読んだ4!

さんの、読書記録

841件のデータ - 43ページ中1ページ

結婚クライシス: 中流転落不安
結婚クライシス 山田昌弘東京書籍2016/08¥1400税別新聞連載のコラムのまとめだったのか。あとがきを読んでなるほどエッセイ風になるなと。若い衆の経済状況をよくする他に手はない気がする。著者も社会制度が変わらないと嘆いている。状況を知る立場故尚更だろう。 08/17 08:48


@yonda4 宮部みゆきの江戸怪談散歩 宮部みゆき責任編集中経出版¥657税別2013/08怪談をめぐる対談、散歩用案内、怪談お薦め作品。岡本綺堂、半七以外も読んでみようか。道尾秀介もお初に読もうか。思えば時代物に入るきっかけはみゆきさんでしたな。
[書名認識できず]
Googleで検索
@yonda4 宮部みゆきの江戸怪談散歩 宮部みゆき責任編集中経出版¥657税別2013/08怪談をめぐる対談、散歩用案内、怪談お薦め作品。岡本綺堂、半七以外も読んでみようか。道尾秀介もお初に読もうか。思えば時代物に入るきっかけはみゆきさんでしたな。 08/14 21:39


ポアロ登場 原題Poirot Investigates早川書房2004/07 ¥720税別図書館本 ポアロシリーズ一覧にはない短編集。ポアロの手口というかやり口というか。言葉はわるいけど。サクサク読了。短編だから忘れてないうちにホシが挙がるからだろうな。
[書名認識できず]
Googleで検索
ポアロ登場 原題Poirot Investigates早川書房2004/07 ¥720税別図書館本 ポアロシリーズ一覧にはない短編集。ポアロの手口というかやり口というか。言葉はわるいけど。サクサク読了。短編だから忘れてないうちにホシが挙がるからだろうな。 08/12 22:34


ねこあつめの家 (実業之日本社文庫)
ねこあつめの家 映画2017スランプの作家が原点に気づいて再起する話。全員善人。ひとりでは再起できなかったろうな。amazon 08/12 22:22


ABC殺人事件 (クリスティー文庫)
ABC殺人事件 A.クリスティハヤカワ文庫2003/03¥680税別堀内静子訳図書館本 audibleで聴いて結末は承知。聴く⇨読むを見込んだ脚色なのかと思う。その意図ならアタシは釣られているな。読みなれてくれば、確認の為の戻りは減るものだな。 08/12 08:12


わかりやすい一表式 誤字俗字・正字一覧〔全訂〕
ナイルに死す アガサ・クリスティ加藤祥造訳早川書房2016/06¥980税別これは誰だっけと登場人物一覧を見返しながら読了。横文字の上ミドルネームとでも言うのか呼び方は「一覧」の通りではなかったりする。が、読了。ポアレは早川の文庫だけで34冊もある。ローラー?無謀 08/08 21:40


ナイルに死す (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
ナイルに死す audibleで聴く。アガサ・クリスティラジオドラマのような構成。筋や結果はわかったが、名探偵ポアロの推論の根拠がわからなかった。で、文庫を借りる。ドラマのシナリオはよくできているのだろうが、聴くことに慣れていないための聞き落としなのかもね。 08/08 12:34


@yonda4 体力の正体は筋肉 樋口満 集英社新書¥7562018/4図書館本待だったが最寄のリアル書店で見かけたのが運の尽きで買ってしまった。筋肉の疲れの原因は乳酸ではないというのが得た知見。ホウ!後はそうだよねとまだそれかいだった。bookoffに持っていこう。
[書名認識できず]
Googleで検索
@yonda4 体力の正体は筋肉 樋口満 集英社新書¥7562018/4図書館本待だったが最寄のリアル書店で見かけたのが運の尽きで買ってしまった。筋肉の疲れの原因は乳酸ではないというのが得た知見。ホウ!後はそうだよねとまだそれかいだった。bookoffに持っていこう。 08/03 21:23


@yonda4日本-喪失と再起の物語 D・ピリング早川書房¥880税別2014/10社会に関する著作は炎上やクレームを恐れてキレがなくなる場合が多いが、これは簡潔でいい。訳もいい。失われた10年を調整の10年とする説も紹介している。最高益を出している企業は調整できたのだろう。
[書名認識できず]
Googleで検索
@yonda4日本-喪失と再起の物語 D・ピリング早川書房¥880税別2014/10社会に関する著作は炎上やクレームを恐れてキレがなくなる場合が多いが、これは簡潔でいい。訳もいい。失われた10年を調整の10年とする説も紹介している。最高益を出している企業は調整できたのだろう。 07/01 17:04


「原因と結果」の経済学―――データから真実を見抜く思考法
「原因と結果」の経済学 中室牧子津川友介ダイヤモンド社¥1600税別2017\02 「統計学が最強の学問である」を補足してくれた。その結論が汎用かどうかはまた別に用心深く考えよう。だいぶ前に「ヤバい経済学」が面白かったが、あれからずいぶん経つよな。 07/01 15:23


