読んだ4!

さんの、読書記録

400件のデータ - 20ページ中1ページ

フラッタ・リンツ・ライフ―Flutter into Life (中公文庫)
4122049369[フラッタ・リンツ・ライフ] 主人公がクサナギの部下にシフト。このシリーズは他の森作品と比べて性の影が強めに感じる。生死の境界で飛ぶからか。巻末解説の、小説というより長編詩という表現に納得。 https://t.co/ifSsZk4qaA 12/10 10:51


小説 仮面ライダーオーズ (講談社キャラクター文庫)
4063148629[小説 仮面ライダーオーズ] 再読。ベルトがしゃべる以外ほぼ忘れてた。過去のアンク編、本編補完のバースベルト編、その後の映司編でバランスはとれてる。ドライブを経た今読んでも、セルフツッコミの多いバースベルトさんはなかなかアクが強い。 12/02 22:17


嘘を愛する女 (徳間文庫)
4198942846[嘘を愛する女] 「鏡の背面」から"あなたは誰"つながりで。こちらは謎人物側の語りも入るのでミステリ要素は薄く、テーマは愛。最後はじんとする反面色々疑問もあるけど、映画のノベライズなら仕方ない… https://t.co/XwI2c0RsVd 11/24 21:26


ダウン・ツ・ヘヴン (中公文庫)
4122047692[ダウン・ツ・ヘヴン] クサナギの心情描写が詩的で美しい。戦闘にも航空機にも興味はないけど、汚れやしがらみのない綺麗な空の美しさが際だって、浸って読める。単色の文庫表紙が綺麗なので、このシリー… https://t.co/UjiVERl1Yp 11/23 18:32


鏡の背面
4087711528[鏡の背面] 聖母「小野先生」は本当は悪女だったのか。登場人物達と同じように、私も読んでいて登場人物と一体化し、夢に出てくるほどのめり込んで読んだ。私も救いはあったのだと思いたい。「光は天からではなく、深い穴の底の泥の中から射してくる。」 11/19 08:54


ナ・バ・テア (中公文庫)
4122046092[ナ・バ・テア] スカイクロラシリーズは時系列で読むことにした。脆いようだけど芯は強そうな、不安定な中のはかない美しさのような空気感がいい。航空用語は雰囲気で読んだ。カバーや章扉も素敵。 https://t.co/TMvp4azkhh 11/11 23:21


あるがままに生きる
4903821536[あるがままに生きる] '92年の講演起こし、読みやすい。①こだわりをなくし、②すぐ行動することでエネルギーを流れやすくし、③本当の自分が望んでいることだけをする。閃きが大事で、頭は道具として使う。起ることには全て意味がある、受け入れる。 11/08 10:15


キミのお金はどこに消えるのか
4041071100[キミのお金はどこに消えるのか] 子供にも読ませるかと思ったけど、意外と難しいw 不景気に増税がまずいのと、借金で世の中が潤うのはわかった。でも未来に希望がもてないから借金ってやはり怖い(^^; https://t.co/wRErxFjhw5 11/05 09:03


τになるまで待って (講談社ノベルス)
4061824511[τになるまで待って] 基本このシリーズは、どうやって事件が起こったかだけ解明して、誰が何故ってのはそのままみたいなんだけど、それはいつわかるのか。そこが普通ミステリの面白いとこなんじゃないかと思うので、ちょっともやる。 11/03 23:10


記憶の盆おどり (Kindle Single)
[書名認識できず]
Googleで検索
B078Y4D4MV[記憶の盆おどり (Kindle Single)] どんどん記憶のなくなる男。話の筋とかオチとかは考えず、軽妙な文体を楽しむタイプの小説だな。るつぼ超然と同様、作品より著者に興味が出るなと思ってたら、巻末に著者アップ写真が出てきて笑った。 11/02 21:17


