読んだ4!

さんの、読書記録

671件のデータ - 34ページ中9ページ

にひきのかえる
にひきのかえる 緑色の蛙と黄色の蛙はお互いの色を巡って取っ組み合いの喧嘩を始めます。しかし寒い冬を眠って過ごした後は、喧嘩をしていた事を忘れたかのように肩を組みにこにこ笑いあいました。人間も蛙もよく眠ると機嫌がよくなるようです。 07/01 11:31


ランチのアッコちゃん
ランチのアッコちゃん 出版社で働く派遣社員と部長が1週間ランチを取り替えっこ。食べる事は生きる事、そしてより良く生きるためのヒントを得る事だ。表題作を含む、短編4編を収録。 06/27 22:43


九州特急物語―創業からJR九州までの120年 (JTBキャンブックス)
九州特急物語 JR発足以降、九州独特の特急列車が続々と登場した。赤いハイパーサルーン783系、黒いつばめ787系、青いソニック883系、白いかもめ885系。原色を大胆に使用し、海外の列車を思わせるデザインは、主に水戸岡鋭治氏の手による。 06/27 15:09


一生モノの超・自己啓発 京大・鎌田流 「想定外」を生きる
一生モノの超・自己啓発 よいイメージとつながった時、人はどんな苦労や困難にも耐えられる。夢は持とうとするものではなく、出会うものだ。出会う機会を増やすため、行動量を増やそう。想定外を考慮したゆるい計画主義が求められている。 06/21 18:31


なぜか必ず目標達成できるチームがやっている7つのこと (アスカビジネス)
なぜか必ず目標達成できるチームがやっている7つのこと 手段でなく結果を想い描く。良くないと感じた時、心に浮かぶ良い状態を具体化する。想いを言葉にし、その指標を明確化する。メンバーが想いに共鳴しても、想いが一致する訳ではない。 06/18 16:44


いのちが危ない残業代ゼロ制度 (岩波ブックレット)
いのちが危ない残業代ゼロ制度 日本の賃金は、年功序列から成果、能力を基準にする体系に変遷した。ホワイトカラー・エグゼンプションは、新たな労働時間制度における事務系や研究開発系等の労働者の働き方に適した制度の創設に改められた。 06/18 12:04


すべてはモテるためである (文庫ぎんが堂)
すべてはモテるためである 男性的な感性は自分と関係のない記号(サイン)に興奮し、女性的な感性は自分に向けられた信号(シグナル)に興奮する。自分の中に熱血漢、キザな奴、リラックスする奴を持ち、その役割を演じよう。 06/04 10:48


かえるのがっしょう (わらべうたえほん)
かえるのがっしょう 紙粘土で造られた蛙が可愛らしい。歌が進むにつれて、登場する動物の数と種類が増える。ゲロゲロゲロゲロ♪ではなくケケケケケケケケ♪と歌っている。 05/29 09:49


ぎょうれつのできるレストラン
ぎょうれつのできるレストラン 木の上でレストランを営む梟の一家。子供のポーは空に飛び立ちますが、地面に落ちてしまいます。モグラが作った薩摩芋を美味しい料理に大変身させ、動物達に喜ばれます。木に階段を作ってもらい、レストランに戻ります。 05/26 09:30


東京の庭(青梅~奥多摩 小さな旅)
東京の庭青梅~奥多摩小さな旅 登山でもなく観光でもない青梅、奥多摩地区の街歩きガイド。大きな石蛙が鎮座する宗健寺で不定期に開催される坊主BAR、久保板観氏の作品に代表される郷愁をそそる映画看板、サホリ氏が好物という紅梅苑の青梅葛きり。 05/22 11:43


本当は結婚したくないのだ症候群
本当は結婚したくないのだ症候群 明治時代、海外から日本に導入された恋愛は、優生思想を根付かせるため結婚と近づき、合致した。戦後、結婚と合致しない恋愛の可能性が文学や音楽を通して語られ、結婚すれば幸せだという概念に揺らぎが生じた。 05/22 11:35


お小遣い3万円時代のサラリーマンのためのお金のかからない家族サービス
お金のかからない家族サービス 公園と児童館を活用しよう。記念日のプレゼントに手紙を添えよう。家族のマスコットを作ろう。サッカー、野球チームの公開練習を見学しよう。調べ物の課題を与えて図書館に行こう。 05/18 15:20


もじ部 書体デザイナーに聞く デザインの背景・フォント選びと使い方のコツ
もじ部 文字のスペシャリストが部長になり、14回の授業を開催。竹下直幸による新聞明朝体と書体の見分け方、株式会社イワタによるフォント制作現場の紹介。新聞明朝体は、縦80%の扁平が標準。日本語書体はひらがな、特に「かたなの」に特徴が出る。 05/18 11:57


もっと知りたい岡本太郎 生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)
もっと知りたい岡本太郎 全ページカラーで絵画を中心に岡本太郎の作品を時代順に紹介。闇に対峙する少女を画いた「夜」、右傾化する社会を動きある構図で風刺した「森の掟」、反核のメッセージを伝える「明日の神話」が印象に残った。 05/18 11:23


教室で学ぶワークルール
教室で学ぶワークルール 会社に勤める上で必要となる基礎知識をワークルールと名づけ、分かりやすく説明。事例を数多く紹介する事で自分事として考えられる。対立関係をクールに処理できる事が重要である。 05/07 12:14


おいしいワインの選び方 (イースト新書Q)
おいしいワインの選び方 白ワインは白ブドウから赤ワインは黒ブドウから造られる。ロゼワインは黒ブドウから造られるが、ロゼ色に染まった所で液体を抜く。スパークリングワインの泡は、瓶詰めの時に加えられる酵母と糖分から生まれる。 05/02 21:27


日本の雇用--ほんとうは何が問題なのか (講談社現代新書)
日本の雇用 公共事業など直接雇用の創出による失業対策は、終息させるのが難しい。夫婦共働き、豊かな人的ネットワークの醸成、法律に関する基礎知識の習得により私的セーフティネットを構築しよう。 05/02 18:35


ヤクザと原発 福島第一潜入記 (文春文庫)
ヤクザと原発 東日本大震災の3ヶ月後に福島第一原発に潜入し、作業員として働いたフリーライターのルポルタージュ。放射能が人体に与える影響には、線数でなく汚染度が大きく関係する。震災以前から暴力団のフロント企業が原発の作業を請け負っている。 05/01 14:21


かあちゃん えほんよんで
かあちゃんえほんよんで 美容師のお母さんはいつも忙しい。お父さんの分も仕事をしないといけないから。疲れて眠るお母さんに本を読んでと言えない僕。誕生日に本をプレゼントにくれ読んでくれた。心温まる一冊。 05/01 11:03


こぶたのブルトン ふゆはスキー
こぶたのブルトンふゆはスキー ブルトンはアンドレ、だるまのタカサキさんと列車でスキーに出かけます。車内で会ったコウテイペンギンのスキー場でジャンプ大会に出場し、見事に優勝。荒唐無稽な展開が面白い。 05/01 10:55


671件のデータ - 34ページ中9ページ