じつは怖い外食 ~サラリーマンランチ・ファミリー外食に潜む25の危険~ (ワニブックスPLUS新書)
じつは怖い外食 じつはもっと怖い外食 南清貴ワニ・プラス¥800税抜201403 時々に噂のように耳にする安価外食の非安全性を拾い集めたような内容。とんかつの衣の技術革新に驚き、話題にいたところ紹介されて読んだ。しかしここでの一時代遡る。 06/09 09:06


天上の葦下 上を終えた後3週おいて下を手にする。ちゃんと読めるものだ。上の筋がぐんぐん蘇る。凄い作品だと思う。アタシは戦争の臭いがまだ残っていた時代を知っている。民主主義や平和が輝いた一瞬を知っている。だから今違和感でいっぱい。この違和感のない世代はこれを読むか。
[書名認識できず]
Googleで検索
天上の葦下 上を終えた後3週おいて下を手にする。ちゃんと読めるものだ。上の筋がぐんぐん蘇る。凄い作品だと思う。アタシは戦争の臭いがまだ残っていた時代を知っている。民主主義や平和が輝いた一瞬を知っている。だから今違和感でいっぱい。この違和感のない世代はこれを読むか。 05/29 14:00


誰も知らない最強の社会保障障害年金というヒント 最強の社労士チーム 三五館2014/04¥1200税別勧めたい知人が有り読んで勧めてみる。認定が難しいという前に申請が難しい。書式がではなく決心が。国民年金を申請するように要件を満たしたものが申請すればいいのだがね。
[書名認識できず]
Googleで検索
誰も知らない最強の社会保障障害年金というヒント 最強の社労士チーム 三五館2014/04¥1200税別勧めたい知人が有り読んで勧めてみる。認定が難しいという前に申請が難しい。書式がではなく決心が。国民年金を申請するように要件を満たしたものが申請すればいいのだがね。 05/06 14:10


日本の近代とは何であったか――問題史的考察 (岩波新書)
日本の近代とは何であったか 三谷太一郎岩波新書2017/03¥880税別期限に追われるもの優先にしたため、ほっといてごめんなさい。お祭り騒ぎが終わるからまた読みます。立憲主義の源を江戸幕府の行政機構に見るっていうのが、面白くて。当たり前なのにね。断裂はあり得ない。 05/06 09:23


1から学ぶ大人の数学教室 円周率から微積分まで (早川書房)
[書名認識できず]
Googleで検索
1から学ぶ大人の数学教室 ジェイソン・ウィルクス早川書房2018/02¥3300税別アタシの理解範囲は数学ではなく算数だったっけ。お見それしました。半世紀前受験で使わないからと数IIIから逃げたことを近頃後悔することがある。これもそのひとつ。 05/06 09:18


実測!ニッポンの地域力 藻谷浩介日本経済新聞出版社2007/09¥1800税別これ読んで対応を始めた自治体に幸あれ。対応への抵抗勢力どもに天罰を。まぁ、天、忙しくなってるよね、きっとさ。
[書名認識できず]
Googleで検索
実測!ニッポンの地域力 藻谷浩介日本経済新聞出版社2007/09¥1800税別これ読んで対応を始めた自治体に幸あれ。対応への抵抗勢力どもに天罰を。まぁ、天、忙しくなってるよね、きっとさ。 05/06 09:12


デフレの正体 経済は「人口の波」で動く (角川oneテーマ21 C 188)
デフレの正体 藻谷浩介2010/06¥724税別再読か再再読。印象が違う。提言については微々だはあるが取り入れられていると思う。恐ろしいのは6,7年前の予測が当たりまくっているところ。ぞっとしてくる。 05/06 09:06


天上の葦 太田愛2017/02KADOKAWA¥1600税別ドラマ相棒の脚本家の一人だという。面白かった。図書館への予約戦略論しくじったせいで、下巻を買うはめになるか、忍耐が勝つか。これまた生年の記載がない。KA…よお前もかだよな。
天上の葦 太田愛2017/02KADOKAWA¥1600税別ドラマ相棒の脚本家の一人だという。面白かった。図書館への予約戦略論しくじったせいで、下巻を買うはめになるか、忍耐が勝つか。これまた生年の記載がない。KA…よお前もかだよな。 05/06 09:02


AIvs.教科書が読めない子どもたち 同じ子どもの学力を扱った「【学力】の経済学」より遥かに説得力がありかつ品があった。いやこれを読んで「学力の…」の品の無さにきづいた。違和感の正体がわかってすっきりした。それにしても著者が女だと生年を記さないというのは頂けない。
[書名認識できず]
Googleで検索
AIvs.教科書が読めない子どもたち 同じ子どもの学力を扱った「【学力】の経済学」より遥かに説得力がありかつ品があった。いやこれを読んで「学力の…」の品の無さにきづいた。違和感の正体がわかってすっきりした。それにしても著者が女だと生年を記さないというのは頂けない。 05/06 08:56


AI vs. 教科書が読めない子どもたち
AIvs.教科書が読めない子どもたち 新井紀子東洋経済新報社2018/02¥1500税別読了。まずAIについてわかり過剰な期待や恐れはなくなった。子どもの読解力の低さは想定内だった。氏は自分も周囲も高読解力だから驚いたのだろう。読解力を向上させる方法。あるのか。 05/06 08:52


841件のデータ - 43ページ中1ページ