送ったかばくんとおかあさん。遊びたいかばくんと洗濯物を干さなきゃいけないおかあさん。早く遊びたくて手伝いますが、手が泥だらけ。その後、干し方を教わり、絵本を読んでもらいます。 09/12 19:06


大阪・関西の「謎と不思議」を歩く (ヴィジュアル新書)
大阪・関西の「謎と不思議」を歩く 大阪城で発見された豊臣秀頼と見られる栄養状態のよい若者の人骨。大阪ビジネスパークの地下にある幻のホーム。主婦の口コミで広まった高槻のうどん餃子。大阪を始め、関西には不思議がいっぱいだ。 09/12 18:58


オレたち花のバブル組 (文春文庫)
オレたち花のバブル組 シビアな内容にも関わらず、簡潔な文体で時にユーモアを交えながら軽快なテンポで話が進む。半沢直樹とその同期が協力し合いながら、伊勢島ホテルの巨額投資損失事件とタミヤ電機の浮き貸し事件を解決する。 09/04 20:23


北朝鮮に嫁いで四十年 ある脱北日本人妻の手記
北朝鮮に嫁いで四十年 ダンスホールで出会った在日朝鮮人と結婚し、1961年に夫一家とともに北朝鮮に渡った日本人妻の自伝。地上の楽園とは程遠い状況の中、感情を殺し、時の流れに身を任せて生き抜いた。 09/04 20:07


かばくんの はる なつ あき ふゆ (かばくん・くらしのえほん)
かばくんのはるなつあきふゆ かばくんを中心とした家族が経験する四季の行事を通じて、季節にちなんだ名物を紹介する。花見をしたり、むし取りをしたりして、少しずつ成長していくかばくんを我が子のように温かく見守りたくなる一冊。 08/28 16:16


氷平線 (文春文庫)
氷平線 北の大地で寒さをものともせず、強くしなやかに生きる6組の男女を描いた短編集。表題作のラストでは、流氷の上を歩く誠一郎と友江の姿が目に浮かぶようだ。 08/27 19:06


箱根駅伝コトバ学
箱根駅伝コトバ学 就職活動では大学3年までの実績が重視される。マラソン強化のため、スピードの出ない5区の距離を延ばすのは効果が薄い。金哲彦の著書、走る意味は、読後に重厚感と爽快感が共存する。 08/27 12:12


ママさんバレー 基本と戦術 (パーフェクトレッスンブック)
ママさんバレー基本と戦術 1984年ロサンゼルス五輪銅メダリストの丸山由美がママさんバレーチームを指導。9人制で 選手はもちろん監督、審判を含めてすべて女性で構成される。健康だけでなく、仲間づくりや家族の結束にも効果がある。 08/26 12:06


拉致と決断 (新潮文庫)
拉致と決断 1978年に拉致され、24年間北朝鮮で生活し、2002年に帰国した蓮池薫。朝鮮での生活を淡々と描く。招待所で毎日同じ生活を送り、日記や生活総括を書き、発表する。本音を言わず、警戒心をもって他人と接する苦しさを実感した。 08/26 12:00


鉄道技術の日本史 - SLから、電車、超電導リニアまで (中公新書 2312)
鉄道技術の日本史 日本の鉄道は、戦前はヨーロッパから、戦後はアメリカから技術や部品を輸入して造られた。1901年に鉄製品の国産化が開始され、1964年に新幹線の開業が世界から注目を浴びた。その間、わずか63年、技術革新の速さを実感した。 08/22 09:13


大阪人と日本人―マナーから人生観まで、違いのすべてを徹底検証 (PHP文庫)
大阪人と日本人 せっかちで商人と豊臣秀吉が好きで、歩くのが速くて食のこだわりが強い大阪人。エスカレーターは、歩く速さを倍化する道具。ドーナツ化現象を食い止めるには、秀吉のような強力なリーダーが必要。 08/17 09:01


高炉の神様―宿老・田中熊吉伝 (文春文庫)
宿老・田中熊吉伝 鉄に挑んだ男の生涯を描く。八幡製鉄の社内報編集部員だった佐木隆三は、インタビューを通じて田中熊吉と出会う。左目を失明しながらも、強い気持ちでドイツ留学を果たす。その後98歳で生涯を閉じるまで現場で働き続けた。 08/11 17:55


だっこだっこ (新しいえほん)
だっこだっこ くまのこはおかあさんの好きなルルーパンを買いにおつかいに。ところが生憎お店はお休み。帰り道、色々な動物の子供がおかあさんに抱っこされているのを見て寂しくなります。泣いているところをカンガルーのパン屋さんに助けられ、好きなだけパンを持ち帰ります。 08/10 11:06


よみきかせ のりものしゃしんえほん (2) バス (よみきかせのりものしゃしんえほん)
よみきかせのりものしゃしんえほんバス 日頃よく目にする路線バスを中心に、様々な種類のバスを写真で紹介する。エンジンは、後方座席の下にある。平日土曜の朝にバス専用レーンが設けられている。 08/10 07:59


地球と生きる「緑の化学(グリーンケミストリー)」 (中公新書ラクレ)
地球と生きる緑の化学 日本鋼管(現JFE)は、製鉄炉で発生したガスから自動車燃料に使えるジメチルエーテルを製造する技術を開発した。高温の製鉄炉に鉄鉱石と石炭を投入。石炭は鉄鉱石中の酸素と燃焼し銑鉄が生まれ、一酸化炭素や水素がガスとして排出される。 08/08 08:54


外資系コンサルが実践する 資料作成の基本 パワーポイント、ワード、エクセルを使い分けて「伝える」→「動かす」王道70
外資系コンサルが実践する資料作成の基本 資料を見せる相手、資料を使う狙い、相手と狙いの妥当性を明確に。目的に応じてWord、Excel、PowerPointを選択する。目次と概要を記したスケルトン、一通り内容を記したドラフト、フィックスの3段階を踏む。 07/31 16:00


鳥居りんこの親の介護は知らなきゃバカ見ることだらけーーー申請から施設探しまで、介護初心者には想定外の事態が待っていた!
親の介護は知らなきゃバカ見ることだらけ 介護認定の申請は、地域包括支援センターで代行可能。要支援は2区分、要介護は5区分に別れる。特記事項に記載されるよう、数字を出し具体的に介護の大変さを訴える。かかりつけ医による主治医意見書も重要。 07/31 11:35


35歳までには“最低"知っておきたい経済学ドリル
35歳までには最低知っておきたい経済学ドリル 2050年、日本の人口は9000万人に減り、世界の人口は100億人に増える。日本人の平均金融資産は、一人あたり1180万円だが極端な偏在がみられる。単身世帯では100万円、2人以上世帯では500万円だ。 07/31 11:24


「東洋の魔女」論 (イースト新書)
「東洋の魔女」論 東京オリンピックで女子バレーボールを制した日本チームは、そのほとんどが日紡貝塚のメンバーで占められていた。産業革命以来、若い女性労働者が多い繊維メーカーと相手チームと体の接触がないバレーボールは親和性が高かった。 07/30 08:52


それでもヤクザはやってくる―暴力団vs飲食店経営者のあくなき闘い (朝日文庫)
それでもヤクザはやってくる 川崎市川崎区堀之内近くに開店したカラオケスナック、ナポレオンを巡る大家との攻防が読みごたえあり。仮名ながら現職の国会議員が登場する。 07/28 09:45


603件のデータ - 31ページ中4ページ