読んだ4!

さんの、読書記録

178件のデータ - 9ページ中1ページ

何のための「教養」か (ちくまプリマー新書)
何のための「教養」か 課題解決型の思考力を身につける。一つの確定した解答ではなく、複数の解決案を比較考量できる能力、正しい答えを出す能力ではなく、より良い選択肢を作り出し、また選択できる能力が必要であるとのことだった。ちゃんとした教養を身に付けたい。 09/22 21:05


投資は「きれいごと」で成功する――「あたたかい金融」で日本一をとった鎌倉投信の非常識な投資のルール
投資はキレイごとで成功する 企業を応援するという考え方の投資にとても興味を持った。リッツカールトンホテル日本支社長の「ホスピタリティを標準化するとただのサービスになる」という言葉が心に残った。 09/22 20:56


世界一訪れたい日本のつくりかた
世界一訪れたい日本のつくりかた 著者は、データに基づきどのようにすればインバウンドを増やせるか、また、お金をたくさん落としてくれる上客を増やせるかを提案している。外国人の視点で指摘してくれているのだから、政府・自治… https://t.co/x0sNJy7AkH 08/27 11:51


半分売れ残るケーキ屋がなぜ儲かるのか―お金は裏でこう動く
半分売れ残るケーキ屋がなぜ儲かるのか 300円のケーキ1個で材料費は15〜50円。粉系の材料費は安いので売れ残ってもやっていけるのだとか。 日本企業の場合、営業利益率3〜5%が標準で8%超えたら優良企業。高級ブラン… https://t.co/iq7bKPfSVD 08/16 17:34


ふりまわされない。 小池一夫の心をラクにする300の言葉
ふりまわされない。 たくさん心に刺さる言葉が書かれていたが、扉の「人生の『いいこと』は、過去にではなく、これからにあるといつも思っている。80歳になった今でも。」この言葉に尽きると思った。 08/16 15:51


世界を変えた10冊の本 (文春文庫)
@yonda4 世界を変えた10冊の本 この本を読んで、宗教が科学や社会に与える影響が大きいことを痛感した。古代エジプトのピラミッド建設は、ケインズ理論を実践したようだと記述があった。王の浪費の非人間的な奴隷労働でなく、農閑期の働き場所確保という景気対策だったとあり驚いた。 08/16 15:47


今までで一番やさしい経済の教科書[最新版]
今までで一番やさしい経済の教科書 経済の基本のキを学びたくて読んだ。景気、金融政策、財政政策、アベノミクス、円安と円高、インフレとデフレ、国の借金などについて解説。アベノミクスは既存の政策に数値目標を掲げ、目新しく見せただけのものだとあった。 08/16 15:36


何をやっても続かない自分を変える あきらめない練習
@yonda4 あきらめない練習 読むほどにその通りということばかりだった。時間あたりの価値低下が少ないもの(例:本)を買う。本を読むと知識に変わるから価値は下がらない。マイホームや流行り物などは価値低下が速い。人の役に立つという… https://t.co/9N9mHZYjCv 07/17 16:03


やってはいけない不動産投資 (朝日新書)
@yonda4 やってはいけない不動産投資 読み進むほど、不動産業と銀行の呆れた犯罪行為が記されていた。そして、何も考えずに不動産投資する人々の多いことにビックリ。おいしい話には罠があるに決まっているのに。この本を読んで、悪徳業者を蔓延らせ続けている原因は行政にあると思った。 07/10 16:05


ニッポン47都道府県正直観光案内
@yonda4 ニッポン47都道府県正直観光案内 行ったことのある所も結構載っていたが、まだまだ行ったことのない県自体もいっぱいあるので、この本を参考にして行ってみたい。読んでいて一番気になったのは、奈良県のサプライズが何なのか?… https://t.co/Z3i1gEPG7U 06/30 23:39


京大式 おもろい勉強法 (朝日新書)
@yonda4 京大式 おもろい勉強法 この本の中で、アフリカの人の言葉で「there is no problem. there is a solution.」どんな困難に直面しても必ず解決策があるという言葉は、素晴らしいと思っ… https://t.co/9YGIKy9m4h 06/27 16:29


東大式 世界一美しく正しい歩き方
東大式世界一美しく正しい歩き方 健康寿命を延ばしたいと思い、読んでみた。良い姿勢を保つと自然と筋肉を保つことができると常々思っていたので、勉強になった。同側型動作の大腰筋ウォーキングを意識して歩きたい。全国20ヶ… https://t.co/OavgPOSHHp 06/26 13:45


人生は1冊のノートにまとめなさい―体験を自分化する「100円ノート」ライフログ
人生は一冊のノートにまとめなさい ライフログノートの作り方、魅力、利点が述べられていて、自分もやってみたいと思った。何をやっても三日坊主な私が続くかな?と思うけど、とりあえず即、始める! 06/19 15:16


歩くのがもっと楽しくなる 旅ノート・散歩ノートのつくりかた
旅ノート・散歩ノートのつくりかた 旅ノートを家に帰ってからキレイに作ろうとするから、取りかかれずそのままになってしまうのだなと思った。本書にあったように、旅をしながら名刺大のメモをとりノートに貼り付けるなど工夫をすればいくらでも作れるのだと思った。 06/18 16:45


NHKスペシャル マネー資本主義―暴走から崩壊への真相
マネー資本主義 『株主資本主義から公益資本主義へと転換しなければいけない』とのこと。会社の目的は利益を出すことだが、その利益をなんらかの形で社会に貢献していく。そのために、経営陣、従業員、資本家が協力し合う会社を目… https://t.co/0ZyUPrXBkj 04/10 10:21


平成の経営
平成の経営 難しい内容だった。『これからの日本に必要なことは、ITだけでなく幅広い技術基盤。複雑性産業にアナログ的感性が必要』であるとのこと。 04/10 10:14


「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書
@yonda4 東大読書 『とことん本と議論する読み方をする』『読者ではなく記者になったつもりで読む』等々、納得することばかりだった。また、『姿勢が悪いと神経を集中させにくく、ミスをしがち。姿勢を正すだけで、ケアレスミスを防止できる』っていうのは驚き共に、そうかも!と思った。 04/10 10:03


誰からも好かれる NHKの話し方
@yonda4 誰からも好かれるNHKの話し方「聞いてもらえる話し方を身につける」「普段から使っている言葉や考え方は、ポロっと出る。仕事場での言葉と普段の言葉を使い分けない」「相手の話や質問をしっかり受け止める」など、自分がいかに… https://t.co/pbyrxDSkaP 03/27 22:55


鳥たちの旅―渡り鳥の衛星追跡 (NHKブックス)
@yonda4 鳥たちの旅 渡り鳥が何千キロ以上の旅を毎年しているが、人間の自然破壊によって中継地の湿地、農耕地、草地がなくなって野鳥が消えていくのは残念だ。「沈黙の春」がじわじわと忍び寄ってきていることを認識した。手遅れにならないうちに保全ができるようになって欲しい。 03/03 13:33


学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)
学びを結果に変えるアウトプット大全 アウトプットの一つに日記がある。日記は、書く能力、自己洞察力、内省能力、レジリエンス(ストレス耐性)が高まる。「楽しい」を発見する能力が高まる。ストレスが発散出来、幸せになるとあった。自分も日記を始めようと思う。 03/03 13:30


178件のデータ - 9ページ中1ページ