読んだ4!

さんの、読書記録

400件のデータ - 20ページ中10ページ

こうすれば必ず人は動く(文庫)
487771331X 大雑把に言えば、どんな相手でも何かしらの能力を持ちうる重要な人物として尊敬と愛情をもって接すれば心を開いてくれるし、そういう思いがあればこちらを悪いようには扱わない、結果的に自分の望むように動いてくれると。そうだよね、つい忘れがちだけど。 09/12 16:36


顔と名前を憶える本
[書名認識できず]
Googleで検索
B01LBVGIGG 覚えたい人の隣に、既知の同じ名字の人を思い描くっていいかもしれない。漢字にあらかじめイメージを決めておいて、その組み合わせで覚えるとか。これで完全に覚えられるようになるとは思えないけど、覚え方の例として参考になる。 09/09 19:05


トリフィドの日
[書名認識できず]
Googleで検索
B01A6TL5L2 宇宙人の侵略と人類の反撃モノかと思ったら違った。突如ほとんどの人類が盲目になり、そこを狙った新生物の攻撃、その中での人類の社会的な再建がメイン。人類一斉盲目化はえらいことだけど、多くが自殺したり一晩で社会が壊滅しちゃうものなのだろうか。 09/04 21:36


ポジティブ・チェンジ
4537261277 心が強いから変われるのではなく、まず行動することで心が変わり、自分が変わっていく。小さなステップや変えるべき具体的なことが書いてあるので、なんかできるような気になる。サラッと読める分、サラッと忘れちゃいそうなので、継続して心がけたい。 08/25 23:31


顔のない博物館
[書名認識できず]
Googleで検索
B01ABTD830 半分くらい既読だったけど、 訳者の方がディックは初期の短編が好きとあって、私も一緒なのでうれしかった。Kindle読み放題でとっつきやすいし、ディックあまり読んだことない人にも読んでほしい。でも紙の本でほしいと思うファン心ε-(´o`) 08/21 21:11


マチネの終わりに
4620108197 空気感が美しい。大人になるとふとどうしてこうなっちゃったんだろうと諦念にかられることあるよね。でも子供いれば、このまま良き理解者として別れるパターンだろうなあ。ただ恋愛の機微から離れて長いので、全体にファンタジーを読んでるようだった(^_^; 08/16 20:46


居酒屋ぼったくり〈4〉
4434210904 メニューのレシピなくなっちゃったんだ。丸ごとピーマン焼きとかポテトサラダとか興味あったのに。自分が病気のときに、息子の女友達に勝手に台所使われるのは嫌だなーとか、今回は引っかかるとこが多かった。 08/09 16:55


陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)
4396332688 軽快な会話で進む、ギャングの愉快な仲間たちの犯罪劇で、血なまぐさくないタランティーノみたいな感じ。軽いエピソードが複線としてどんどん回収されていくところが見事。 08/07 12:02


ねぼけ人生 (ちくま文庫)
[書名認識できず]
Googleで検索
B00E5XAU4Y 戦前の人はすごいな!敵わない。破天荒な人だとは聞いてたけど、ここまでとは。うちの長男は正反対で固真面目なとこがあるので、こういう考え方もあるということでいつか勧めてみたい。ゲゲゲの女房の奥さんの話はほとんどないのも、このキャラらしくて面白いw 08/02 21:57


ウェブニュース一億総バカ時代 (双葉新書)
4575154601 前半がニュースサイトと広告の説明、後半がPR記事・ステマ記事についてで、目新しい話はなかった。でもニュースサイトのネタをドヤ顔で話す人に是非読んでほしい(^_^; バナーから記事形式に広告の主流が変わるのもわかる。その次はどうなるのだろう。 07/21 07:10


黒い仏 (講談社文庫)
4062739364 (ネタバレ有)「賛否両論の展開」に釣られて読んだ。私はこの作家の本読むのも初めてだし、オカルト漫画も普通に読むので、まあ全然アリ。後半の方が面白くてぐいぐい読めたし。この話の舞台では逆に表に当たる、これから起こるであろう戦いも読みたいかも。 07/18 23:57


金がないなら頭を使え 頭がないなら手を動かせ: 永江一石のITマーケティング日記2013-2015 ビジネス編
[書名認識できず]
Googleで検索
B019VG2Y7U LINEスタンプの話が読みたかったんだけど、総数500の時の話だから全然参考にならないw(今は27万?)しかも実際には関わったことないみたいだし。常に上から目線なのが気に障るw基本的に女はバカだと思ってそう。一部モチベ上がる話もあるはある。 07/15 23:17


大きな鳥にさらわれないよう
4062199653 人類絶望間近と思われる世界が舞台の、不思議な話の連作。読み進めるほどに世界の全体像が見えてくる。透明感ある絵で漫画化したらはまりそう。読み終わってからすぐ読み返して確認したくなる。 07/09 23:06


サイボーグ・ブルース
[書名認識できず]
Googleで検索
B00CS7HE34 1971年初出とのことだけど、全く古さを感じない。同僚の裏切りにより殉職した警官がサイボーグ捜査官に作り替えられ、自分の存在について苦悩する…って、ロボコップはこれ+ギャバン的な感じだったんだな。全編ハードボイルドでかっこいい。 06/26 11:12


人の心を一瞬でつかむ方法―人を惹きつけて離さない「強さ」と「温かさ」の心理学
4860637984 人の印象は、性別や年齢、顔立ち・体格等の「天から配られた持ち札」である程度決まってしまう。それを把握した上で、強さと温かさを共に示す事で魅力を感じさせるという観点が面白かった。肝心のHOWの部分に具体例が少なく、漠然とした内容に感じ残念。 06/18 12:04


完訳 7つの習慣 人格主義の回復
4863940246 言ってることはシンプルで、まず自分が誠実な人格を持つこと。良心に従って行動し、相手の理解に努めること。そうすることで1+1が10にも100にもなる関係が生まれる…と、理想はわかるんだけど実際はなかなか難しい。でもとりあえず実践してみよう。 06/09 08:26


若冲
416390249X 途中までしか読んでなかったのを、若冲展を見た後に再トライ。鑑賞前とは段違いに面白かった。文中に出てくる絵がありありと目に浮かび、小説を超えた臨場感と感動を感じた。フィクションでも、あの絵にこういったドラマがあると思うと違う輝きが見える。 06/01 23:59


遊戯の終わり (岩波文庫)
4003279026 若冲展の行列パロで、コルタサルの名前がよく出ていたので。文体のせいかずっと夢の中のようなつかみ所のない不思議な読後感。「あおむけにされて」は火の鳥未来編的だけど、絵のない小説でシームレスに舞台がかわるのは新鮮で面白かった。 05/29 11:28


次元とは何か―0次元の世界から高次元宇宙まで (ニュートンムック Newton別冊サイエンステキストシリーズ)
4315519359 この世界は三次元空間+時間で「四次元時空」なのね。四次元ってSF的にこの世界の次の領域だと誤解してた!未知なのは第5の次元以降だと。超ひも理論とブレーンまでとてもわかりやすい。次はそっちを読みたい。 05/23 23:15


わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)
4151200517 青春時代を思い出すせつなさや生きていくはかなさと言った普遍的なことが、SF設定でより際立っている感じ。書評で読む前に設定は知っていたけど、できたら知らないで読みたかった。読み終わると、カセットテープの表紙が内容の空気感に合っていてすごくいい。 05/13 18:44


400件のデータ - 20ページ中10ページ