読んだ4!

さんの、読書記録

1283件のデータ - 65ページ中62ページ

二〇〇〇年
4896423224 [二〇〇〇年], パブロ・ネルーダ 吉田加南子訳 竹久野生版画, 未知谷, 2010年 チリの詩人。ネルーダの著作権継承者と接触できなかったと注記してある。昔、五木寛之『戒厳令の夜』など、愛読したのだったが、依然としてスペイン語圏には疎い。 01/25 09:50


カラマーゾフの兄弟2 (光文社古典新訳文庫)
4334751172 リンゴ・スター: ビートルズの映画で、リンゴが眼に見えないなにかを足蹴にするちょいコミカルな場面があるでしょう。単なる連想だが、ジミヘンの先祖は、ギターを弾くスメルジャコフとか……噂。 01/24 11:15


カラマーゾフの兄弟2 (光文社古典新訳文庫)
4334751172 [カラマーゾフの兄弟 2], ドストエフスキー 亀山郁夫訳, 光文社・文庫, 2006年 法哲学上、大審問官の職掌は日本国憲法の "judicial officer"(司法官憲)にまで流れ込んでいるらしい。リンゴ・スター、ジミヘン-先祖の噂。 01/24 10:43


イワーノフ (角川文庫)
9784042091066 [イワーノフ], チェーホフ 米川正夫訳, 角川文庫, 1990年復刊(1954年) まぁ、芝居も戯曲も、様子がよくわからない。 01/23 05:58


ドストエフスキー・カフェ―現代ロシアの文学風景 (ユーラシア・ブックレット)
9784885955860 [ドストエフスキー・カフェ──現代ロシアの文学風景], 望月哲男, 東洋書店, 2005年 日本語訳のない小説は読めない。 01/23 00:41


紅茶の基本
9784777919420 [紅茶の基本], 枻(えい)出版社, 2011年 コンビニエンス・ストアで買った本。紅茶のことをよく知らないのだが、飲み物として興味は少しある。 01/22 07:58


黒蜥蜴・妖虫 (江戸川乱歩全集)
9784806066378 [黒蜥蜴・妖虫 江戸川乱歩全集9], 江戸川乱歩, 沖積舎, 2008年 余り読まない、苦手な探偵小説。「黒蜥蜴」「お勢登場」「妖虫」「あとがき」。桃源社版の復刻だそうな。 005 01/22 04:52


カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)
978-4334751067 [カラマーゾフの兄弟 1], ドストエフスキー、亀山郁夫訳, 光文社古典新訳文庫, 2006年 神、信仰、現世の権力に関して所説を知るために読み始めた。女の取り合い(男女間の葛藤)が重要なのは意外。乱痴気騒ぎの章など、抱腹絶倒。 01/20 06:15


初訳 新訳 オー・ヘンリー傑作選 大平原と大都会の物語
9784046537584 オー・ヘンリー、清水武雄監訳 [初訳 新訳 オー・ヘンリー傑作選──大平原と大都会の物語], 角川学芸出版, 2011年 意外な結末。今でもやはり読まされてしまう。 01/18 04:37


日本国憲法 (講談社学術文庫 (678))
9784061586789 [日本国憲法] 講談社学術文庫, 1985年 日本に住んでいる人間は誰しも必読。憲法違反、厳禁。告文は不要。国事行為を委任しない(参照:第四条)。 01/17 02:40


窓のある書店から (ハルキ文庫)
9784894565289 [窓のある書店から] 柳美里, ハルキ文庫, 1999年 静かな落ち着いた場所で、もっと本をよみたくなる。 01/17 00:19


乞食オペラ
9784588490231 『乞食オペラ』 ブレヒトの『三文オペラ』と比較してみたいのだが、課題として残る。 01/16 18:48


祝婚歌
9784879950383 谷川俊太郎編『祝婚歌』 01/16 18:47


(013)響 (百年文庫)
『響 百年文庫13』 音楽に関係ある短編小説集。 01/16 18:46


1Q84 BOOK 1
9784103534228 村上春樹『1Q84 BOOK1』 01/16 18:45


インストール
978-4309014371 綿矢りさ『インストール』 01/16 18:45


死闘! (徳間文庫―古着屋総兵衛影始末)
9784198913403 佐伯泰英『古着屋総兵衛影始末─死闘!』 時代劇の通例だろうが、暗殺も果し合いも残酷。主人公一家と家康の密契約はいつまで、何処まで有効なのか。私など家康を狸親父と見る野次馬に共感の持続を期待しても所詮甲斐はなさそうである。 01/16 07:54


作家の値段 『新宝島』の夢
9784062165129 出久根達郎『作家の値段─『新宝島』の夢』 同じく、古書店主を恐れるべや。手塚治虫本の古書価を含む。まだ月刊誌に連載中なのかどうか。初版極美270万円、などいう記述にマヒしてしまう。こちらはロクに新刊書さえ買えない境遇ゆえ。 01/16 07:51


作家の値段
9784062140591 出久根達郎『作家の値段』 古書店主を恐れるべし。文学の価値は古書価のみで決まるわけではないが、一つの基準として無視できない。俺ら貧乏で、極美初版本など到底入手不可能。この手の本を単に眺めるだけ。ホームズものに似ている場面設定……。 01/16 07:49


ドイツを読む愉しみ
9784062093736 高橋英夫『ドイツを読む愉しみ』 『果樹園の蜜蜂』に書名の出る先行関連図書。こういう本を読んだあとは、詩、小説、戯曲なり、批評なり、ドイツの実作に実際あたる(被読する)しかなさそうである。 01/16 07:47


1283件のデータ - 65ページ中62ページ