読んだ4!

さんの、読書記録

346件のデータ - 18ページ中3ページ

マスカレード・ホテル (集英社文庫)
東野 圭吾 4087452069 読んで思い出したのはABC殺人事件でした。タイトルにあるように舞台はホテルですね。 気になった点がひとつ、舞台のホテルではデポジットが必要なんですが、日本のホテルって普通は取らないのでは?と思いました。 05/21 15:12


幻想運河 (講談社文庫)
有栖川 有栖 4062730588 う~ん、なに読了後のもやもや感は・・・一応結末は分かってるけど明確では無いのですっきりしないなぁ~ 犯人の告白も無く状況だけなのでもやもや感が半端無いっす。 私が苦手なタイプのミステリーでした。 05/20 10:42


舫鬼九郎 (文春文庫)
高橋 克彦 4167908522 三代将軍家光の時代にあわやお家騒動となるのを内々に決着させる話でした。 この時代の有名人物総登場という感じで読んでいて飽きがきません。 作者が後書きで書いていますが娯楽時代小説です。続編が出るようなので楽しみです。 05/18 14:32


夜姫
新堂 冬樹 4344030893 作者が得意とする風俗の世界を書いたモノです。 ちょっと物足りない感じです。 ある理由によりキャバクラのトップを目指す女性の物語。 05/16 16:26


ミッション建国
楡周平 4819112465 今後の日本の問題を解決して行く内容です、フィクションとありますがガチで書かれています。 私自身今後の日本の問題を再認識しました。 少子問題の認識が特に不足していたと感じました。今後の政治について考え方が変わりました。 05/16 16:22


暗手
馳 星周 4041032121 舞台はイタリアですが作者ワールドがいつものようなケースで繰り広げられます。いつもの馳さんの人物像ですね。 ただこの作品は途中である程度展開が読めてしまったのが残念でした。 05/12 18:05


たけしの面白科学者図鑑 人間が一番の神秘だ! (新潮文庫)
ビートたけし 4101225370 シリーズ三作目 いや人間はいろいろ研究してますけど、本当に人間の事すらまだまだ分かって無いんだなと実感。 それにしてもたけしは頭良いな 05/11 19:40


たけしの面白科学者図鑑 地球も宇宙も謎だらけ! (新潮文庫)
ビートたけし 4101225362 たけしと科学者の対談集二巻目 やや、内容が難しくては内容を理解するのに時間がかかった。すんなり理解しているたけしは頭が良いんだなと改めて実感 05/09 10:22


たけしの面白科学者図鑑 ヘンな生き物がいっぱい! (新潮文庫)
ビートたけし 4101225354 雑誌でやってたたけしと科学者の対談集、ユニークな科学者とたけしの対話が面白いです。 たけしが飲み込みが早く、適度な突っ込みやアイデアを科学者に話すと科学者も楽しんでいます。これは動物編で様々な動物の勉強になります。 05/07 14:45


三鬼 三島屋変調百物語四之続
宮部 みゆき 4532171415 三島屋シリーズ四巻目です。個人的にはこれが一番面白かったです。どの巻からでも読めますが、過去の話に少し触れる事があるのでやはり一巻から読んだ方がより楽しめます。 05/06 13:58


新堂 冬樹 4120049620 う~ん、ハードサスペンスとあるが私はノワールだと思います。作者は憎たらしい人物を描写するのが非常に上手いですね。ストーリーは15才の少女が家族の血を恨んで事件が続いていくという内容です。 05/03 14:40


水壁(すいへき) アテルイを継ぐ男
高橋 克彦 4569832814 作者の東北大河小説完結です。 やはりシリーズは読んでる方が楽しめると思います。差別されていた蝦夷がいかにして東北の地を勝ち取ったのかという歴史上は日が当たらない部分ですが作者の筆力でとても素晴らしい作品に仕上がっていました。 05/02 14:12


迷宮百年の睡魔 (新潮文庫)
森 博嗣 4101394334 なんとも不思議なテイストの作品ですね。近未来SFでしょうか。好き嫌いが別れそうな内容だと思いました。私も読み始めは集中出来ないのではと思いましたが1日で読了しました。作者のファンにはお勧め出来ますが、一般にはハードルが高いかと・・・ 04/30 20:22


制裁 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
アンデシュ・ルースルンド/ベリエ・ヘルストレム 4270101075 小児性愛者の犯罪小説、なんとも救われないストーリーでした。 欧米では良く取り上げられる小児性愛者犯罪ですが、日本ではあまり聞かないように思うのは私だけでしょうか。犯罪を繰り返す犯人への対応です。 04/29 14:04


人間じゃない 綾辻行人未収録作品集
綾辻 行人 4062204460 綾辻さんの未収録作品集です。全体的にはちょっとイマイチな感じでした。綾辻さんのシリースの続編とかがあり正直作品は読んでいても、内容と登場人物まで全て記憶して無いのです。 タイトルの人間じゃないの短編だけはなかな怖くて良かった 04/23 17:08


ブルードラゴン (集英社文庫)
高嶋 哲夫 4087455491 ノエルちゃんのお父さんの正体が判明しますね。高嶋さんの刑事モノ全く違和感なく読めます。器用だなって感じます。 04/23 12:10


交錯捜査 沖縄コンフィデンシャル (集英社文庫)
高嶋 哲夫 4087454274 高嶋さん普通の刑事小説も書けるだ、ちょっとびっくりしました。沖縄で高嶋さんだから在日米軍とかに寄った話かと思いましたが、背景として沖縄はありますが普通の刑事小説でした。真実は大体分かりますが、あのファイルの中身を知りたい 04/21 19:17


死のドレスを花婿に
ピエール・ルメートル 4760135863 アレックスシリーズとは随分違う雰囲気です。最初の女性視点からの男性視点に切り替わった時の不条理感は凄いです。 結末もえっ!あの人が絡んでいたのかとびっくりしました。 04/20 18:57


家康 (一)自立篇
安部 龍太郎 4344030516 今川家での人質の頃から三方原の途中までです。 今までのイメージとは違った家康像が描かれてます。 短気で直ぐに手を挙げるようなところもあるように書かれています。面白いのですが、元々新聞連載のようなので続きの発売が気になります。 04/16 11:27


泣き童子 三島屋変調百物語参之続 (角川文庫)
宮部みゆき 4041039916 三島屋シリーズ三作目、三作の中ではこれがおもしろかった。 一冊に六話なのでテンポよく読めるのも面白い要因かもしれません。 04/13 17:36


346件のデータ - 18ページ中3ページ