妖怪の子預かります (創元推理文庫)
4488565026[妖怪の子預かります] 訳あり気な盲青年と暮らす極度の人見知り少年が、妖怪の子守役をすることに。わらわら出てくる妖怪の子供が皆かわいく、ほのぼの。出てくるご飯もおいしそう。続編続いてるのも納得。 https://t.co/j33f99XZdQ 10/31 23:18


おうむの夢と操り人形 (Kindle Single)
[書名認識できず]
Googleで検索
B07JBQNRTT[おうむの夢と操り人形] オービタル・クラウドの著者が書く、Pepper有効利用法。SoftBankは実践すべきだと思うw 人間らしさって、技術的でないちょっとしたことに感じるのかも。神は細部… https://t.co/DVPtmOLXxm 10/29 08:54


人間のように泣いたのか? Did She Cry Humanly? (講談社タイガ)
406513594X[人間のように泣いたのか?] Wシリーズ最終巻!ウグイ関係はあざとい位で満足。マガタ博士関係が寸止め。ミチルは?ロイディは?ヴォッシュも何かあると思ったんだけど。人間とWAの関係性も現状保留か。人間って突飛で無意味でそこが面白い。続編ほしい。 10/28 21:53


喜びから人生を生きる! ― 臨死体験が教えてくれたこと
4864510822[喜びから人生を生きる!] 末期癌から生還、短期間で完治した筆者の、死後の世界と完全なる自分=宇宙への気づき。この感覚を心に留めておきたい。「奇跡の脳」的にみると、脳が体液で満たされた時に左脳が麻痺して右脳世界に触れたって感じなのかも。 10/27 21:00


もしここが天国だったら? ― あなたを制限する信念から自由になり、本当の自分を生きる
4864512221[もしここが天国だったら?] プルーフ・オブ・ヘヴンに近い感じ。スピリチュアル系では、この流れが一番納得できるかもしれない。引き寄せに一石投じてるのがよかった。ついついネガティブになってしまい、自己嫌悪になることも多々あるので。 10/26 22:15


天空の矢はどこへ? Where is the Sky Arrow? (講談社タイガ)
4065118174[天空の矢はどこへ?] 前巻からの流れでミチルの話メインかと思ったら違った。日本のウォーカロンメーカーの工場占拠と、重役の乗った飛行機の行方不明が同時に起きる。犯人は?目的は?というSFミステリの様相。ここ数巻、ウグイが出てくるとときめく。 10/21 20:05


血か、死か、無か? Is It Blood, Death or Null? (講談社タイガ)
406294099X[血か、死か、無か?] 終盤に向け怒涛の展開。百年シリーズとのつながりは匂わす程度かと思っていたので、こんなにがっつり出てくるとは思わなかった。手製の四季&百年&Wシリーズ相関図が火を噴くぜ! https://t.co/5oIubpaFuS 10/20 08:49


ヌヌ 完璧なベビーシッター (集英社文庫)
4087607488[ヌヌ 完璧なベビーシッター] 読んでてとにかく辛い。働きたい妻の孤独感・罪悪感・無遠慮な周囲への反発も、ベビーシッターの女性の社会的経済的な不安・惨めさ・非力感もよくわかる。誰も悪くない。女の辛さは世界どこも一緒か… 10/15 21:29


図書館島 (海外文学セレクション)
4488016642[図書館島] 物語と天使に導かれる異国での半生記。本当にオロンドリアという国と文化があるに違いない、と感じる空気の濃度、たくさんの挿入話。文中にあるように、本とは魔法の一種だと実感する。自分がまだこんなに物語に没入できるとわかり嬉しかった。 10/14 13:33


コルヌトピア
[コルヌトピア] 図書館の帯本。今風アニメ調の表紙や装飾過多な文は、確かに自分では選ばない感じ。植物の情報化利用を軸に、若者の出会いと別れ、自己再認識的な。男子二人の症状はてんかんぽい、脳に直接作用するから似るのか https://t.co/xLYcPUoUnO 10/07 14:58


400件のデータ - 20ページ中1ページ