読んだ4!

さんの、読書記録

802件のデータ - 41ページ中5ページ

新装版 震える岩 霊験お初捕物控 (講談社文庫)
震える岩 読了してから、あぁ読んでるわこれって、遅。蒲生邸事件、天狗風とこのところみゆき祭りだ。小説って全部が何らかの伏線になってる。絡脈のない日常とはちがって。だからか、神隠しの娘の父親の悪夢が邪魔くさい。あってもいいのだろうが、ある理由はわからん。 02/11 13:28


23区格差 (中公新書ラクレ 542)
23区格差 面白い。各種の公的データの使いにくさを蹴散らしつつきっちり提示して論を展開する。本多勝一氏を読んだ後のため、添削しながら読めて自分のトレーニングにもなるって、なんのこっちゃ。ガツガツ読んでしまうときっと後悔するに違いないぞ。 01/30 12:11


「学力」の経済学
「学力」の経済学 昭和16年精鋭を集めて日米開戦後をシュミレートし結果が日本必敗であっても、「机上の論」として開戦した。シュミレート通りの結果。何も教育に限らない。エビデンス不毛の地。重税感が税の投入効果を明らかにせよという力になるか。 12/14 20:38


文庫 定年後7年目のリアル (草思社文庫)
定年後7年目のリアル この人がこんな暮らしができるのは炊事、洗濯、掃除、買出などの日常業務を担うヒトがいるに違いないと思う。自前でやっていたら、こんな時間はない。すると、千鶴子さんへのツッコミは半分はミソジニってことかい?読者は定年後のジイさん。バアさんはどうよ。 11/19 20:27


カレーのすべて―プロの味、プロのテクニック
料理のきほん練習帳 Ⅱに載ってる「欧風カレー」を作る。赤唐辛子を他の材料に合わせて減らし忘れたためにえらく辛い。が他はクミンも要りインスタントコーヒーも揃えたからまずまず。鍋の底面積が材料の割に広いから水分の蒸発が早い。要再挑戦。でも暫く後で。 11/15 18:10


Learning Numpy Array
@yonda4-3-2料理のきほん練習帳 Ⅱの方に載ってる「欧風カレー 11/15 18:06


GIANT KILLING(31) (モーニングコミックス)
[書名認識できず]
Googleで検索
ジャイアントキリング31 それまで脇役だったキャラクタに焦点をあてると、物語がひとつできる。当てられた人物が急に厚みをます。面白い。借りるから順番が来るまでに話の流れを忘れそうなのが難。でも大人買いをしたりしないぞと心に誓う。誓ったからね。 11/05 21:09


生きもの驚異の世界―進化と行動の科学 (別冊日経サイエンス 206)
生きもの驚異の世界 別冊日経サイエンス。ダイジェストはつまらんと思っていてごめんなさい。結構面白いです。へぇ〜、ですよ。ヤドカリ新しい住まいを得るために並ぶんだ!蜂が仲間を顔で認識するんだ!ほぅ。 11/05 21:04


壇蜜日記2 (文春文庫)
壇蜜日記 たいした人だ。そりゃそうか。飯島愛のプラトニックなんとかを読んだ時も、たいしたものだと思った記憶がある。看板だけを見て付き合うと見えてこないが、来なくて結構、いや来ないでねってことか。はは。 11/05 20:56


文庫 定年後のリアル (草思社文庫)
定年後のリアル 知人の薦めで。若さに価値を置いてしまったら、そこからは負け戦さにしかならない。時間は逆流しないから。定年後何をしてもいい、何もしなくてもいい。老化前に退職後を想い、暇に潰される恐怖を感じたが、大丈夫。そんなにサクサク物事を捗らせることはできない。 11/05 20:49


幼児教育の経済学
幼児教育の経済学 もっともだといちいち納得。自分以外の人間がちょっとでも得をするのは許せないのかな、人間て。税金は多岐にわたりドブに捨てているのだから、ま、いいかぁとドブに捨ててみればいい。きっとみかえり、大きいと思うよ。 10/24 14:23


日本 権力構造の謎〈下〉 (ハヤカワ文庫NF)
新・観光立国論 その通りと、いちいち納得。著者が日本人なら十字砲火に違いない。既得権やら利権やら危うくなるから。非日本人がここまで言ってくれている。「日本の権力構造の謎」で感じたことに似てる。ピクリとも動かない予感に暗澹となるところも。 10/24 14:19


糖尿病がどんどんよくなる糖質制限食
糖尿病がどんどんよくなる糖質制限食 珍しく在架でget。2010刊。食後の運動は血糖値を下げる。運動をするとエネルギーを使うから下がるのではないというのが、ホゥ。しかし主食などの糖質をとり始めてから30分後に30〜60分の運動ったてねぇ。食後は安静じゃないんだ。 09/13 22:26


草食男子0.95の壁―動物行動学的オトコ選び
草食男子0.95の壁 図書館でうろうろしていたら竹内久美子さんの本にであった。お久しぶりです。2010刊。気づかなかった。ごめんなさい。手指人差し指の長さ➗薬指の長さ。相変わらずです。 09/13 22:18


面白くて眠れなくなる進化論
面白くて眠れなくなる進化論 ダイジェストで読む名作とか、クラッシクックのさわりを集めたCDとか流行ったなと思い出した。眠れなくなるのシリーズはいろいろあるらしい。好みで言えばダイジェストでなくそれだけが書いてある専門家による素人向けの方が好きだ。なかなか無いが。 09/05 12:18


消えるオス:昆虫の性をあやつる微生物の戦略 (DOJIN選書)
消えるオス 読始。車は急に止まれない。まあ、他にすることないし、夕食は上げ膳のぉ、据え膳のぉだし。体調戻ってきたし。 08/24 16:32


ネアンデルタール人は私たちと交配した
ネアンデルタール人は私たちと交配した 読了。へ〜ぇ、そうなんだの連続だった。分子生物学ってここまでいってるんだ。それからまた数年経ってるわけだから、知らないだけでどれだけ進んでいるか。面白かったよぉ。さて次だが、少し余韻に浸りたい。 08/24 15:35


Learning Numpy Array
@yonda4ネアンデルタール人は私たちと交配した 自叙伝なんだけど、同時にチームでの研究の波乱万丈が面白い。期限までには終わりそう。論文は早い者勝ちだから精査せずに出す者も多かろうから訂正、取り消し、補足の山なのだろうな、わからんが。ペーボ氏は歯がゆいくらい慎重だ。 08/24 10:30


地方消滅 創生戦略篇 (中公新書)
地方消滅 これも出て直ぐは話題になって人口増の自治体が取材されたりしたせいか、読んだような…気がしたがこれもTV情報だったのね、とわかる。大事な課題には見向きもせず破滅方向に進もうとする政治だが、慌てなくてもちゃんと破滅できるよ。人口流動の末にね。 08/24 10:24


地方にこもる若者たち 都会と田舎の間に出現した新しい社会 (朝日新書)
地方にこもる若者たち 何処かで耳にした内容だと思ったが、TVだな。こういう新書からアイデアを得てちょっとしたドキュメンタリを作ると我も我もとと続くからなんか前に読んだかしらと思わせられる。TVの企画力の低さかな、でも取り上げないよりはいいか。 08/24 10:20


802件のデータ - 41ページ中5ページ